【名探偵コナン】大岡紅葉は和葉の恋のライバル!?平次との出会いとは?平次へ挑戦状?

スポンサーリンク



紅葉は百人一首が強く容姿も良く且つ大金持ち欠点なしの才色兼備の持ち主です。

そんな彼女の恋の相手はなんと服部平次でした。

同じく平次に想いを寄せる和葉はその事実を知り驚きを隠せませんでした。

一体彼女はどんな人なのか、そして恋の行方はいかに!?

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】平次は未来の旦那さん

服部平次が殺人事件を解決したというネットの情報を紅葉が見ている場面がありました。

そこで彼女は「平次は未来の旦那さん」

と言っており和葉にとって突然のライバル登場となりました。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】お嬢様高校生 大岡紅葉

紅葉は京都泉心高校に通う17歳です。

百人一首が強く、容姿完璧、大富豪であり伊織無我という彼女付の執事がいるスーパーお嬢様です。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】和葉と対比された名前

名前の由来はおそらく「遠山の金さん」に登場する大岡越前からでしょう。

大岡越前は金さんのライバル的立ち位置とされることが多く、コナンの中でも「遠山」和葉の強力なライバルであることが名前から伺えます。

「下の名前である「紅葉」も「和葉」と対比させたものと思われます。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】百人一首の高校生チャンピオン

未来のクイーン間違いなしと言われる百人一首の実力者として登場しました。

元は京都に存在した少数精鋭の競技かるた会「名頃会」に所属しており、会の代表であった名頃鹿雄の失踪後は「皐月会」のメンバーとなりました。

皐月会が主催する「高校生皐月杯争奪戦」では2年連続で優勝しているため百人一首での実力は相当なものです。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】平次と結婚の約束をしている?

blank

その彼女がここまで平次に惚れ込むようになったきっかけは、幼い頃に2人が出場したかるた大会の決勝戦で紅葉が平次に負けたことでした。

当時既にかるたの腕に自信を持っていた紅葉は予想外の敗北に悔しさから大泣きしてしまい、それを見た平次に「今度会った時はヨメに取ってやるから」と励ましの言葉をかけてくれたことがきっかけでした。

しかし実は平次はその時の勝負では手加減していたらしく、それが彼女には気に入らなかったのかと誤解して「(次は)つよめに取ってやるから」と言っていたのです。

平次の言葉を紅葉がプロポーズと勘違いしてしまっただけだったということが判明しました。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】「から紅の恋歌」での活躍は?

blank

主役は平次と和葉ではありますが、紅葉もキーパーソンとして登場しました。

物語の中では和葉にカルタで勝負して平次に告白するのは最初はどちらかという勝負を持ちかけます。

和葉はその勝負に乗りカルタの修行を寝る間を惜しんで練習します。

結果的には和葉は負けてしまいますが、紅葉も苦戦を強いられる展開となっていたので焦りもみれいい試合だったと思います。

そして最後の読み札が読まれ2人が札を取ろうとした瞬間、バイクに乗った平次とコナンが皐月堂に飛び込んで来て、和葉と紅葉はこのタイミングで初めて皐月堂が炎上していることを知ります。

皐月堂の火はボール射出ベルトのボールを使ったコナンの機転により鎮火します。

この状況に疑念を抱いた紅葉は平次を問いただし、海江田が会場に入れるようにシステムを変更できるのは阿知波しかいないことが明確になり対峙することになります。

コナンは決勝戦用の百人一首の札を調べられると困るのではないかと阿知波に問い、札の側面に付いた黒ずみは名頃の血液で名頃を殺害した犯人の指紋ではないかというと。

これに観念した阿知波は、5年前の試合前日の阿知波邸での前哨戦に皐月が負け、恥を晒さないように自身の手で名頃を殺したことを認めます。

これを聞いて平次とコナンは札を証拠に自首するよう勧めますが、阿知波は札を証拠にすることだけは嫌と言います。

この様子を見たコナンは、札に付着した指紋は阿知波の物ではなく皐月の物ではないかと気付きます。

実は5年前の試合前日の阿知波邸での前哨戦には阿知波の持っていたテープが読手代わりに使用されており、札の詠まれる順番をある程度覚えていた皐月にとって圧倒的に有利な条件での試合でした。

そうであったにも拘らず皐月は名頃に負けてしまい、動揺して衝動的に名頃を殺害してしまったのです。

その直後に帰宅した阿知波は偽装工作を施し、翌日の試合本番は皐月の不戦勝となるが、名頃に敗北を喫して殺害してしまったショックと罪悪感から、皐月は2年後に病死を遂げます。

この真相を話し終えた阿知波は、皐月堂に仕掛けた爆弾を起爆しようとします。

紅葉は「試合当日には名頃は負けるつもりだったのでは」「名頃は初恋の相手である皐月にただ褒められたかっただけだった」と話し、それを聞いた阿知波は自分の愚かさに腰を抜かしながら起爆装置を床に落とします。

紅葉の活躍で爆発を防ぐことに成功したのでした。。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】新一平次と同レベルの推理力?

blank

執事・伊織が初登場した喫茶「ポアロ」での事件。

平次が自分の「未来の旦那さん」に相応しい人物であるか否かを見極めさせるため、彼を伊織に尾行させていたことで二人は接触します。

事件発生の直前に伊織との電話越しに微かな音を聞きつけ、現場にいたコナンや平次や安室透よりも先に真相を看破します。

ヒントとなる“ある和歌を伊織に詠ませ、コナンたちを真実へと辿り着けました。

この時点での原作では明言されていませんが、その卓越した聴力や和歌の知識から、紅葉が百人一首の相当な実力者であると推測できます。

同時に、コナンが「ワトソン(=伊織)のバックにいるホームズ的な存在」と考えるほどの推理力を持つことを推測しています。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】平次の告白を邪魔している?

blank

ここ最近の原作での平次は、紅葉が邪魔をしているせいで告白失敗していると言われています。

しかし実際は和葉に告白することばかりに気をとられ過ぎて、ミスや運の悪さで告白できずにいる状態だと思われます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は紅葉についての内容でした。

映画での活躍もアニメでの活躍も見所です。

一体、紅葉の想いや今後はどうなるのかとても気になります。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です