【かぐや様は告らせたい】正真正銘の努力の鬼こと白銀御行!天才に追いつくために全ての時間を削って勉強する!!

スポンサーリンク

白銀御行は正真正銘の努力の鬼!

天才に追いつくためだけに全ての時間を削って勉強している、白銀御行の魅力に迫っていきます。

実は生徒会長として人気の高い裏側には辛い経験もあったのです。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】白銀御行のプロフィール

白銀御行は、生徒会長であり本作の主人公です。

校内模試は1位、全国模試は2位と秀才な姿から生徒会長として厚い支持を受けています。

かぐやに思いを寄せるものの、相手に告白させたいという思いから勝負を仕掛けては空回りを続けています。

実は天才肌の秀才ではなく努力家という面も持っており、裏側では多大な努力の後があります。

恋愛マンガの主人公らしくない姿が、白銀の魅力といえるでしょう。

 

スポンサーリンク
"
"

【かぐや様は告らせたい】白銀御行は外部からの入学で会長にまで成り上がった

白銀は外部生でありながらも、会長にまで成り上がった努力家です。

秀知院学園は幼稚園から大学までの私立一貫校校で、基本的には代々受け継がれるような由緒正しいお家柄の生徒たちが入学しています。

編入も可能ですが、偏差値が高い上に高額な学費が必要なことから実質外部生は少ない学校です。

そんな学校で、編入できただけではなく学年1位をキープしながら、会長の地位にまで上り詰めたということは、白銀のかなりの努力が伺えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】白銀御行は天才のかぐやに追いつくために全ての時間を削って勉強した

白銀は生徒会長として秀才でなんでもそつなくこなせると思われています。

しかし実際は、一日10時間以上も勉強につぎ込むほど努力をしているのです。

その理由は、かぐや様に追いつくため。

まだ白銀が1年生の時、白銀はかぐや様に一目惚れしています。

しかし自分は全く認識されず、悩んでいた時に当時の生徒会会計に「俺は『女に好かれて当然の男』だって態度しときゃ誰もお前に舐めた態度とれなくなる」というアドバイスを受けます。

その結果勉強を頑張り1位をキープし、なんでもできる男を演じるようになりました。

今の白銀の性格や、周りからの見られ方はこの時のアドバイスが影響しているのでしょう。

かぐやと一緒に学年1位、2位を争うため、そして会長として1位をキープするために死にものぐるいで勉強をしているのです。

なんでもできる格好いい会長と思われる裏側には、努力で成り立っていたのです。

それをなんでもない顔をしながら行っているので、白銀はいつも目つきが悪く寝癖ができているのです。

勉強時間に生徒会の時間、そして通学には往復2時間もかけているので、本当に寝る間も惜しんで努力しているのがわかりますね。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】白銀御行の家はものすごい貧乏のせいでバイトせざるをえない状況

白銀は秀知院学園の内部生とは異なり、バイトをしないと生活できない貧困状態です。

秀知院学園にも特待生として入学しており、学費などの免除を受けています。

家族は父と妹の3人暮らしですが、父親が職業不定のためバイトをせざるをえない状況に陥っています。

会長として君臨している姿からは、バイトをして家庭を支えているようには見えませんよね。

白銀の苦労がよくわかります。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】白銀御行はどんな運動も音痴で苦労する

白銀は努力して勉強で1番を獲得しています。

しかし、運動は音痴も音痴、毎回藤原書紀に頼って影で練習をしています。

藤原が呆れるほどの運動音痴っぷりで、いつも手を焼きながらもその成長を見守っているのです。

かぐやの前では素敵な男でいたい、会長として恥ずかしい姿を見せたくないという思いが強いため、スポーツをする機会がある前は果てしない努力をしています。

ただし、バレーボールの試合前には、サーブの練習をしているのにボールを一度も飛ばせないほどの音痴っぷりを見せており、藤原のつきっきりの練習の元で恥ずかしくない状況までなんとか持っていけました。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】白銀御行はすでにかぐやとの勝負に負けていた??

かぐや様は告らせたいでは、両思いでありながらも「告白させた方が勝ち!」という考えの元で二人の攻防戦が行われています。

しかし、元々は白銀の方がかぐやに一目惚れをしており、かぐやに認知してもらいたいという思いから勉強を頑張るなど今の生徒会長となるに至る努力をしてきました。

その段階で、白銀がかぐやに最初からベタぼれだったことがわかるでしょう。

かぐやが白銀の思いに気づいたのは白銀が生徒会長になってからだと思われますが、まだかぐやが認知する前から惚れていたのです。

先に惚れた方が負け、好き度が強い方が負けという勝負で考えると、白銀は1年の頃から勝負に負けていたことになるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

白銀は外部生でありながらも生徒会長になった裏側には、かなりの努力が隠されていましたね。

なんでもそつなくこなせる人を演じるために努力する姿は、ファンをも魅了するでしょう。

これだけ頑張っている白銀の頑張りを知らないかぐやに、裏側を見てもらいたいものです。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒かぐやも可愛いと認めた白銀圭!初期は兄に厳しかったが段々と・・

⇒白銀圭は理想の妹!?圭の反応が可愛すぎる!大好きな兄への態・・

⇒白銀一家のメンバーは個性豊か過ぎる??白銀父は全くの制御不・・

⇒白銀家の父はキャラ濃すぎ!?初登場から強烈なインパクト!御・・

⇒石上がネガティブなのは過去のせい!?生徒会に入るきっかけと・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です