【進撃の巨人】巨人化能力継承候補生を鍛えるマガト!厳格で圧のある物言いの裏側に隠された優しさとは?

スポンサーリンク

マーレ軍そしてエルディア人隊士隊長と言う「進撃の巨人」の登場人物の中でも重要なポジションを担うテオ・マガト。

非常に注目度の高い登場人物です。

厳格な性格で常に冷静沈着なマガト隊長を詳しく見たいと思います。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マガトのプロフィール

マーレ陸軍エルディア人部隊隊長の肩書を持つテオ・マガトは身長174cm.体重80kgの中年男性です。

陸軍の他にも九つの巨人を継承したエルディア人のマーレの戦士を鍛え上げるという戦士候補生の隊長も担い、その候補生の中から実力のある最適な戦士を選び抜く任務も兼務します

 

スポンサーリンク
"
"

【進撃の巨人】マガト隊長の正体とは?

マーレ人でマーレに忠誠を誓うマガトは他のマーレの戦士同様にエルディア人に対して威圧的、高圧的な態度、言動は見受けられますが差別的要素は薄いようで候補生達も暖かく見守る様子が伺えます。

一方でマーレに対しても批判的な姿勢や上層部の意向に意見する姿もあります。

その様子から幼少期よりエルディア人を人と思わない教育を受けた裏返しとなりマガトは形成されたという話もあります。

また教育を行なった父親はグロス曹長なのではと言う説もあります。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マガトが務める巨人化能力継承候補生の試験とは?

マーレではエルディア人を対象に戦士を募集しています。

その中から体力・射撃技術・知力・格闘術・マーレへの忠誠心といったあらゆる分野の試験を行い、合格した者が戦士候補生となります

そしてその後の厳しい訓練や戦場での実戦を経て、最終的に選ばれた少数が「マーレの戦士」となり九つの巨人を継承する権利を得ます

テオ・マガトはその指揮官となります。

候補生にはエレン・イェーガーやライナー・ブラウン、ガビが在籍します。

選ばれた戦士は九つの巨人の継承権だけでなく一族を含め「名誉マーレ人」としてマーレ国内での自由な生活が保証されます。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マガトが言う悪魔の末裔とは何?

冷静厳格なマガト隊長ですが時折り「薄汚い豚の末裔」と汚い言葉があります。

これはマーレ人特有の発言で幼少期より教え込まれた教育のせいだと思われます。

エルディア人は巨人化出来る力を使いマーレを支配してきました。

145代フリッツ王が起こした巨大大戦の後にパラディ島に移住せずに残ったエルディア人は死刑になりましたが、死刑を免れた一部の大陸に残ったエルディア人やその子孫達は「悪魔の末裔」と言われ酷い扱いを受ける事になります。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マガトとジークの関係冷めきっている?

マーレ軍隊士長の立場ながらエルディア人に対して差別的要素はあまり感じられなく、候補生達を暖かい目で見守るマガトですが「獣の巨人」の継承者で王家の血を引くマーレの戦士ジーク・イェーガーには気を許していません

マガト曰く「20年以上お前を見てきたが、未だ底知れぬガキのままだ」と言い、候補生時代からのジークとの関係性が伺えます。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マガトの送り出した優秀生とは!?

テオ・マガトは候補生からマーレの戦士になったライナー、アニなどを育てています

またエレンやジークも候補生からです。

巨人の力は継承出来ませんでしたがガビやウドなど優秀な候補生も多くいます。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マガトと始祖の巨人の戦い

テオ・マガト隊長はタイバー家と合流し称号を隊長から元帥に昇格した上でエレンの持つ「始祖の巨人」と戦います。

マガト元帥はピークの車力の巨人の上からエレンの頸に向け大砲を放ちます

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】マガトは自爆死した??

リヴァイやハンジ達と手を組みエレンを止める為にイェーガー派と激しい戦いが始まります。

アズマビトの飛行艇でエレンを追いたいリヴァイ達ですがフロックを初めとするイェーガー派の激しく攻撃され巨人化したライナーやアニも窮地に陥ります。

それでも何とか船に乗り込むリヴァイ達。

マガトは殿を務めると船に乗らずに地上に残ります。

追わせない為に他の船を破壊しようとしますがイェーガー派に見つかります。

そこへ助けに現れたのがキース教官でした。

イェーガー派の増援軍が乗った列車を脱線させたのもこのキース教官です。

その事に気づいたマガトは「壁を破壊せよと命令したけど間違っていた、幸せに生きて欲しかった」と話し、キースは成長するアニ達を見て心が変わったと話します。

そして、2人は死に場所を選ぶことは出来ると仲間の乗った船を追わせないように残った船を爆破します

 

スポンサーリンク

まとめ

エルディア人は悪魔だと教育され生きてきたマガト隊長、エルディア人は豚の末裔だと酷い言葉もありその上、厳格な性格、冷静沈着と一見すると血も涙もありそうにない感じですが実はあまり差別する事なく候補生も暖かく見守り、またエルディア人が騒ぎを起こしても目をつぶったりと器の大きさを感じます。

優秀な軍人であり数々の候補生をマーレの戦士に育てていますがキース教官と話した際は「皆に幸せに生きて欲しかった」と言います。

そして仲間を追わせないようにキース教官と共に船を爆破し死亡します

この様子を船から見ていたアニ達は涙を見せます。

色々と意味の深いキース教官との会話をしメッセージを身をもって示したマガト隊長。

エレンを止め和解の第一歩になるのかを見届けたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒キースはただの傍観者じゃない!グリシャとの関係は?キースが再・・

⇒ガビが見たパラディ島の真実!悪魔なんていない!?ガビに起こっ・・

⇒ピークは縁の下の力持ち!実はマーレを倒すのが目的!?ピークが・・

⇒戦鎚の巨人を管理するタイバー家!救世主の末裔と言われる所以・・

⇒ピクシス司令のあっけない最期!司令死亡で駐屯兵団は消失!?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です