【転スラ】衝撃の事実!!クロエの正体は勇者クロノア!?

スポンサーリンク

アニメ第二期が始まりました。

第一期の後半では、自由学園で生活する5人の転生者である子供達が身体崩壊の運命から逃れるために上位精霊をその身に宿すことになりました。

この中で、クロエ・オベールだけが、かなり別格の謎の精霊を宿しています。

あのいかにも意味深な状況が気になっている方は多いでしょう。実は転スラ界屈指の強キャラに成長する布石になっているのです。

ここではクロエ・オーベルに注目し、これまでを振りかえってみて、さらにはこれからの展開について大胆に述べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クロエのプロフィール!

クロエ・オベールは8歳の時に異世界に召喚されました。

いつも本を抱え、おとなしく清楚な雰囲気を持つ美少女で、水系のエクストラスキルが使えます。

 

見ためは普通の少女なのですが、能力が高いため周囲から化け物と恐れられている召喚者です。

同じ境遇の4人の子供達と一緒に、イングラシア王国の自由組合の総帥(グランドマスター)であり自由学園の理事でもあるユウキ・カグラザカ(神楽坂優樹)に保護され、自由学園の生徒になります。

しかし、悲しいことにクロエ達5人は召喚実験の失敗(不完全召喚)によって異世界に来たため、3年程度で身体崩壊を起こすという悲痛な運命を背負っています。

 

スポンサーリンク
"
"

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クロエにとって井沢静江はかつての教師だった!

戦時中の日本から、8歳の年で魔王レオンによって異世界に召喚されたのがシズこと井沢静江です。

シズはイングラシア本部にある冒険者互助組合で教師を行っていて、優秀な異世界人ユウキの教師でした。

その後もユウキのサポートをしていて、その中で、特別クラスであるクロエを含む新たな5人の子供たちの教師になることになります。

自分と同い年で召喚された子供達をシズは親身になって世話をします。

そしてクロエ達5人の子供たちからすごく慕われる存在となります。

 

しかし、シズは自分の中にいるイフリートを抑え込めなくなってきたため、周囲に被害を出す前に学園を出て旅に出ることを決意します。

子供たちを残していくことに心苦しく思っていましたが、ユウキに彼らを託し旅立つこととなったのです。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クロエはリムルに救われた!!

旅にでたシズですが、リムルと運命的な出会いを果たします。

最終的にイフリートが暴走しましたが、リムルの活躍で事なきをえることができました。

しかし、シズの命もそこまでとなり、最後はシズの願いに応えるかたちで、リムルがシズを捕食することになります。

そして、リムルはシズの心残りであったクロエ達5人の子供達を助けるために行動を開始することになるのです。

 

リムルはシズの後を引き継ぎ後任が来るまでの三か月間限定でクロエ達5人の子供の先生になります。

しかし自分達の運命を悲観する子供達はリムルに対し反抗的な態度をとります。

それでもリムルは、マイペースで子供達と接します。

リムルが考えているのは子供達をどうしたら救えるかということ、その一点です。

クロエ達5人の子供達は、しだいにシズの時と同じ様にリムルに信頼を寄せるようになっていきます。

 

こうして、クロエ達にとって精神的に救いとなる先生がまた現れたわけですが、それだけには留まりません。

リムルは上位精霊をその身に宿せば、身体崩壊を抑えられるのではないかと推測します。

しかし、普通なら上位精霊見つけることさえできないのですが、リムルはウルグレイシア共和国に「精霊の棲家」があることを突き止めます。

子供らを連れて精霊の棲家に行き、精霊の棲家を支配していた魔王ラミリスの課した危険な試練をクリアし、最終的に子供たちが上位精霊を宿らせることに成功します。

その結果は上々で、魔素の制御は安定し、短命の運命から解き放つことに成功したのです。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クロエの魔素は大賢者でも測れない!?

さて、上位精霊以上の何かを宿すことにより身体崩壊の運命を断ち切ることに成功したクロエですが、その身に宿したものがなんなのかとても気になります。

クロエの時は、他の4人の子供達とは明らかに様子が違っていました。

 

魔王ラミリスは、この精霊体のようなものが現れたとき、警戒感をあらわにします

「でもねあれは多分未来で生まれたのよ」

「未来からやってきた精霊に似た何か!」

「とても信じられないけどその子に宿ったことで自分を生み出す土壌を作った…?」

クロエへの憑依を阻止しようしますが、それもかなわず、あっという間にクロエに憑依してしまいました。

 

そして大賢者の分析結果も想像を絶するものでした。

『解。上位精霊と同様のスピリチュアルボディです。異常なまでのエネルギーを検知。上限は測定不能です。

 

さて、クロエに憑依したこの精霊体のようなものは、何なのでしょう。

もうお気づきの方がほとんどだと思いますが、この女性の正体は勇者クロノアなのです。

これはネタバレではないですね。

300年前にヴェルドラと戦った勇者の容姿、回想シーンでシズと剣を交え、仮面をあげた勇者と容姿が一緒なのでお気づきの方は多いでしょう。

 

あのヴェルドラを「絶対切断」で追い詰め「無限牢獄」で300年もの間封印した本人です。

それなら魔素量が膨大で計測できないのも納得です。

 

それにしても、この時点では、クロエ自身がクロノアの意識を共有できていませんし、大賢者にもそうだと認識されないので、もどかしいところです。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クロエの正体は勇者クロノア!!!

