最新ネタバレ『七つの大罪』302話!考察! みんながキミをまっている

スポンサーリンク

生鮮再び開幕!エリザベスの死、メリオダスの魔神王化を止めるため強敵の待つキャメロットへ!!バン・メリオダスに憑依した魔神王とタイマンヘ!

劣勢の中、メリオダスの感情も内面からバンを援護!

内外での魔神王戦開幕!

 

スポンサーリンク

『七つの大罪』302話!のネタバレ

鈴木央「七つの大罪」302話より引用

それでは、「七つの大罪」302話のネタバレを紹介したいと思います。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

反撃するメリオダスとバン

鈴木央「七つの大罪」302話より引用

魔神王の一撃をはじき返したメリオダス。

「あきらめてここから出ていくんだな。煉獄にいる本体がさみしがっているぜ?」

とメリオダス。

バンは外で触手をかわしながら魔神王を足でけります。

「我を追い出したところで貴様自身が魔神王の血からにお覚醒した今、この世に1日ととどまれないぞ?」

「それで十分さ、メリオダスの呪いを解き、「七つの大罪」に別れを告げる時間さえあればな。

さあ、決着と行こうぜ!とっととあいつを探しに行かなきゃならねぇ」とメリオダス。

外のバンも優勢。

バンは足技だけで魔神王を圧倒します。

 

スポンサーリンク

絶望するメリオダス

バンが外からメリオダスは中から攻撃を開始します。

圧倒的に強い2人。

バンは「どうした魔神王。息子の体の使い勝手が悪いか?それとも息子に拒絶されたか?言っとくが本物のあいつはこんな強さじゃねぇぞ」と余裕のバン。

そして内部の魔神王から

「エリザべスはとうに始末した。わが呪いを解いたうえでな」

鈴木央「七つの大罪」302話より引用

ときかされ、絶望するメリオダス。

外では頭突きでバンをのけぞらせる魔神王ですが逆にバンに頭をつかみ、地面にたたきつけます。

「エリザベスの死」のことをきいた瞬間、メリオダスの攻撃が弱まります

内側から攻撃していたメリオダスですが、エリザベスの死を知らされ力が出なくなくなる。

メリオダスは遠くへ吹っ飛ばされてしまいます。

その瞬間、顔つきが変わる魔神王。

余裕の表情です。

それはもちろん外側にもでていてバンは押されてしまう。

「精神世界で絶望を抱くことはすなわち死だ」と魔神王。

「もう貴様を待つものは誰もおらんのだ」と続けます。

「戻ったところで貴様は二度と愛するものを抱くことはできないのだ」といいます。

メリオダスにはそとの様子がわかりません。

なのでそれが嘘か本当かわからない状態です。

力が入らないメリオダス。

絶望するメリオダス。

でも、負けてはいられません。

外では中からのメリオダスの援護で圧倒していたバンでしたが、首を手(触手)が絡みつき、地面にたたきつけられます。

首に巻き付いていた触手にバンはかみつきます。

それと同時にバンのおなかに手を突き立てる魔神王。

しかし、魔神王には当たり前ですがきいていません。

逆におされています。

魔神王は「調子に名乗るな」と強気。

中でメリオダスが質いいのどん底にいることを知らない「七つに大罪」はバンが押され始めていることに疑問を持ちます。

「メリオダス・・・ダメ!あなたの手でバンさまを傷つけさせないで」

鈴木央「七つの大罪」302話より引用

「七つの大罪」のメンバーは次々とメリオダスに言葉を書けますが、メリオダスは精神世界の中。

当たり前ですが聞こえません。

それは魔神王からも言われます。

立てないメリオダス。

どうすることもできないという絶望。

するとゴウセルが「みんな、俺に考えがある!」といいます。

 

スポンサーリンク

一縷の望み

鈴木央「七つの大罪」302話より引用

そしてゴウセルの魔力を媒介に「七つの大罪」がきてくれました。

そんなこともできるんですね。

さすが魔力を解放したときの闘級35400はだてじゃないです。

精神世界のメリオダスの手をつかみ「いいえ、私たちがいるわ!」と七つの大罪のメンバーがそろいます。

これからメリオダスの反撃がはじまります。

でも、相変わらず良い味方をもちましたね。

メリオダスは世界一幸せな団長だと思います。

私もそんな仲間ほしいなぁ。

ピンチになったら助けに来てくれたり悩みを相談できる人。

メリオダスがうらやましいです。

そんなメリオダスには勝ってもらわなければ困りますね!

 

スポンサーリンク
"
"

『七つの大罪』ネタバレ302話のまとめ

鈴木央「七つの大罪」302話より引用

外から攻撃するバンと内側から攻撃するメリオダス。

しかし、最愛のエリザベスの死を聞かされ、力がでないメリオダス。

でも、仲間が(外でたたかっているバン除く)助けに来てくれました。

彼らの声が糧となり、彼らの想いが力となります。

次号は「七つの大罪」と精神世界の魔神王との戦いです。

バンは1人だけど、メリオダスさえ復活すればなんとかたちなおれそう。

打倒、魔神王ですね!

外からはバン、内側からは七つの大罪のメンバー。

これ以上の応援はないですよね。

それはそうと、ほかの「七つの大罪」の攻撃はきくのでしょうか?

もし効くなら、これ以上の味方はいないですよね。

声援だけでもきっとメリオダスには力になると思います。

女神族ですがエリザベスがいるのですから!

元気になるのは当たり前ですよね。

次号はきっと反撃に出ると思います。

どう反撃するのかたのしみですね!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『七つの大罪』305話!魔神王の断末魔!ついに決着!・・

⇒『七つの大罪』304話!処刑人は願う・・

⇒『七つの大罪』303話!みんながキミの力になる全員集合!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です