最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』205-206話!考察!ボーイズトークには危険が潜む?!御行の本音がかぐやにバレた?!

スポンサーリンク



とある日の生徒会室。

石上は御行に突然こんな質問を投げかけました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

「おっきいおっぱいとちいさいおっぱい どっちが好きですか?」

突然のフリに御行は驚きます。

石上がもちかけたのはボーイズトーク!

2人きりの生徒会室で御行と石上はおっぱいトークで盛り上がりを見せ始めて…?!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』205話!のネタバレ

それでは『かぐや様は告らせたい』205話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

御行のおっぱい談議

石上に突然フラれたおっぱいトーク。

御行は最初こそ「巨乳でも貧乳でもどっちでも良いだろ…」と興味なさそうな態度でしたが…。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

何気ない顔で語り出したのは熱いおっぱい談議でしたw

貧乳については「豹のようなスラッとしたシルエットは清楚感と神秘性があってエロスを感じない所にむしろ禁断のエロスを感じる」としました。

次いで巨乳については「シンプルに本能に訴えてくる 圧倒的視覚情報に男は抗えない」としました。

最後に平均的な大きさについては「服のシワ感だったりプロポーションが綺麗に見える服も多く最も女性的な魅力を…」引き出せると感じているようです。

涼しい顔で一気に語り切った御行に石上は一言。

「会長っておっぱい博士だったんですね」

ちょっぴり心外そうな御行なのでした。

 

スポンサーリンク

ボーイズトーク

男同士の会話、ボーイズトーク!

その内容は基本的に猥談です。

異性である女性の目を忍び、デリケートな情報交換を行うのです。

しかし所詮童貞たち(御行&石上)には精々おっぱいトークが関の山でしたw

「結局会長はどっち派なんですか?」

石上が再び問いかけてきます。

御行はかぐやを思い浮かべて答えました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

「やっぱ貧乳派かな 胸に関しては大は小を兼ねたりしねぇ 結局中身だと思うんだよ」

御行の話はおっぱいトークではなくかぐやトークになっていきますw

「それにあのスラっとしたシルエットが可愛いと思う」

石上は優しく微笑みながら御行に言いました。

「マニアックっすねぇ」

石上曰く、貧乳派は少数派。

ややロリ趣味のマニアック感は拭いきれないとのこと。

おっぱいトークにおいては巨乳派が圧倒的大多数です。

貧乳好きを公言した時点でその人はイジられポジションを与えられてしまうのです…!

 

スポンサーリンク

憤慨する御行

教室にて、御行は石上の「マニアック」発言に憤慨していました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

(控えめな胸が好きで何が悪い!好きな女を構成するものが好きって言って何が悪い!それを許容しない世間の方が悪いだろ!!)

(ていうか公言しないだけで絶対 好きなやつ多いし!俺は絶対マニアックじゃない!!)

少数派はイジられやすいだけで別に世間が許容してないわけではないんですけどねw

御行はマニアック呼ばわりされたことが非常に気に食わなかったようです。

 

スポンサーリンク

ボーイズトーク再び?!

教室で1人憤慨していた御行の様子を見た帝と翼が声をかけてくれました。

自分が一般的であることを証明したい御行は、2人を人気のない階段の踊り場まで連れて行きました。

いつもとはまるで違う御行の様子から、帝は最悪のケースを連想しました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

「もしかして四宮本家の連中がもう…」

しかし今の御行が聞きたかったのはただ1つ。

「お前たち…おっきいおっぱいとちいさいおっぱい…どっちが好き?」

帝はげんなりした顔を浮かべました。

「真面目な話だ!ちゃんと答えろ!」

真剣におっぱいの好みについて聞いてくる御行に直に触れた帝は、翼に耳打ちしました。

「白銀御行って思ってた以上にヤベェ奴なんだな…」

「うん 割としっかり変だよ」

翼の御行に対する評価、ドンマイですねw

 

スポンサーリンク

次元の違い

御行の必死さに押され、帝は仕方なく自分の好みについて話しました。

「まぁ大きい方が好きかな」

御行は悔しそうです。

やはり貧乳派は上手なのでしょうか?!

帝の話には続きがありました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

「でも条件があって 少し垂れてるおっぱいの方が好きだ」

「マニアックだな!」

御行は思わずツッコミました。

人はマニアックと言われると嫌なものなのでしょうか…。

帝も御行同様、自分がマニアックじゃないことを証明しようと必死に独自の見解を説明し始めました。

結局、聞けば聞くほどマニアックすぎて御行は引いていくのですがw

ここで翼が優しくまとめました。

「僕は理解できるよ」

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

「どっちもいいと思う おっぱいに貴賎は無いよね」

御行の言う貧乳の良さも、帝の言う垂れた巨乳の良さも翼は理解できたようです。

なぜなら、翼は経験があるから!!

