【Reゼロから始める異世界生活(リゼロ)】ロズワール邸4人目のメイド・ペトラ!密かに抱くスバルへの恋心!!

スポンサーリンク

今回はスバルに明確に恋心を抱いているペトラに関する情報を紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ペトラのプロフィール!

ペトラはアーラム村に住んでいる12歳の少女です。

頭の回転が速く、村では一番の人気の女の子です。

特に力や加護の発現は確認されていませんが、スバルと出会うことによって死のループに巻き込まれていきます。

 

スポンサーリンク
"
"

【リゼロ】ペトラの夢は都で服を作る仕事に就くことだった!

村で男の子に人気なペトラですが、将来の夢は都で服を作る仕事に就くことです。

はっきりと将来の夢を語っていることから、昔から服飾師になりたかったのだと思います。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ペトラが魔獣の呪いに飲まれてしまう!

特に能力・権能・加護を持ち合わせないペトラですが、アーラム村が呪いで襲われたときの被害者となってしまいます。

 

いわゆる魔獣使いにアーラム村が狙われて、子供たちが特にその被害を受けます。

スバルが原因を探ろうと奮闘しますが、呪いの元凶は見つからず苦戦します。

考えている間にも段々と蝕まれていく子供たちですが、スバルは昼間の出来事を思い出します。

村の子供たちが抱えていた子犬こそが化けた魔獣だったのです。

元凶が分かったスバルはレムを連れてアーラム村へと急ぎます。

 

すでに子供たちの内の何人かが呪いによって苦しめられていました。

大方はスバルとレムの介抱によって救われましたが、ペトラは尚も呪いで苦しめられています。

スバルの激闘と後の命を代償になんとか魔獣ウルガルムを討伐すると呪いは跡形もなく消えていきました。

 

アニメ2期で明かされる真実ですが、魔獣使いの正体はペトラ達と一緒に遊んでいたメイリィだったのです。

いつから潜入していたのか、いつからアーラム村を狙っていたのかはわかりませんが、相当な手練れの魔獣使いであることは判明しました。

 

加えて、エルザや魔獣使いのメイリィを村へけしかけたのはロズワールの犯行だったことも明かされています。

ロズワールの真の目的は分かりませんが、話から推測するにエミリアに試練を与えればスバルが動き、スバルが死に戻りを使って成長することが分かっていたような口ぶりでした。

 

今後もメイリィやエルザが狙ってくる可能性は高そうです。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ペトラがスバルへの好意を抱く!

魔獣ウルガルムの一件が落ち着くと、ペトラが明確にスバルへの好意を抱き始めます。

元々遊んでくれる良いお兄ちゃんとぐらいには考えていましたが、幼い少女が恋に落ちるには魔獣使いの一件は十分すぎるほどです。

 

スバルへ明確に好意を抱いているキャラは作中ではレム以外ではペトラだけです。

しかし、スバルは全く気が付いておらず子供扱いを続けます。

ペトラはそのことが気に入らない様子ですがスバルからしたら仕方のないことだと思います。

加えて、スバルは聖域で明言していますが、スバル自身の好きな人・守るべき人の順位の一位と二位は決まっていて変わることは今後もないようです。

 

おそらくペトラの恋が成就することはないでしょう。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ペトラが4人目のロズワール邸のメイドに就任!!

アニメ2期で相当な衝撃を視聴者に与えたのが、ペトラのメイド就任でした。

フレデリカという得体のしれないメイドの登場のみならず、まさか村の住人のペトラまでもが新しいメイドとして登場するとは思いもよりませんでした。

 

一部のファンの間では服飾師の夢はあきらめたのか?やスバルに近づくためには手段を選ばないなど、反響も大きかったです。

 

しかし、不幸なことにペトラの就任した時期が悪く、襲撃を何回も受けてしまいます。

元々、安全とは言い難いロズワール邸でしたが、2期からは暗殺者を退けるなど少々度が過ぎた難易度の高いクリア目標が掲げられています。

しかも、肝心のベアトリスは死亡することに拘っている上に扉渡りのカギもなぜか破られているせいで、スバルの持ち駒はほとんど封鎖されてしまっています。

 

今後、どのようにしてスバルがペトラやフレデリカを屋敷から連れ出すのかが楽しみですね。

ちなみに、屋敷への襲撃もロズワールの差し金の上に、ベアトリスの無効化もロズワールの悪知恵のよるものと後に判明します。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ペトラの渡したスバルへのお守りとは??

スバルが聖域に行くときにペトラはあるお守りを手渡します。

ハンカチのような布をスバルの手に巻き付けます。

スバルはどうやら意味が分かっていないようでしたが、安全に帰宅できるように念を込めたおまじないのような風習からくるものらしいです。

 

図らずともこの布がスバルの死に戻りの役に立つことになります。

聖域で嫉妬の魔女の権能にスバルが捉われてしまい、死に戻りすることもままならない状況になります。

絶体絶命のスバルですが、茶会でエキドナが布の中に鋭利なものも潜ませていたおかげでなんとか死のループに成功します。

 

これは、ペトラが布を手に付けなくてはできなかった手法なので間接的にペトラがスバルを救ったといっても過言ではないかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はスバルに一途なペトラに関する情報を紹介していきました。

スバルと出会ったおかげで救われ、出会ったせいで何度も恐怖の底に落とされてしまう可哀そうな12歳ですが、なんとか幸せになってほしいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です