【Reゼロから始める異世界生活(リゼロ)ダフネは三大魔獣の生みの親!最悪な存在だが発言には筋が通っている??

スポンサーリンク



今回はReゼロから始める異世界生活のダフネについてです。

ダフネは魔女と呼ばれる非常に危険な人物で、魔獣の生みの親です。

弱肉強食を信じており、「食べる者は食べられる覚悟がある者」という考えを世界の真理だと思っています。

全ての魔女の発言は、側面的に見れば筋が通っている事が特徴です。

ダフネの過去からスバルとの出会いに迫っていきます!

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ダフネのプロフィール

ダフネのプロフィール
  • 魔女
  • 性格は穏やか
  • 捕食が全て

ダフネは、400年前に存在した伝説の7人の魔女の1人です。

 

魔女のメンバーは、サテラ(嫉妬)、エキドナ(強欲)、ミネルヴァ(憤怒)、セクメト(怠惰)、ダフネ(暴食)、テュフォン(傲慢)、カーミラ(色欲)です。

それぞれ権能と思想を持っており、名前を出す事を許されない程人々から恐れられています。

嫉妬の魔女サテラが適合不可能な魔女因子を取り込んだ事で暴走し、ダフネを含む7人の魔女は死亡しました。

死亡後はエキドナの精神世界で魂のみが存在し、サテラはボルカニカ(龍)、シャウラ(賢者)、アストレア(剣聖)の3人の英雄により封印されています。

魔女が死亡した際に魔女の因子が世界に散らばりました。

散らばった因子を取り込み権能者となった人物の集団が魔女教で、サテラの復活のため行動しています。

ダフネの暴食の因子はライ・ロイ・ルイの3人により受け継がれました。

 

性格は、暴食とは裏腹に穏やかで、スバルを「すばるん」と呼ぶなど可愛い一面もあります。

 

ダフネは常に空腹感を感じる体になっており、自身が存在する理由は食べる事で、肉体や目に見えない魂など捕食対象は全てに該当します。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ダフネは暴食の魔女として世界に混沌をもたらした?

ダフネは世界に大きな被害をもたらしました。

自身の食事をするために世界中に魔獣を放った事で、人々は現在も魔獣の脅威の中生活しています。

魔獣は森や川に多く存在し、大抵の人間は太刀打ちできない強さです。

ダフネの因子を持つ者は魔獣を従える事もできるため、魔女教では兵器としても扱われています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ダフネの脅威度はサテラに次ぐ2番目?

ダフネは、実力と思想共に嫉妬の魔女サテラの次に危険な人物です。

自身の思想のために他者の犠牲を考えないというところでは、サテラと変わりません。

スバルが聖域の「死に戻り」で、大兎の対策を聞くためエキドナからダフネを呼び出してもらう際には、「サテラの次に警戒するべき相手」と言われています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ダフネは飢餓を乗り越えるために三大魔獣を生み落とした?

blank

ダフネは三大魔獣を生み出しました。

通常の魔獣を生み出しても空腹感に悩まされたダフネは、長い時間をかけ最強の魔獣「白鯨」・「大兎」・「黒蛇」の3体を生み落とします。

 

白鯨はヴィルヘルムの妻である剣聖テレシアを殺しており、スバルが何度も死に戻りする原因にもなりました。

見た目は巨大なクジラで3体に分身し空中浮遊します。

本体のみ攻撃の届かない高い位置で2体を戦わせるという仕組みが組み込まれているため、非常に厄介な相手です。

白鯨の一番の特徴は「死の霧」と呼ばれる白い霧で、霧に飲まれた人物は記憶と名前が消失し、存在自体を消されます。

スバルが各国の陣営を集め、ギリギリで討伐しました。

 

大兎は増殖能力を持った兎です。

体は小さく単体の脅威は他の魔獣に劣りますが、永遠に増殖し生物が存在する限り食べ尽くします。

そのため倒す方法は、一撃で全ての大兎を消滅させる事が絶対条件です。

聖域に現れた際にはロズワール邸でベアトリスと契約したスバルが駆け付け、試練を乗り越えて覚醒したエミリアと共に倒しました。

 

黒蛇は毒と焼却を持った巨大な蛇です。

現在も生き残っている最後の魔獣で毒を吸った者は死に至り、蛇の体に一瞬でも触れた者は体の焼却が始まります。

触れた部位を切り落とすか凍らせない限り焼却を止める方法はありません。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ダフネは棺桶のような物に拘束されている?

blank

ダフネは大きな棺に入っています。

見た目と声は少女ですが、暴食の権能による影響を抑えるために目を隠しており、体は棺と鎖によって拘束されています。

歩く際には棺に付いている尖った棘を足に使い、感情を表す時には棺を振動させ、移動スピードは速いです。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】エキドナが言ったダフネに触らない方が良い理由とは?

blank

ダフネに触った者は強烈な餓死感に襲われます。

目を見る事も厳禁で、スバルが偶然右目を見てしまった際には精神が崩壊する程の空腹感から自身の指を1本食べました。

体に触れた場合は指1本では収まらず、全てを食べる「暴食」になるといわれています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ダフネがスバルと相性が悪いわけとは?

blank

スバルとダフネはお互いを否定しています。

極端な弱肉強食を世界の真理と信じ込むダフネをスバルは嫌っており、「魔獣は全て自分が滅ぼす」と宣戦布告しています。

ダフネにとってもスバルの考えは身勝手で傲慢と思っており、人間自体を嫌っているため、2人は相容れない関係です。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

今回はダフネについてまとめました。

ダフネは人や魂を食べる事に一切の罪悪感を持っておらず、当たり前の事だと思っています。

そのため世界中を混沌の渦に巻き込み、現在も放たれた魔獣の被害は絶えません。

魔女の茶会は不定期で行われるため、今後のダフネの登場に注目です!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です