【リゼロ】世に蔓延る魔女教の信徒!やりたいことは担当によってバラバラ??

スポンサーリンク

今回はReゼロから始める異世界生活の魔女教についてです。

魔女教は異世界におけるテロ集団で、魔女因子を取り込んだ人物が利害の一致で集まっています。

集まった人物達はそれぞれ自分の理想や信念を持って行動しており、手段は選びません。

スバルが転生してから幾度となく立ちはだかり、異世界生活に大きな影響を与えています。

魔女教が誕生した経緯と活動に迫っていきます!

 

スポンサーリンク

【リゼロ】魔女教は400年前に存在したサテラを信仰する集団?

魔女教は、嫉妬の魔女サテラを信仰する犯罪組織です。

 

大罪司教と呼ばれる権能者と多くの配下で構成されています。

メンバーは、ペテルギウス・ロマネコンティ(怠惰)、レグルス・コルニアス(強欲)、ライ・バテンカイトス(暴食)、シリウス・ロマネコンティ(憤怒)、カペラ・エメラダ・ルグニカ(色欲)で、傲慢は現在いません。

スバルの魔女の匂いが濃い事で、ペテルギウスからはスバルが傲慢だと思われていました。

 

魔女教は魔女因子を取り込んだ事で高い実力を誇りますが、同時に人格に影響を及ぼしており、常人離れした思考と理想から狂人の集まりともいわれています。

特にペテルギウスは元々優しい人間で、幼少期のエミリアの世話係でした。

魔女教にエリオール大森林が襲われた際に、エミリアを守るため無理やり魔女因子を取り込んだ事で現在の狂人に変化しています。

 

スバルが死に戻りをする一番の原因が魔女教で、スバルが見て来た世界にはエミリアやロズワール邸の仲間が何度も殺されています。

襲撃を仕掛けて来るタイミングがズル賢く、白鯨や大兎の登場に被せるなど隙を狙って現れる事が多いです。

 

スポンサーリンク
"
"

【リゼロ】魔女教の目的はサテラの再誕!?

魔女教の目的は嫉妬の魔女サテラの復活です。

 

サテラは400年以上前に暴走して世界を崩壊の渦に巻き込んだ最強の魔女で、名前を言う事すら許されない人物です。

スバルを現実世界から呼び出し「死に戻り」を与えた張本人で、スバルが死んだ際に再スタートする地点は全てサテラが決めた場所です。

 

サテラと嫉妬の魔女は、同一人物でありながら人格は別物とされており、魔女の茶会では嫉妬の魔女は嫌いだけどサテラは好きと言われています。

サテラが、嫉妬により全ての魔女因子を自身に取り込んだ事で暴走した姿が嫉妬の魔女です。

嫉妬の魔女は伝説の英雄シャウラ(賢者)、レイド・アストレア(剣聖)、ボルニカ(神龍)の3人によって、東の彼方に封印されました。

 

エミリアとサテラは瓜二つであり、同じハーフエルフなため、家族関係である可能性が高いです。

 

表向きの行動と組織の目的はサテラの復活と信仰ですが、個々のメンバーは興味が無かったり、魔女教の活動は仕事と割り切って遂行している者もいます。

最初に消滅したペテルギウスは魔女教の中で一番信仰心の強かった人物です。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】魔女教の中にサテラを恨んでいるものがいる?

魔女教の中で隠された存在であるパンドラは、サテラを恨んでいます。

パンドラは魔女教のボスであり、現世で肉体を持って唯一生き残っている魔女です。

権能は「虚飾」で、あらゆる事象を自分の好きなように書き換える事ができるチート能力です。

そのため世界に対して自身の情報を一切漏らす事なく、裏から魔女教を動かす事で暗躍しています。

サテラに対して持っている恨みは解明されていませんが、サテラを復活させた後に何らかの形で恨みを晴らそうとしています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】魔女教の信徒は福音書の手引きで行動?

魔女教の活動は全て福音書の手引きです。

福音書は信仰や活動内容が書いてあり、権能の素質を持った人間に突然届くといわれている物騒な本です。

届いた者は、福音書の通りに動かなければ必ず不幸になると噂されています。

実際は信仰に従わない者を抹消する事で不幸を演出しています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】魔女教に出会ったら殺すか逃げるかを即座にすること?

魔女教に出会った際には、一瞬の判断が命取りです。

そのため力の無い者は即座に退散し、実力がある者は倒し切る事を決められています。

常人が逃げ切る事は不可能に近く、必然的に戦闘や虐殺に遭う可能性が高いです。

突如現れ嵐のように他者を狩る魔女教は、世界中で恐れられています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】魔女教の幹部以外の信徒は意識がない?

魔女教の信徒になった者は次第に意識が無くなります。

福音書には特殊な魔法の力が入っているため、長期間に渡って所有していると魂が蒸発するといわれています。

魂が抜けた信徒は幹部によって管理され、奇襲の道具に扱われる事が多いです。

意識が無くなった信徒は感情が無い分、動きも不規則で強くなっています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】魔女教の幹部は全員自分が常識人だと考えている?

大罪司教は自分を常人だと思っています。

他者から見れば明らかに狂人でまともに会話が成立するのはペテルギウスしかいませんが、本人達は信念と理想に従って生きる正しい存在だと思っており厄介な存在です。

そのため、他人を欺いたり虐殺する事も正義だと思って行動しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は魔女教についてまとめました。

危険な人物が集まった大規模な組織で、スバルや仲間達に何度も戦闘を仕掛けて来ます。

スバルやエミリアの成長につれて活動も活発になり、ボスであるパンドラが表に出て来る可能性も高いため、今後の動向に注目です!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です