最新ネタバレ『ブラッククローバー』284-285話!考察!究極魔法会得!ラックの強さがやばい!

スポンサーリンク

前回283話では、スペード王国に乗りこもうとするアスタですが、悪魔同化でも相当時間がかかるので悩みます。

長距離移動はナハト本人がいないとできないとプルメデが説明します。

そう言っているうちに悪魔同化が解けて地面に落ちそうになります。

しかし、やわらかいもふもふの何かが現れてアスタの着地を和らげます。

一方、スペード王国では悪魔が民を襲っているところを魔導防衛隊が命を懸けて戦っています。

マクサが雪創成魔法「雪だるまの隠れ家」を発動して民を隠し、ヴァルトスの空間魔法で逃がしています。

セッケは見つかったときは自分の魔法があると言いながらも、内心相当ビビってます。

数で悪魔に押されると嘆いたその瞬間、フエゴレオンが精霊サラマンダーと共に現れ加勢します。

多数の悪魔に向かってサラマンダーが火を噴くと、その悪魔たちは燃やし尽くされます。

何とか魔導防衛隊が抑えているところ、雷の魔法でその悪魔が消えさります。

現れたのはラック、ネロ、ミモザ、ノエル、ガジャなどのハート王国の戦士と黒の暴牛でした。

「この世界を悪魔の隙にはさせないわ」とノエルが叫びます。

総力戦になってきましたね。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』284話!のネタバレ

それでは『ブラッククローバー』284話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

エリシュア

エルフの里で修行をするノエルたち。

田畠裕基「ブラクロ」284話より引用

木から「いらっしゃーい、どうもドリアーデです」と自己紹介をします。

物凄い元気があって陽気ですね。

彼女はノエルたちが来るのを分かっていたようで、予知能力があるようです。

どこまで予知できるのか気になりますね。

そのため、冥府の門が開きそうなのも分かっていて、悪魔たちにエリシュアこの場所を荒らされたくないと思い、ノエル達に力を貸すことを決めたようです。

エルフたちと共闘はまだないみたいですね。

しかし、エリシュアに悪魔が来たら共闘もありえそうです。

 

スポンサーリンク

ラックの究極魔法

田畠裕基「ブラクロ」284話より引用

ノエルたちに教えるのは究極魔法、その者の魔法のすべてを体現したもの、魔導の真髄です。

本来は膨大な魔力を持つエルフしかつかえないようですが、ハート王国での魔言術式を駆使することで莫大な自然のマナを利用とした真魔法を体得したため、究極魔法を使える可能性が出てきたようです。

「あなたたちの半年間の修行は無駄ではなかった」とドリアーデは言います。

ノエルたちはそれを聞き、顔つきが変わります。

エリシュアで魂の根源を知り肉体をマナに近づけ、真魔法の魔力で究極魔法を会得するという方法のようです。

 

スポンサーリンク

中位悪魔

田畠裕基「ブラクロ」284話より引用

真水、真雷、真土、真土、真綿、真植物、真風、真炎魔法を繰り出します。

とてつもないそれぞれの魔力で悪魔を蹴散らしていきます。

術式によって味方には攻撃が当たらないようになっています。

すると中位悪魔が現れます。

ドリアーデによって下位悪魔なら簡単だけ、中位悪魔から上は要注意と言っていました。

田畠裕基「ブラクロ」284話より引用

人間と遊ぶことを楽しもうとしている中位悪魔。

ラックが相手をするようです。

ラックは雷究極魔法「雷霆刹那戦鬼」を繰り出すとあっという間に中位悪魔の懐に入り腕を切断し、ついには一瞬の内に中位悪魔4体全員の頭を切断します。

中位悪魔たちには何が起こったのかわかりません。

強すぎますね。

ノエルはもっと強くなっていると考えると、ヴァニカにも勝てるかもしれませんね。

ラックが白の方を見ると、最上位悪魔の存在を感じたのか、手を出してはいけない相手がいると感じます。

田畠裕基「ブラクロ」284話より引用

中にいるナハトは、最上級悪魔によって何本も生えている氷の枝で拘束されています。

最上位悪魔は笑っています。

余裕の笑みという感じで強きものという感じがしますね。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブラッククローバー』ネタバレ284-285話のまとめ

今回は、ドリアーデがノエルたちに究極魔法を教える、ラックの究極魔法で中位悪魔全滅、ナハトが最上位悪魔に拘束されるなどが描かれました。

アリアーデが予想以上に陽気で面白かったです。

ノエルたちの究極魔法が凄まじい強さで、ヴァニカと戦うノエルが早く見たいと感じました。

田畠裕基「ブラクロ」284話より引用

また、ラックの究極魔法の名前がカッコイイです笑。

ノエルたちは落ち込んでいたので、ドリアーデが修行は無駄じゃなかったと言ってくれてなんかすっきりしました。

最上位悪魔はアスタだけではなく、他の団長やノエル達と協力して倒すことになると思います。

フエゴレオンとレオ、アスタで倒すと相当熱いなと思いますね。

レオにももっと活躍の場を与えてほしいですね。

次回は、最上位悪魔とアスタが戦うと予想されます。

悪魔同化が5分しか持たない状況でどうなるのか。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』286話!最上位悪魔を召喚した代償・・

⇒『ブラクロ』285話!ナハトは双子の兄弟だった!・・

⇒『ブラクロ』283話!ハート王国から全軍集結!総力戦が始まる・・

⇒『ブラクロ』282話!アスタが魔神を真っ二つにする!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です