【名探偵コナン】3つの仮面を使い分ける謎多き探り屋バーボン!黒の組織随一の洞察力を持つ彼の目的は?

スポンサーリンク

「ゼロの執行人」でメインキャラクターとなった安室透。

組織では探り屋バーボンと呼ばれるほどの洞察力をで持っています。

今回はトリプルフェイスを見事に使いこなすバーボンの目的に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】バーボンの初登場はいつ?

バーボンの名前が初めて出たのは、組織に戻ったキールからの情報でした。

安室透としてその姿を現したのは「ウェディングイブ」の事件で、組織からシェリーとの繋がりを疑われている毛利小五郎の元へ潜入するためでした。

彼がバーボンと名乗ったのはミステリートレインでシェリーの前に現れた時です。

赤井が死んだか確認するため、赤井に変装してジョディの前に現れたこともあります。

さすがトリプルフェイス!

どれが初登場となるかはファンの間でも意見が分かれるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】バーボンの性格

探り屋バーボンと呼ばれているだけあって、その洞察力は組織随一です。

ベルモット同様かなりの秘密主義者で、赤井の目撃情報を得たジンたちが狙撃しようと動きますが、それは赤井の死を確認するためのバーボンの変装でした。

ジンには内密の単独行動でしたが、あの方の許可は受けていたためジンたちも黙って撤退するしかありませんでした。

あの方の許可は必要ですが、ある程度は自由な行動を認められているようです。

バーボンの秘密主義を嫌うジンですが、彼の能力は認めているようで「シャーロックホームズのような探偵は小説の中だけにして欲しい」と言っています。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】現在のバーボンの任務

最新刊ではラムから工藤新一を調査するよう指令が出ました。

蘭が財布から鍵を出しているところを確認したり、落ちていた蘭の財布を届けたりしているので(実際は安室がすった)、コナンは安室が工藤宅の合鍵を作ったことに気づいていたでしょう。

そして侵入した工藤宅では赤井や工藤夫妻と対面していますが、その後のやりとりはまだ明らかになっていません。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】安室透として小五郎に弟子入り

blank

探偵安室透として毛利小五郎に弟子入りし、毛利探偵事務所の階下にあるポアロで働き始めました。

その目的は偶然キールの靴についた盗聴器がきっかけで、シェリーとの関係を疑われている毛利小五郎の元へ潜入することでした。

PCのパスワードをさりげなく聞き出して夜中に毛利探偵事務所に忍び込んだバーボンは、光彦から送られた動画からシェリーがミステリートレインに乗る情報を掴みました。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】正体は公安警察の降谷零

blank

たまたま子供が「ゼロ」と叫んだ言葉に反応したことがきっかけで、コナンは安室の本当の正体について疑い始めます。

そしてFBIに言った「出て行ってくれませんかね、僕の日本から」という言葉で安室が公安警察と確信したようです。

コナンにそのことを指摘された安室は、「ゼロは子供の頃のあだ名」と言いましたが、結果的にはその情報のおかげで、彼の本名は降谷零でゼロに所属する公安警察ということがFBIに突き止められました。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】警察学校時代の同期

blank

殉職した松田刑事、萩原刑事、伊達刑事、そして降谷と一緒に組織に潜入していた諸伏景光は警察学校時代の同期でした。

公安のゼロに所属し同じ警察官にさえその存在を隠している降谷にとって、同期の4人は数少ない大切な友人だったようで、人目を盗んでお墓参りをしたり、名前を伏せて親族へ遺品を送ったりしています。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】ライバル赤井との因縁

blank

組織に潜入していた頃から赤井とは馬が合わなかったようですが、因縁の原因となったのは降谷と同じく公安から潜入していたスコッチが自決したのがきっかけでした。

NOCだとバレたスコッチは赤井の説得に応じて一度は自決を止めようとしましたが、階段を駆け上がってくる何者かの足音を耳にしてしまったため、仲間の情報が入った携帯と共に自身の心臓を打ち抜きました。

赤井もスコッチの行動の意味が分かったようで、彼が携帯を壊した事実を隠すため、組織には自分が裏切り者を始末したと報告したようです。

降谷は現場の状況を見て、赤井が始末したという嘘は見抜いたようですが自分の足音が自決の原因になったことにはまだ気づいていません。

そのため、赤井ほどの男なら止めることが出来たはずなのに、なぜ止めなかったのかと赤井のことを恨んでいるようです。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】宮野家とのかかわり

blank

子供の頃は髪の色をからかわれてよくケンカをして怪我をしていた零は、明美に両親が経営する病院へ連れて行かれました。

明美の母エレーナは患者さんとも必要最低限しか話さない程の人見知りでしたが、自分と同じハーフの零のことは放っておけなかったようで、笑顔で話をしていました。

「ゼロの日常」ではエレーナに自転車の練習に付き合ってもらうシーンもあり、2人はかなり親しくしていたようです。

組織では「ヘルエンジェル」と呼ばれていたようですが、ただ単に人見知りなだけだったようですね。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】バーボンを知るベルモットの謎

blank

バーボンがその秘密を口にしようとしただけで、彼の頭に銃を突き付けるほど怒りを露にするベルモット。

しかもその秘密は、バーボンが死ねば組織内にリークされる手筈になっており、かなり用意周到です。

毛利小五郎の元へ潜入する際にはその秘密のおかげもあり、ベルモットから多大な協力を得ています。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】バーボンに指示を出すラムの正体は?

blank

ついにラムからバーボンへ工藤新一の調査命令が出ました。

ラム候補は3人で警視庁捜査一課の黒田管理官、いろは寿司の板前脇田兼則、そして帝丹小学校の若狭留美先生です。

黒田管理官とは電話で工藤新一のことについて話し、なぜか安室のことをバーボンと呼んでいましたが、黒田が安室へ組織に潜入するよう命じた可能性は十分にあります。

若狭先生との接触はまだですが、サンデー11号では脇田と安室が初めて接触することになりました。

もし脇田がラムだったら、安室やコナンとの間でどんな会話が繰り広げられるのか、続きが非常に気になる展開です。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】零の本当の目的はなに?

blank

「ゼロの執行人」では公安の降谷零としての強い信念が見られました。

日本を守るためにはどの判断が最適かを考え、ありとあらゆる可能性を常に考えています。

組織への潜入もNOCであることがバレれば殺される危険があり、常に命懸けです。

それだけ危険な任務をしている降谷の日本を守るという信念は、相当な覚悟だと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

組織の探り屋であり公安の「ゼロ」の所属でもある降谷は、組織壊滅のための重要なキーパーソンであることは間違いありません。

ラム候補たちとの接触やあの夜工藤宅で何があったのか等、今後も彼の言動からは目が離せませんね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です