【東京卍リベンジャーズ】佐野万次郎がカッコ良すぎる!その強さや魅力に迫る!マイキーをタケミチは救えるのか?

スポンサーリンク



この記事ではマイキーこと佐野万次郎について徹底的にご紹介!

『東卍(トーマン)』をまとめる佐野万次郎(マイキー)は圧倒的な強さとカリスマ性で皆を惹きつけるとにかくかっこいい男。

それではさっそく、仲間想いの性格や変わりまくる髪型、魂であるバイクについてや「無敵のマイキー」と呼ばれる作中最強の強さまで、佐野万次郎の魅力にとことん迫っていきます!

 

スポンサーリンク

【東京卍リベンジャーズ】佐野万次郎(マイキー)の性格とは?

佐野万次郎(マイキー)は『東京卍會(トウキョウマンジカイ:東卍の正式名称)』の総長で、その姿あるだけで場を引き締めてしまうようなカリスマ的存在。

 

性格は仲間想いで、仲間を傷つけた相手には容赦しません。

また、裏切りともいえる行為をした仲間に対して「ダチとは戦えねえ」とするなど情に厚い人物です。

 

そして人前では決して弱い顔は見せません。

そのぶん気心知れたドラケンやエマの前では子供っぽく自由奔放な姿を見せます。

お子様ランチ(の旗)が好きだったりその場ですぐに眠ってしまったり、髪を整えてもらったり使い古したタオルを握っていないと眠れなかったり・・・。

 

亡き兄・真一郎を心から慕い、異母妹・エマを大事にする、家族思いな性格でもあります。

 

スポンサーリンク

【東京卍リベンジャーズ】佐野万次郎の幼少期

佐野万次郎(マイキー)の家は祖父が営む道場。

そこでマイキーは幼い頃から抜群の格闘センスを見せつけており、喧嘩の強さでも小5にして高校生を圧倒するなどしてすでに名を轟かせていました。

10歳上の兄・真一郎を慕い憧れながら奔放に育っていたようですが、家族思いな一面も幼い頃から窺えます。

 

それは異母妹であるエマが佐野家にやってきた時。

マイキーは、母に捨てられた上に名前が外人ぽいとバカにされがちなエマの孤独な心を察し、「今日からオレ、“マイキー”になる」と宣言し、「一緒だから変じゃねぇだろ?」と言ってエマを笑顔にさせたのでした。

佐野万次郎が“マイキー”である理由は、幼少期から持ち合わせていた優しさの証といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【東京卍リベンジャーズ】佐野万次郎が妹エマとデート!?

佐野万次郎(マイキー)の言葉で笑顔になって以来エマはマイキーを慕うようになりますが、第66話ではそんな彼ら兄妹の微笑ましいエピソードを見ることが出来ます。

 

エマが「大好きマイキー」と抱きつき、くっつきながら歩き、オシャレなカフェに行って「あーん」と食べさせたり、まるでデートのような光景。

兄妹だと知らなかったタケミチが恋人同士だと勘違いしてしまうほど仲の良い姿を見せました。

 

実はこの日はエマの誕生日。

マイキーはエマの誕生日を一緒に過ごしてあげていたのです。

ドラケンに見られてマイキーはきまりが悪そうな顔をしますが、妹の希望に応えてあげるなんて本当に妹想いですよね。

 

スポンサーリンク

【東京卍リベンジャーズ】佐野万次郎の強さとは?

blank

佐野万次郎(マイキー)はとにかく強い!!