御行と帝は翼の話ぶりから自分たちとの次元の違いを即座に見破りました。

 

スポンサーリンク

童貞たちの告白

翼は自分の話に対する2人の反応がイマイチなことに気が付きました。

「あれ?これって共感されない話だった?2人とも経験あるんだよね?」

帝は咄嗟に「わかるわかる!それな!」と口走りました。(帝の正体はモンスター童貞です)

翼から見た御行→彼女いる(当然、経験者)

翼から見た帝→モテモテ(当然、経験者)

帝に続けて御行も嘘をつきかけましたが、御行は手に力を込めて、本当のことを話しました。

「本当のことを言うよ…俺は童貞だ」

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

「周りからモテてると思われたくて 本当は経験ないなんて言うの恥ずかしくて自意識が過剰で…本当は胸も揉んだ事がない」

「ずっとお前を騙していた すまん」

御行はついに秘密を告白しました。

翼は常に御行に感じていた壁の正体を知りました。

「嬉しいです 言ってくれて」

「なんか やっと友達になれた気がします」

翼は頭を下げた御行と目が合うように屈んで笑顔を見せました。

 

スポンサーリンク

ボーイズトークの効能

そして、感動のシーンに黙っていられなくなった童貞がもう1人…。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

「すまん!俺も本当は童貞だ!つい見栄を張った!」

帝もカミングアウトしました。

御行と帝は童貞同士、慰め合いましたw

「帝もかぁ!」

「俺もだ御行ぃ!」

そんな2人を見た翼はちょっと羨ましそうな顔をしていました。

「ねぇ…僕も2人を下の名前で呼んで良い?」

「あぁ勿論」

3人は下の名前で呼び合う仲に進化しました。

おっぱいトークから始まったボーイズトーク。

それは男たちの絆を深める秘密の交流なのでした。

 

スポンサーリンク

ボーイズトークの注意点

仲を深めた3人は踊り場に座り込み、引き続きボーイズトークを続行中です。

翼には気になっていることがありました。

御行は童貞…ですが彼女がいる…と言うことは?!

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

「御行も付き合い始めて4ヶ月とかだよね そろそろ…じゃない?」

一方、帝は転向してきたばかりなのでかぐやが彼女であることを知らない模様。

「いや彼女いるのかよ!速攻裏切られた気持ちになったわ…」

帝には彼女がいないことも判明しましたね!

男たちの関心は御行の初体験に集中していきます。

「したくないの?」

「どうなんだ?」

御行は照れながら言いました。

「いやそれは…」

でもここで一点、注意点があります。

ボーイズトークは女子禁制!

周りに人がいないから十分に確かめてからすること。

万が一、話が外に漏れでもすれば人間関係が大きく変わってしまう事もあり得るのだから…。

しかし、盛り上がる男子たちはそれを怠ってしまいました。

「正直めちゃくちゃしてぇよ?!」

「だよねーっ!」

御行はボーイズトーク特有の高揚感に煽られ、いつも以上に素直で思い切った発言をしました。

その影で、かぐやが全てを聞いていることも知らずに…。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

御行の本音を知ってしまったかぐや。

2人の関係はどうなってしまうのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ205-206話のまとめ

今回は石上がぶちこんだ「マニアック」発言からボーイズトークが炸裂するお話でした。

かぐやと付き合うまでは漠然と巨乳派だった御行。

恋は人を変えます。

すっかり貧乳派(というよりかぐや派)となった御行は自分の正当性を確かめたくて、帝と翼を呼び出し、ボーイズトークを再開させます。

話の流れから、翼に自分が本当は童貞であることを告白した御行。

このシーンは翼の優しさが光りますね。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

猥談から始まったのですが、とてもキレイに男の友情がまとまりました!

ついでに帝の恋愛事情も判明しました。

恋人なし、童貞。

これから帝も素敵な恋をするのでしょうか?

(姉の眞妃が恋愛を拗らせがちなので難しいかもしれませんが涙)

ボーイズトークは御行の初体験に集中していきました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」205話より引用

本音を聞かれた御行は男子たちの手前ということもあり「正直めちゃくちゃしてぇよ?!」と素直すぎる発言をしています。

しかし…実はこの会話、かぐやに聞かれていたのです。

御行の本音を知ったかぐや。

次に御行と会った時、どんな反応をするのでしょうか?!

これからもますます目が離せません♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『かぐや様は告らせたい』207話!自意識過剰?!翻弄され・・

⇒『かぐや様は告らせたい』206話!ガールズトークはドキドキ?!・・

⇒『かぐや様は告らせたい』204話!かぐやは猫嫌い?!・・

⇒『かぐや様は告らせたい』203話!御行と伊井野は怪しい?!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です