最新ネタバレ『カッコウの許婚』52-53話!考察!お兄ちゃんがいる?!ついに再会?!

スポンサーリンク



エリカは柱についている古い線を見つけました。

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

『宗助 12歳』と書かれたその線は、かつてエリカと兄がこの別荘に来ていたことを示しています。

「宗…助?」

「うん…お兄ちゃんの名前 私より5歳上のね」

エリカと兄・宗助は毎年夏になると家族で別荘で過ごしていました。

どこの別荘か記憶が曖昧だったエリカですが、ハッキリとこの別荘だったことを思い出しました。

ここは兄妹の思い出の場所だったのです。

宗助に再会するための手がかりはあるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『カッコウの許婚』52話!のネタバレ

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

それでは『カッコウの許婚』52話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

名前

エリカの兄の名前は『宗助』であることが判明しました。

なぜ宗助なのかというと、理由は単純。

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

天野家父の名前が宗一郎だからです。

(今まで謎だった父の名前もついでに判明しました)

凪は考えました。

本来であれば宗助の弟だったはずの自分…。

エリカも同じことを考えていました。

「私と凪君が取り違えられてなかったら 宗太とかだったんじゃない?」

宗太という仮の名前に対するイメージは人それぞれのようです。

凪→しっくりきてしまった

幸→膝から崩れ落ちるほど面白い

ひろ→似合ってる

凪はもう凪ですが、本当なら違う名前だったと考えると不思議な感覚がするのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ひろの弟だったら?

ひろは凪に兄が居たこと触れ、凪が本当は弟であることからある想像をしました。

「海野君が”弟”だったらかわいいのになーって!」

凪は考えました。

自分がひろの弟だったら…?

毎回100点を取り、それを報告する弟・凪。

その報告を受けたひろは…。

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

『えらいねぇ凪〜〜〜お姉ちゃんがいい子いい子してあげるよ』

ベタ褒めして抱きしめるのです。

凪はよしよしされながら豊満な胸に顔を沈められるのでした。

凪、得意の妄想炸裂です!

凪は妄想時にするいつもの顔になっていたので、エリカと幸は大体の想像がついています。

もちろん2人とも呆れ顔ですw

しかし、最高な妄想にも落とし穴がありました。

(でもダメだ!これじゃ付き合えない!!)

凪の妄想は呆気なく終焉を迎えました。

 

スポンサーリンク

兄妹っていいな…?

凪と幸、宗助とエリカ。

それぞれ兄妹の組み合わせで育ってきましたが、ひろだけはひとりっ子です。

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

「私…ひとりっ子だからさー そういう話うらやましくて仕方ないよー」

ところが…妹・エリカ&幸は兄妹のツライ部分もあると意見!

「ひとりじめできないし?」

「意地悪されるしな」

それを聞いた兄・凪は呆れ顔で「お前らが言うのか」と呟いたのでした。

確かに2組のこの兄妹に関して言えば妹勢が圧倒的に強そうですw

 

スポンサーリンク

宗助を探して

エリカはこの別荘で過ごした日々に想いを馳せました。

「たしかに私 ここでお兄ちゃんと過ごしてたんだ」

凪はそんなエリカを見て言いました。

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

「まだこの別荘にあるかもしれない 宗助を探す手がかりが!!」

この一言に女子3人も感化され、4人は別荘をくまなくチェックすることになりました。

ところが…!

エリカとひろは”デラックス版フィラデルフィアファミリー”のハウスを見つけてしまい盛り上がり中。

(宗助の手掛かりそっちのけですw)

凪は眠気に襲われていました。

昨日は幸と2人っきりのベットで何故かドキドキして眠ることができませんでした。

それは幸も同じく。

凪と幸はどちらも眠そうにしていました。

ひろだけがそんな2人に気づいていました。

(勘のいいひろのことですから、何があったか想像がついているかも?)

 

スポンサーリンク

各家庭における”おみせやさんごっこ”

エリカは見つけたフィラデルフィアファミリーの家を見ながら思い出に浸っていました。

幸もつられて幼い頃の遊びを思い出しました。

幸がよくやっていた遊びは”おみせやさんごっこ”です。

配役は凪が店員さんで幸がお客さんです。

プラスチックのたまごやにんじんが入ったカゴを見た凪が『100円になります』と伝えると、幸は10円に値切り始め、拒否されると泣き落とししようとし、それも拒否されると…。