小5の頃にはすでに暴走族の総長(高校生)をノシて名を轟かせており、いつしか「無敵のマイキー」として恐れられるようになりました。

 

主な喧嘩スタイルは蹴り。

幼少時には跳び蹴りを、その後はハイキックを得意としており、小柄な体格ながら自分より大きい相手でも一撃でノシてしまうのです。

祖父が「天才」と誇っていますから、きっと生まれ持った強さなのでしょうね。

(ちなみに兄・真一郎はあまり喧嘩が強くなかったようです)

 

スポンサーリンク

【東京卍リベンジャーズ】佐野万次郎の魅力とは?

blank

このように佐野万次郎(マイキー)の魅力は、仲間や家族に対する深い愛、そしてケタ外れの強さです。

それが自然と皆を惹きつけ、不良たちの尊敬も畏怖も集める圧倒的カリスマとなっているのです。

 

さらに読者に注目されている魅力がビジュアル。

小柄で中性的な見た目ながらも鋭く男らしい雰囲気がかっこいいですよね。

特に年代ごと・未来ごとに変わりまくる髪型は必見です!

 

スポンサーリンク

【東京卍リベンジャーズ】佐野万次郎の髪型が変わりまくる!?髪型まとめ

東卍設立前

blank

幼少期から東卍設立時(中学入学辺り)までは前髪長めのショートカットでした。

ちょっとませた可愛い少年という感じです。

 

東卍総長就任の頃(12年前)

blank

東卍総長となってからは髪を伸ばし首辺りまでのミディアムヘアに。

前髪ごとトップをまとめた髪型で、THEマイキーという感じですね。

ちなみに毎日かは分かりませんがドラケンに髪を整えてもらっています。

 

未来(現代)その1

blank

タケミチがまだマイキーのことを知らない第2話、ヒナを殺害した『東卍』の2トップとしてナオトが紹介した時の写真ではオールバック姿です。

首にドラケンと同じような刺青が見えることもポイント。

 

未来(現代)その2・聖夜決戦後の未来

blank

第117話の一瞬しか出ていませんが、タケミチが東卍を脱退した時には幼少期のようなショートカットになっています。

ただし前髪長めのクールな前下がりのヘアスタイルになっているのでだいぶ大人っぽく見えますね。

 

未来(現代)その3・タケミチ『東卍』脱退の後

blank

タケミチが未来のどこかで『東卍』を脱退した後、東卍メンバーを全員殺害していたマイキー。

その頃には黒髪で、背中まで届くかつてないほどのロングヘアだったことが第118話で分かります。

 

未来(現代)その4・未来で初めてタケミチが会えた時

blank

タケミチが初めて現代で接触したマイキー(東卍メンバーを殺害した未来)は、第118話で見せたロングヘアから一転、サイドや後ろをバッサリいって再び短髪に。

長い前髪を真ん中分けにした前下がりのヘアスタイルに変わっており、首元に入れたドラケンと同じ刺青もハッキリ見えます。

ストレートパーマもかけているのか、黒髪が輝くキレのあるクールな雰囲気になっていますね。

 

このように佐野万次郎(マイキー)は髪型がコロコロ変わることが特徴でそれがオシャレなんです。

ただしその変遷にはその都度何かの影響を受けているのではとも感じられますので、髪型の変化はマイキーの心の変化ともいえるでしょう。

そう考えると12年前の髪型が一番マイキーらしいのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【東京卍リベンジャーズ】佐野万次郎の愛車HONDA CB250Tとは?

blank

マイキーの愛車はホンダCB250Tホーク。

排気音が「バーブー」と聞こえることから『バブ』と呼ばれている車種です。

 

兄・真一郎がフィリピンで拾ったエンジンを中心に部品を集めて蘇らせ、マイキーにプレゼントしようとメンテナンスしていたもので、いわば真一郎の形見。

マイキーの魂といえる存在です。

 

真一郎はこのバブと一緒にもうひとつバブのエンジンを拾ってきており、そのエンジンを元にマイキーとドラケンによって蘇ったバブがタケミチにプレゼントされました。

マイキーの愛車とタケミチの愛車は魂の繋がった双子というわけです。

 

ちなみにマイキーはバブの前はホンダのDio(原付)に「ホーク丸」と名付け愛車としていました。

 

スポンサーリンク

【東京卍リベンジャーズ】佐野万次郎が悪に染まる未来!?

blank

佐野万次郎(マイキー)は強く優しく、可愛くかっこいい人物です。

 

