最新ネタバレ『東京卍リベンジャーズ』201-202話!考察!マイキーと再会!しかし予想以上に闇深かった!

スポンサーリンク



マイキーがビデオレターでタケミチに語ったのは、自身の中に制御できないもう一人の自分「黒い衝動」が存在するということ。

周りを不幸にしないように東卍とは決別するということ。

「12年前のオレに近寄るな。過去に戻ってオレを救おうなんて思うな」

そしてマイキーは「幸せになれ!」と笑いビデオを終えました。

マイキーの闇落ちの原因がマイキー自身の中にあるものだったことでタケミチはマイキーを救うことを諦め、梵天とも関わらないと決めます。

しかしヒナのウエディングドレス姿を見て幸せを感じた時、タケミチの頭にビデオで見たマイキーの笑顔が過り、マイキーがツラい時ほど笑う人だということを思い出しました。

「オレ行かなきゃ」

タケミチはマイキーのメッセージを裏切り、マイキーを救うため再び動き出す決心をしたのでした。

第201話『What’s up?』としてその動きが描かれます!

 

スポンサーリンク

『東京卍リベンジャーズ』201話!のネタバレ

和久井健「東京卍リベンジャーズ」201話より引用

それでは『東京卍リベンジャーズ』201話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

マイキー捜索は終了

和久井健「東京卍リベンジャーズ」201話より引用

「店ん中で梵天梵天騒ぎやがって!」と路地裏に蹴り出されるタケミチ。

ボロボロになったタケミチを一虎が「いい加減にしろよ!」と諫めました。

どうやら一虎の情報を頼りに梵天のアジトで聞き込みしていたようですが、4件回ってもマイキーに関する情報が何も聞き出せずタケミチは焦っていたのです。

どれも梵天のアジトなのは間違いないようですが、これ以上嗅ぎ回ることは命に関わります。

一虎は「オレはお前の自殺の手伝いをしたいわけじゃねぇんだ」として、この行動を終わらせることを宣言しました。

和久井健「東京卍リベンジャーズ」201話より引用

何故ならタケミチが3日後に結婚式を控えているから。

「なんかあったらみんなに合わす顔がなくなる!」

一虎はタケミチにしばらくおとなしくしているように言いつけ去っていきました。

やるせない気持ちを抱え立ち尽くすタケミチ。

その後ろ姿を、ストライプ柄のスーツを着た何者かが見つめていました。

 

スポンサーリンク

銃を向けられるタケミチ

blank

和久井健「東京卍リベンジャーズ」201話より引用

タケミチは一虎に教わっていた“かつて梵天のたまり場だったボウリング場”に足を運んでみました。

椅子に座っていると、タケミチの頭に様々な人から受けた言葉が巡ります。

「マイキーの事を調べるのはやめろ」と言っていたドラケン。

「佐野万次郎は君の知っている人間じゃない!」と言っていたナオト。

そして「12年後のオレに絶対に近寄るな」と言っていたマイキー…。

タケミチは、マイキーとはもう会えないのかなと考えます。

(そんなの…寂しすぎるじゃんかよ…)

想いを馳せるタケミチ。

blank

和久井健「東京卍リベンジャーズ」201話より引用

しかしその時、突然タケミチは側頭部に銃口を向けられました。

「振り向いたら撃つ」

タケミチの背筋が凍りつきます。

 

スポンサーリンク

三途春千夜

銃を向けていたのは三途春千夜でした。

かつての東卍伍番隊で、現在は梵天のNo.2になっている男です。

ストライプのスーツを着ていますが、先ほど外でタケミチを見ていたのは彼だったのでしょうか。

blank

和久井健「東京卍リベンジャーズ」201話より引用

「くせぇーなぁテメェは。昔っから臭くて臭くてたまんねぇ!ヘドロみてぇなヤローだ」と笑う三途。

タケミチの位置から三途の顔は見えませんが、タケミチは相手が「昔から」と語ったことから、自分が知っている人物なのではないかと気づきます。

「アンタ…誰だ?」

しかし三途はタケミチの問いには答えず、口に指を当てて「しー…!!」と静かにさせるだけ。

すると、静寂に包まれるボウリング場を歩くペタンペタンというサンダルの音が聞こえてきました。

 

スポンサーリンク

ようやく再会!しかし…

サンダルの足音はどんどん近づき、その何者かは最終的にタケミチの背後の椅子に座りました。

足元がクロップドパンツにビーチサンダルということで読者は何となく気付いたと思いますが、タケミチはその者が何者なのか三途の言葉によって気づきます。

「よく聞け。首領からのお言葉だ」

梵天の首領とはつまりマイキー。

タケミチの背後に来たのは確かにマイキーでした!

しかし…過去最高に病んだ目…。

blank

和久井健「東京卍リベンジャーズ」201話より引用

マイキーはその目でタケミチを見ながら「いい未来だろ?」と言いました。

「これ以上何を求める?」と言いますが、こんな目をしている未来が“いい”わけない!

マイキーとの再会にタケミチの目からは涙が溢れてきました。

現代のマイキーに会えましたが、予想以上に歓迎されていない雰囲気…。

タケミチと接触したマイキーは一体何を語るのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

『東京卍リベンジャーズ』ネタバレ201-202話のまとめ

blank

和久井健「東京卍リベンジャーズ」201話より引用

さっそくマイキーに会うとは思いませんでした。

しかしこの様子だとまともに話はできなそうですよね。

一方でタケミチはマイキーの顔を見ていないということもあり、再会が出来たことが純粋に嬉しそうで、この涙も喜びと安堵の涙というように見えます。

ただマイキーの方はある程度会話した後に、そのまま躊躇なくタケミチを殺してしまいそうな雰囲気です。

タケミチはまさか“死に戻り”できるようになったわけでもないでしょうし、ここでやられたらおしまいなはず。

なので、誰かがピンチを救いそうな気がしますが…個人的にはタケミチを見ていたストライプのスーツの男ではないかと考えています。(三途はミスリードとかで)

そして、それがムーチョだったらいいなと。

なぜ三途がNo.2になりムーチョがいないのか気になっていますので、マイキーの話も併せてその辺が明らかになって欲しいなと思っています。

blank

和久井健「東京卍リベンジャーズ」201話より引用

しかしまずは次回。

マイキーが現代のタケミチにどんな言葉をかけるのかどんな話をするのか…。

一体何がマイキーの「黒い衝動」を表に引きずり出したのか聞けるといいですね。

重要な回になりそうですので次回も楽しみに待ちましょう!

しかし間近に控えた結婚式や嫁のヒナそっちのけでこんな行動してるってこいつ…。

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒『東京卍リベンジャーズ』200話!闇堕ちの真実!マイキーの闇・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です