さて今度はネタバレになります。

 

クロエに憑依したは勇者クロノアでしたが、実をいうと、クロエ・オベール=勇者クロノアなのです。

えっ、クロエがクロノアなのに、クロエに憑依したのがクロノア・・・少しややこしいです。

 

300年前にヴェルドラを封印し、シズとも一緒に旅をした勇者クロノア。

時間を超越していて、一般人としての寿命の概念があてはまりません。

そして、精霊に似た存在として現れ、クロエに憑依してしまいます。

これは、クロエのユニークスキルによるもので、ある目的のためにタイムリープを繰り返しているのです。

 

その目的とは、世界の敵、ユウキを倒すためです。

実はユウキ・カグラザカは、中庸道化連のボスで犯罪組織「三巨頭(ケルベロス)」のトップなのです。

思念誘導、精神操作系のスキルを駆使し、周囲を欺くことに長けています。

触れただけで相手を確殺する「奪命掌」や、味方にしてしまう「奪心掌」を持つ最強の敵なのです。

クロエ達5人を不完全召喚した張本人も実はユウキです。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クロエのユニークスキルは時間に干渉できる能力!!

さて、クロエ(勇者クロノア)のタイムリープについて、詳しく解説します。

実は、勇者クロノアは時を渡る能力、『時間旅行』を持っています。

文字通り、時を渡る能力で、過去に飛び、何度も自分の生を繰り返すことができます。

このタイムリープを繰り返している理由は、自身の敗北によってより悲惨な未来になることを避けるためです。

 

世界の敵、ユウキはあまりに強く、勇者クロノアは「真なる勇者」として覚醒する必要がありました。

そのため、自信の経験、歴史を繰り返すことで、真なる勇者になるたの成功ルートをトライアンドエラーで探しているのです。

これは「勇者育成プログラム」と呼ばれています。

例えば、300年前にヴェルドラと闘っているのも、ユウキの手の届かない時代で勇者として鍛えることが目的にあるでしょう。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】クロエの相棒は坂口日向!!

坂口日向は、シズの教え子の一人、女性で神聖法皇国ルベリオスの守護を主とする聖騎士団の団長。

日本にいたときに暴力を振るう父親を殺していて、それでいてこちらの正解では「争いのない平等な世界を作る」という意思を持ち、「精霊に愛されている」人物です。

強烈なキャラクターですが、彼女もクロエとすごく強い関係を持っているのです。

 

少し話は進みます、

ルベリオスと魔国の和解が成立し、文化交流会を行う事を計画した時のこと。

七曜の老師であり西方諸国を裏で牛耳るロッゾ一族の長・グランベルとユウキの陰謀が絡み合い、西方諸国は混乱に陥ります。

ここで、ヒナタはグランベルトの戦いに挑むのですが、圧倒的な勇者の力を見せつけられてしまいます。

奥の手であった『強制簒奪』も攻略され、絶望的な状況になり、グランベルの必殺技である『崩魔霊子突(メルトストライク)』により胸を貫かれてしまいます。

そして、ヒナタは魂ごと消滅してしまいます。

 

しかし、消滅したはずのヒナタの魂は「時の勇者」クロエと融合します。

そしてそこで、クロエから何度もタイプリープしている事実を告げられます。

その度にヒナタはクロエの魂と融合していて、毎回バッドエンドを迎えていること、今回の時間軸では初めて成功ルートを辿りそうであること。

そう、ヒナタは「時の勇者」クロエとタイムリープを一緒に繰り返している相棒と言えるのです。

 

さて、この後さらにドラマティックに物語は進むのですが、解説にここまでにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

大人しい美少女クロエは、実は勇者クロノアであり、魅力的な多くのキャラクターと一緒に物語をつむいでいきます。

主人公リムル以外に注目しても壮大なストーリーがあるのは転スラの醍醐味ですね。

アニメ第二期も目が離せませんので必見です!

キャラクター達の生き様を映像で堪能しましょう。

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒まさかの黒幕ユウキ!スキルは使えないが体が衰えない!!・・

⇒神の右手の名は伊達じゃない!ヒナタは争いのない世界を作りた・・

⇒ディアブロの唯一の部下のヴェノム!天使の能力を奪い取る!?・・

⇒かつては勇者だったレオン!魔王を返り討ちにしたことで魔王と・・

⇒勇者は何人もいた!?ミリムの言う勇者を巡った因果とは??・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です