しかし未来(現代)では、極悪組織として日本の裏社会を牛耳るようになった『東卍』のトップとして悪に染まっています。

タケミチが何度過去を変え闇落ちしそうな要因を取り除いても、その未来は変わらないのです。

そして最終的には東卍メンバーを全員殺害して自身も死亡してしまいました。

もはやマイキーの未来を変えることがタケミチの使命、この12年の間に一体何があったのか・・・。

 

何かのきっかけで悪の未来へと転じてしまう危うさがマイキーの見どころでもあります。

 

スポンサーリンク

【東京卍リベンジャーズ】佐野万次郎が圧勝だったシーンまとめ

 

佐野万次郎(マイキー)の魅力と言えば、何といっても一撃必殺のハイキック!

ここでは「無敵のマイキー」の代名詞ともいえるハイキックで圧勝した圧巻の喧嘩シーンをご紹介します。

 

vs長内信高(愛美愛主・メビウス)

blank

第15話、パーちんをボコボコにした長内をKO。

初めてハイキックが披露されたシーンです。

 

vs羽宮一虎(血のハロウィン)

blank

第55話、羽交い絞めにされボコボコにされた上で、足に1人しがみついている状態から、その者ごと足を振り上げて羽宮一虎をKO。

小柄な見た目からは信じられないようなパワーを見せつけた衝撃シーンです。

 

vs半間修二(血のハロウィン)

blank

第59話、警戒させる暇もなく一瞬で半間をKO。

半間は一度「8・3抗争」時にマイキーのハイキックをガードした猛者ですが、バーサク状態となった此度のマイキーにはまるで歯が立ちませんでした。

 

vs柴大寿(聖夜決戦)

blank

第105~106話、怪物級の強さを持つ暴力の支配者・柴大寿を圧巻のKO。

鋭さと重みのあるマイキーのハイキックは過去最大級の体格差もお構いなしです!

 

スポンサーリンク

【東京卍リベンジャーズ】最新話では佐野万次郎を救うことはできるのだろうか?

blank

佐野万次郎(マイキー)が闇落ちしない未来が物語のゴールといえます。

 

そして「関東事変」で過去を変えた後の未来では、東卍メンバーが笑顔でパーちんの結婚式に出席する姿が描かれ、ついにハッピーエンド!

と思われましたが、肝心のマイキーの姿がありませんでした。

 

なんとマイキーはドラケン含む東卍メンバーと決別し、これまでの『東卍』の代わりとなるような日本最大の犯罪組織『梵天(ボンテン)』のトップになっていたのです。

まるで黒川イザナのような髪型にし、首にはドラケンと同じドラゴンではなく、イザナのピアスと同じ柄の刺青を彫っていました。

 

「関東事変」でイザナの存在を知ったことが影響していそうですが、形を変えやはり悪に染まってしまったマイキー。

タケミチの戦いはまだ続きそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

佐野万次郎(マイキー)の魅力は人柄と強さ。

仲間のために怒り、一瞬で戦況を変えてしまう強さがかっこよすぎます!

 

しかし心が純粋すぎるため喧嘩が強すぎるため、誰かの支えなくしては道を違えてしまう繊細で危うい人物でもあります。

 

そんなマイキーを導き得る人物がタケミチなのです。

「俺を叱ってくれ兄貴のように」とマイキー自身が託したように、タケミチがマイキーを救えるかが物語の鍵。

マイキーの心の変化とタケミチの奮闘に今後も注目です!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒最強ランキング!キャラ別の強さやカッコ良さなどで評価しまし・・

⇒黒幕は本当に稀咲(きさき)鉄太?それとも半間修二?実は橘直・・

⇒本当に稀咲鉄太(きさき てつた)が黒幕!?なぜ東卍にこだわ・・

⇒ナオトは黒幕なのか?死亡しているのに疑いが消えないのはなぜ・・

⇒龍宮寺堅(ドラケン)の魅力とは?優しさのヒミツが分かる!?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です