最新ネタバレ『五等分の花嫁』77話!考察!「女の戦」

スポンサーリンク

全国統一模試にそれぞれの限界の準備をして挑んだ面々。

勇也の牛乳を飲んでしまった風太郎は体調を崩してしまいました。

ライバル武田が語る「夢」にも心うたれた風太郎は奮起しました。

どうにか提出した答案の結果は…全国三位。

しかし風太郎が持ち掛けた条件は「全国一位になります!」でしたね。

とんでもない好成績ではありますが、どうなるのでしょうか?

77話を考察していきます!

 

スポンサーリンク

『五等分の花嫁』77話!のネタバレ

春場ねぎ『五等分の花嫁』77話より引用

それでは『五等分の花嫁』77話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

模試の結果に父の下した判断は!?

春場ねぎ『五等分の花嫁』77話より引用

公園で武田と二人ブランコを漕ぐ風太郎。

武田が全国八位、風太郎はなんと三位でした。

昼間から何をしているんだ、と我に返り家路につこうとしますが武田から「呼び出されたんだ」と説明されます。

そうこうしていると公園に高級車で五つ子の父が現れます。

武田と風太郎、それぞれの成績を労った父は、風太郎に再度家庭教師の仕事を頼みました。

 

スポンサーリンク

風太郎に起こった心境の変化

報酬や職場について打診してくる中野父に、「願ったり叶ったり」だと家庭教師に公認で戻れる事を嬉しそうに風太郎は告げます。

次に仕事の期間について話そうとする父の言葉を遮って、「五人はもう卒業までいける力がある」と風太郎は評価を口にします。

しかし五月と武田の『夢』の話を聞いた風太郎は、

「次の道を見つけてこその卒業。あいつらに夢を見つけてやりたい」

春場ねぎ『五等分の花嫁』77話より引用

と今までとは大きく変わった意見を父に伝えます。

方針には納得して貰えましたが、五つ子との距離感について風太郎は中野父に静かな圧力を掛けられました。

 

スポンサーリンク

怪しい風太郎?誕生日プレゼントは…

春場ねぎ『五等分の花嫁』77話より引用

中野父の車で五つ子の住むアパートに送ってもらった風太郎は、下車したところを五月に見られてしまいます。

また何か言われたのでは?と心配する五月に、「家庭教師に復帰できることになった」と少し恥ずかしそうに風太郎は告げます。

風太郎の功績が認められた事に喜ぶ五月ですが、そっけない態度の風太郎。

『距離感』について考える風太郎ですが、五月には怪しまれてしまいます。

アパートの部屋に入ると一花、二乃、四葉が迎え入れてくれます。

が、部屋の中は大掃除中とのことでゴチャゴチャです。

『試験の反省会』をする予定で訪れた風太郎に、三人は誕生日プレゼントの感想を聞いてきます。

二乃はアロマをあげたようですが、風太郎は使い方を理解していないようです。

比べて一花は、商品券のようなものをプレゼントした模様です。

「らいはちゃんの好きなものを買って上げたら喜ぶよ」と言われ、最高の謝辞を風太郎は述べます。

四葉が感想を聞き、それに楽しそうに答え始めた風太郎でしたが途中で言葉を止めると「今日は帰る」と告げました。

春場ねぎ『五等分の花嫁』77話より引用

外に出て溜息を吐く風太郎に五月は「隠し事の臭いがします」といって詰め寄ります。

 

スポンサーリンク

風太郎にモテ期到来!五月の秘密!

頑として口を割らない風太郎に、隠し事を話してくれたら私も一つお話ししましょうと五月は持ち掛けます。

神妙な顔で頬を赤らめる五月は誰にともなく、「もうこうでもしないと言えません…」と呟きます。

観念した風太郎が明かした秘密は「モテ期が来た」事でした。

それを聞いた五月は、引くなと念押しされていたのにドン引きです。

相手は二之と一花だという風太郎に、三玖ではないのか?と五月は問い掛けます。

風太郎は遠くを見上げながら、あいつではないと答えます。

それどころか三玖と四葉に応援すると言われている事を話し、困惑していることを伝えました。

恥ずかしい告白をさせられた風太郎は五月の秘密を聞きます。

五月は口籠りながら、

「実は私にはもう一つの顔があるのです」

春場ねぎ『五等分の花嫁』77話より引用

と語り出します。

秘密を語り始めたところに部屋から四葉が出て来た為、五月は話の途中で逃げて行ってしまいました。

 

スポンサーリンク

修学旅行!京都には秘密がありそう!?

バイトから帰った三玖は四葉に作ったパンを食べてほしいと言います。

思わず固まる四葉ですが、努力の甲斐あって美味しく出来ていたようです。

もう少し早ければ風太郎がいたのに、という四葉に三玖は「とっておきの舞台で食べて貰う」と考えを伝えます。

部屋の中に逃げた五月は一花に言われ段ボール箱の整理を始めますが一枚の写真が五月の服から落ちます。

呼び止めようとする一花はその写真を見て思わず絶句しました。

春場ねぎ『五等分の花嫁』77話より引用

金髪の少年とピースサインで映る少女の写真でした。

「そっか」と得心したような表情を浮かべる一花から離れ、段ボールの中を見る五月。

箱の中身は白いパンプスに、大きなリボンのついた白い帽子、そして長髪のウィッグでした。

説明できない秘密に切ない表情を見せます。

修学旅行のしおりを手に決意を新たにした二之は気合を入れて呟きます。

春場ねぎ『五等分の花嫁』77話より引用

「修学旅行、行き先は京都、ここで決着つけてやるわ」

 

スポンサーリンク

『五等分の花嫁』ネタバレ77話のまとめ

春場ねぎ『五等分の花嫁』77話より引用

五人の家庭教師の座に、父親公認で戻る事が出来たフータロー。

「お金」だけではなく色んな物にやりがいを感じ始めているみたいですね。

フータローを中心に、勉学だけでなく苦手な事への努力も苦では無くなってきている五つ子の成長が見て取れました!

意識してしまうと変な距離感になってしまうものですね。

恋愛に関してはノーマークだった五月も急浮上でしょうか!?

またボタンの掛け違いが発生していて、どうやら風太郎は五月の秘密を勘違いしていそうですね。

写真の女の子の正体は五月、ということなのでしょうか?

次の舞台は修学旅行!

否が応でも恋のイベントが巻き起こりそうですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です