【転スラ】全ての魔王の支配を目論むクレイマン!配下は仲間ではなく道具??

スポンサーリンク

今回は魔王クレイマンについてです。

クレイマンは一番最初に登場する魔王ですがリムルと直接対峙するまでは長いです。

様々な計画を練っており部下を定期的に送り込むなど間接的にリムルやテンペスト王国と接触しています。

クレイマンの思惑やリムルとの関係に迫っていきます!

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クレイマンのプロフィール!!

クレイマンの特徴
  • 新魔王
  • スキル「操演者」所有
  • 頭が切れる天才

クレイマンが魔王になったのは400年前と言う異世界においては短い期間であり新魔王と言う新参扱いです。

見た目は白いスーツ姿に銀髪で話す時は不敵な笑みを浮かべています。

クレイマンはスキル「操演者」を習得しており相手の心臓に刻印を刻み自分の支配下に置く非常に優秀なスキルです。

大抵の魔物であれば効果絶大であり「操演者」を更に強化した秘伝奥義に「操魔王支配」があります。

この能力はデモンプラネットと呼ばれ操演者の心臓を奪う条件が無くなった事で脅威を増しています。

クレイマンは新参魔王な為、戦闘能力が他の魔王に劣る事を自覚しており今に至るまで頭脳戦でカバーして来ました。

自身は魔王として完全覚醒する時まで水面下で暗躍し最終的には全魔王を配下にする計画を立てています。

部下を使ってオークロードを魔王に覚醒させたり、リムルの元に部下を偵察させ冷静に戦力を測るなど頭の切れる魔王です。

 

スポンサーリンク
"
"

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クレイマンは配下を道具としか見ていなかった!!

クレイマンは配下や魔王すらも計画を実行する為の道具としか思っていません。

オークロードがリムルとの戦闘の際に魔王として覚醒したのも自身の部下が暴走したオークロードに食べられ魔王の生贄になる事を最初から分かっていました。

ミリムに対してもクレイマンはワルプルギスの際に殴っています。

リムルのスパイとしてミリムはクレイマンに操られた演技をしていました。

ワルプルギスは魔王3人の承認を元に行われる会議で決定した事項は必ず守る必要があります。

そのためリムルを排除する為にワルプルギスを開いたクレイマンはミリムを完全に支配していると勘違いし、優越に浸る為か容赦なく殴っています。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クレイマンが魔王になれたのはカザリームのおかげ!

実力の無かったクレイマンが魔王になれたのは元魔王のカザリームの影響が大きいです。

400年以上前に魔王カザリームが存在していた時代にクレイマンはカザリームの忠実な配下でした。

優秀な配下だったクレイマンをカザリームが推薦した事で魔王になります。

クレイマンが魔王となって直ぐにカザリームは勇者レオンよって消滅させられます。

レオンはこの際にカザリームを倒した事で勇者から現在の魔王になりました

カザリームを失ったクレイマンは主人の復活方法を考えます。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】ユウキと出会いカザリームの復活を望む!!

カザリーム復活に悩むクレイマンは最強の転生者ユウキ・カグラザカに出会います。

オークロードを大森林で暴走させる事を約束にユウキはカザリームを復活させました

復活したカザリームの命令でクレイマンは覚醒魔王を目指す決意をします。

覚醒する為には1万以上の人間の魂を生贄にする必要があった為、水面下でファルムス王国とテンペスト王国が戦争するように仕組み、自身は最後に現れ死体を生贄にする事で覚醒魔王になる計画を立てます。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クレイマンの目的は全ての魔王の支配をすること!

クレイマンの目的は覚醒魔王になり強化されたスキル「操演者」を使い全魔王を支配する事です。

クレイマンが覚醒魔王になる事は確定されていましたがラファエルが未来を予測した事であと一歩の所で失敗に終わりました。

覚醒魔王となったクレイマンの実力は魔王ダグリュールに匹敵すると言われています。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クレイマンの能力は心臓に呪印を刻んで従わせる!?

クレイマンのスキル「操演者」を受けた者は体を完全支配されます。

支配された者は意識は存在しますがクレイマンの命令に絶対服従する事になり無理に破った場合は心臓を潰されます

一度支配する事が出来れば最強のスキルです。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クレイマンの最後はリムルの捕食!!!

ワルプルギスの際にカリオンが殺された原因をリムルと主張し魔王総出でリムルを倒すよう会議を進めますがクレイマンの嘘は既に見抜かれており今までリムルのスパイとして演技をしていた事をミリムは打ち明けます。

クレイマンは一人残され戦闘能力も低くリムルの秘書「シオン」相手にボコボコにされ尋問を受けます。

尋問でカザリームの命令で動いていた事を吐き出し命乞いをしますがリムルは許さず捕食した事でクレイマンは消滅しました

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は魔王クレイマンについてまとめました。

カザリームの消失からユウキと復活の約束を交わし最後のワルプルギスの日にリムルによって捕食されるまでカザリームに生涯忠誠を誓った配下としては優秀な魔王です。

結果的にはユウキとカザリームに利用されましたが忠誠心だけは転スラ屈指の男でした!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒クレイマンに心臓を握られた美人・ミュウラン!転スラの貴重な・・

⇒作中最強キャラまとめ!鍵を握るのは八星と十大魔王!!・・

⇒リムル大好きのディアブロ!その正体は原初の悪魔!?・・

⇒百獣の魔王・カリオン!力だけでなくテンペストの価値を見出す・・

⇒かつては勇者だったレオン!魔王を返り討ちにしたことで魔王と・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です