最新ネタバレ『ゴールデンカムイ』266-267話!考察!ウイルクが殺された理由とは!?鶴見の言葉がソフィアを追い詰める!

スポンサーリンク



アシリパとソフィアを確保した鶴見は、念入りに人払いして彼女たちと話をする場を設けました。

ソフィアに自分が長谷川幸一だと気づかせ、鶴見が話をし始めたのは「誰がアイヌたちを殺したのか。どうしてウイルクは殺されなければならなかったのか」ということ。

ソフィアを交え一体何を話そうとしているのでしょうか。

第266話は『小指の骨』。

物語の核心に迫ってきましたので、盗み聞きしている月島・鯉登と共に様子を窺いましょう!

 

スポンサーリンク

『ゴールデンカムイ』266話!のネタバレ

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

それでは『ゴールデンカムイ』266話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ウラジオストクという場所

1897年(明治30年)。

鶴見は月島を連れウラジオストクに来ていました。

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

「ウラジオストク」の意味は「極東を支配せよ」。

ロシア極東唯一の凍らない港であり一年中使える軍港であるこの場所は、日本にとっても重要戦略地点。

戦争になればここの占領は必要不可欠と中央には強く言っているのだと鶴見は語ります。

その時、背後から「日本人か?」と老人が近づいてきました。

「ハセガワという男を知っているか?6年前に行方不明になった」

しかし当時の月島は恐らく監獄を出たばかり。

まだロシア語が堪能でないため、「妻と娘の遺体が…」と語る老人の話を把握しきることが出来ず鶴見に助けを求めます。

ところがすでに鶴見の姿はありませんでした。

 

スポンサーリンク

あの時の真実に気づく月島

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

月島が探し歩くと、鶴見は焼け落ちた建物の前に立っていました。

それは長谷川写真館だった建物。

月島は先ほどの老人が「ハセガワ」と言っていたことを受け、鶴見に「知り合いですか?」と尋ねました。

鶴見はウラジオストクの日本人街に在留邦人が何千人もいることを挙げてはぐらかします。

しかし、かつて鶴見の新潟の墓参りについて行った月島はふと思いました。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

「たしか鶴見中尉の母君の旧姓もハセガワでは?」

鶴見は「記憶力がいいな」と少し睨むように言いながら、「新潟にはよくある名字だ」と告げたのでした。

この話を回想していたのは月島。

(あのハセガワは鶴見中尉のことだったのか…)

今、月島の頭の中でウラジオストクでの出来事が繋がりました。

 

スポンサーリンク

すべての始まり

“アシリパに真実を教える”として始まった鶴見の話で、最初に触れたのが「約50年前、一部の過激なアイヌたちは砂金緒大量に集めて何を企んでいたのか」ということ。

鶴見曰く、その答えは「帝政ロシアの海軍大佐から軍艦や武器弾薬を横流しさせて、幕府に対して蜂起を計画していた」です。

この辺は史実からある程度理解できると思います。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

しかし取引寸前になって、海軍大佐を含め取引に関わったロシア側の人間の乗った軍艦がウラジオストク沖で客船と衝突し沈没するという1867年「ロシア軍艦カレバラ事故」が発生。

つまりこれにより、アイヌの金塊は使い道を失い宙に浮いた状態になったはずなのです。

「ウイルクはその金塊の行方を追って北海道へ来た」

これがすべての始まりだと鶴見は言います。

そこでアシリパも、父が日本語を教えてもらったというロシアの写真館の人が鶴見だったことに気づきました。

ソフィアはあの日の出来事を思い出し震えています。

鶴見はそんなソフィアの前に立ち、骨をコリコリコリコリして威圧。

そして恨めしそうに見つめ言いました。

「あの日…秘密警察の目的は私だけだった」

フィーナが手配書を拾ってこなければ…それ以前にウイルクたちがあの写真館を選んでいなければ…

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

「妻と娘はウラジオストクで殺されずに済んだかもしれない」

鶴見の言葉は確実にソフィアを追い詰めていきます。

 