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

『じゃあ死ね』

鉄砲のおもちゃを持ち出し、凪は撃たれてしまうという恐怖のオチ…。

「おみせやさん?」

話を聞いたエリカが突っ込むと、凪は「俺はヤクザやさんと呼んでいた」と静かに返答しましたw

対するエリカのおみせやさんごっこは一味違いました。

フィラデルフィアファミリーの家を前にした幼いエリカは『なかなか良い物件ね?1億円で買うわ』と宗助を相手に言いました。

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

しかし、宗助も賢い(?)ので、なぜか10億円ですでに買い手がついている設定に。

エリカは怒り『じゃあ100億で買う』とさらに10倍の値をつけ、支払い方法はカードで一括決済を選びましたw

「みんな家によって違うのねー」

涼しい顔で言うエリカに凪と幸はドン引きでしたw

「ひろちゃんはー?」

さらにエリカはひとりっ子であるひろにも話を振る始末w

幸が止める間もない出来事でした。

「やってたよ?ひとりで」

ひろは引きつった顔で答えました…。

 

スポンサーリンク

ついに見つかる手掛かり

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

「まさかこのゲームまで残ってたなんて…」

4人が見ていたのは”ソバッシーブラザーズ”というゲームです。

みんながこのゲームの経験者である程の人気作だった様です。

(某おじさん兄弟が活躍するゲームのパロディでしょうか?w)

懐かしさからやり始めようとするエリカの手が止まります。

「このセーブデータ3日前なんだけど…」

凪たちがこの別荘にきたのは昨日からです。

そしてこの別荘は家族しか利用できないプライベートなもの。

さらにエリカはの両親はゲームを一切やりません。

「お兄ちゃん…?」

エリカが呟くと、凪は飛び出していました。

「3日前だろ?!まだこの街にいるかもしれない!!」

 

スポンサーリンク

エリカの気持ちの理解者は幸?!

寝不足の体で飛び出した凪は、炎天下の下、回らない頭で考えていました。

行き先としては観光施設か、飲食店のある通りか…。

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

「待って凪くん!!捜さないで!!」

凪を追って出てきたエリカが真剣な顔で立っていました。

その頃、残された幸は困惑していました。

「どうしちゃったんだろう ずっとお兄さんに会いたかったんじゃなかったのかな…」

ひろは「わかんない…かな?」と訳知り顔です。

「エリカちゃんの今の気持ち 幸ちゃんが1番わかると思うけどな…!」

幸はひろの意図が今はまだわからないようです。

 

スポンサーリンク

会う時は2人で!

エリカの突然のストップに凪は納得がいきません。

「やっと会えるかもしれないんだぞ?!」

今まで宗助に会うためにエリカが頑張ってきたことを凪は知っています。

SNSだってそのためにやってきたことです。

「うん そうだよ…でもね」

エリカは凪の腕を掴みました。

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

「なんか…怖くなってきちゃった」

心許ない顔をしたエリカは凪の腕を離しませんでした。

まるで頼りにしているかのように…。

エリカは不安になっていました。

ずっと会いたかったからこそどう言う気持ちで会えばいいか整理がまだついていなかったのです。

「カ カッコ悪いね 私…!でもそういうことだから戻ろ!」

エリカはようやく凪の腕を離し、別荘に戻ろうとしました。

「なぜ怖がる?」

今度は凪がエリカの腕を掴みました。

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

「会う時は俺も一緒だ」

真剣な表情でまっすぐ見つめてきた凪にエリカは驚いた顔をしました。

凪の言葉に勇気をもらったエリカはもういつものエリカに戻っていました。

「凪くんとだったら怖くないかもしれない…かな?」

「しょうがないからついてきたら?」

エリカ節炸裂です!w

ついに動き出す宗助探し。

再会することはできるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『カッコウの許婚』ネタバレ52-53話のまとめ

今回のお話はエリカの兄について大きく動きがありました。

凪たちが今回滞在した別荘はかつてエリカと兄・宗助が夏の間過ごした場所でもありました。

それを思い出したエリカは宗助の手がかりを探します。

そして見つけたのはゲームです。

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

子供の頃、宗助とやったゲームを起動すると…3日前のセーブデータが!

宗助は3日前にここに来ていたのでしょうか?!

凪は思わず宗助を探しに飛び出していました。

エリカはその後を追い、凪を止めました。

エリカは凪の腕を握り、怖がる様子を見せました。

宗助はずっと会いたかった相手ですが、気持ちの整理がつかず、怖くなってしまったのです。

凪はそんなエリカの腕を握り返し「会う時は俺も一緒だ」と勇気づけました。

エリカは凪の言葉で2人でなら怖くない!と勇気を取り戻し、宗助を探しに行くことになりました。

その頃…残されたひろと幸にも大切な会話がありました。

blank

吉河美希「カッコウの許嫁」52話より引用

エリカの気持ち…それは幸が1番理解できる。

ひろはそう言いました。

これは恋心を指しているのではないでしょうか?

エリカと幸は共に同じ気持ちを抱いているのかもしれませんね!

複雑な関係と気持ち、それぞれが交錯しました。

さて、宗助は本当に見つかるのでしょうか?!

次週もますます目が離せません♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『カッコウの許婚』51話!凪と一夜を過ごすのは?!ひろから・・

⇒『カッコウの許婚』50話!幸とひろ激突?!運命の一夜の相手は・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です