スポンサーリンク

フィーナとオリガの役目とは

当然これまでの話を月島&鯉登は聞いています。

当時鶴見が中央に呼びかけていたというウラジオストク占領は、日露戦争中に様々な要因から断念されたそう。

そして、その後の鶴見は満鉄の計画を推し進め日本の領土拡大を目論んでいる様子がありました。

が、その「日本繁栄のため極東への領土拡大」の本当の目的は、月島たちが聞かされた話から推測すると「戦友たちが眠る土地を日本にする」というものだったはずです。

これらを踏まえ、月島は(鯉登も?)思いました。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

「鶴見中尉の本当の目的とはまさか…“妻と娘の眠るウラジオストクを日本にする”という個人的な弔いではあるまいな?」

月島たちの疑惑をよそに、ソフィアへの尋問のような鶴見の話は続きます。

「妻と娘のこの世での役目は何だったのか。この骨に聞かせて欲しい」

彼女たちの犠牲の上に、ソフィアたちが何を得ることが出来たのか。

するとソフィアはボロボロと涙を流しながら、鶴見の問いへの答えではなくキロランケの手紙の内容を口にします。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

「ウイルク変わってしまった。アシリパが生まれたから」

キロランケがウイルクを殺した理由は、アシリパが生まれウイルクが変わってしまったからということのようです。

 

スポンサーリンク

本当の意味で飛び出す杉元白石

どうやら杉元と白石は鯉登が教会に入っていくのを見ていたようです。

となるとアシリパがいるのもここのはず。

しかし杉元は戦闘を想定し、土方たちを連れてこようと提案しました。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

白石は樺太での鶴見の様子から、暗号を聞き出すためにどんな手を使うか…と心配します。

しかしちぎれそうなほど唇を噛み今すぐにでも助けに行きたい気持ちを抑えている杉元を見て、杉元の提案に同意しました。

「よしッ急いで援軍を集めよう!!」

サッポロビール宣伝カーは土方一派の元へ動き出しました。

しかしドンッと勢いよく柱に衝突。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

2人して綺麗な姿勢でズボンッと車から飛び出してしまったのでした。

第264話で房太郎が見せてくれた慣性の法則、活かされてますね!

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ』ネタバレ266-267話のまとめ

まだ鶴見については色々な見方があると思いますが、今回は鶴見の本音半分策略半分といったように感じられました。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」266話より引用

鶴見はソフィアを追い詰めることで丸め込み、情報を引き出す、あるいはアシリパを味方にするために利用しようとしているように見えます。

そして動揺しているソフィアとの話の中で、アシリパの情にも訴え追い詰め、金塊の暗号を得ようとしているのではないでしょうか。

かといって鶴見のフィーナとオリガへの想いは本物だろうということは物語の端々から感じられていましたので、そこに鶴見の本当の目的がないとは言い切れません。

けど、それが本当の目的だったら月島だけでなく鯉登も納得しなさそうです。

意外にも鯉登も青筋を立てていますから。

彼らが鶴見の言動をどう解釈していくのか注目ですね。

そして鶴見は自分の情報とキロランケの手紙から推測したのでしょうが、確かにウイルクたちは樺太の時点で金塊の情報を知っていそうな雰囲気でしたので、彼らが北海道へ来た目的は合っていそうです。

しかしアシリパが生まれたことでウイルクが変わり、キロランケと意思を違え殺されてしまったということのよう。

キロランケは狼のように時には冷酷なほど合理的なウイルクを「心から信頼して愛していた」と言っていましたから、ウイルクがそうではなくなってしまったことで元々の予定が達成できなくなると感じたのでしょうか。

自分が生まれたせいで父が殺されてしまったという話はアシリパにとって更に重い枷になってしまいそうですが、アシリパが生まれたことでウイルクが“どう変わったのか”と言う点がアシリパの心を左右すると思うので注目です。

次回は、変わってしまったとは言えウイルクが殺されなければならなかった理由や、我慢して土方らを探しに行った杉元たちの動きなどが描かれれば良いなと思います。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『ゴールデンカムイ』268話!アイヌ殺害は仲間割れ!?鶴見の・・

⇒『ゴールデンカムイ』267話!金塊のキーマン発見!・・

⇒『ゴールデンカムイ』265話!内緒話を盗み聞き!・・

⇒『ゴールデンカムイ』264話!鶴見とソフィアの再会!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です