最新ネタバレ『カッコウの許婚』48-49話!考察!別荘再び?!ついに同居がひろにバレる?!

スポンサーリンク

「私の許嫁が海野君だったらよかったのにな」

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

ひろに言われた言葉に一喜一憂する凪を見たエリカは、再び別荘にひろを誘い、そこでひろの真意を確かめようという提案を持ちかけます。

今度行こうと計画している別荘は、前回の勉強合宿の時とは別のところで、なんとプライベートビーチ付き!

しかし凪は浮かれた様子のエリカに苦言を呈しました。

「俺は行かないぞ」

「せっかくの夏休みだと言うのに勉強しないでどうすると言うんだか!」

果たして一大イベントの行方はどうなるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『カッコウの許婚』48話!のネタバレ

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

それでは『カッコウの許婚』48話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

再び別荘へ!

凪にとって夏休みは勉強一筋!

それが去年までの恒例でした。

さらに凪には別荘に行かなくてもいいと思える理由がありました。

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

「そもそもの話 優等生の瀬川さんがッ 別荘に遊びに来る理由がどこにもないだろうが!!」

凪は別荘にひろが来るわけないと考えていたようです。

しかし…。

エリカがさっそくLINEでひろをお誘いすると凪の予想を裏切り、ひろは参加決定!

その瞬間、凪も「行きます!!」と態度を180度変換させました。

ひろパワー恐るべし…ですね。

「まー別に?凪くん来なくても検証はできるんだけどね?」

浮かれた凪はエリカの嫌味も何のその!

ひろの水着姿を期待してウキウキですw

こうしてみんなで別荘に行くことが決まりました。

 

スポンサーリンク

幸はお留守番

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

「まずは買い出しに行くわよ!!」

「オオー!!」

エリカと凪はさっそく別荘に行くための準備に取り掛かりました。

「アタシお留守番してるー」

幸は一応、受験生なので別荘で楽しむ為にも今のうちに勉強をしようと考えているようです。

凪はそんな幸に感心した様子です。

幸は凪の浮かれた態度に「浮かれお兄だまれ」といつもの辛辣な言葉を投げ返しましたw

幸は凪とエリカが買い出しに行くと同時にスマホを操作しています…。

一体何をしようとしているのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

買い出しスタート!

エリカはカゴいっぱいに必要なものを詰め込み、満足気に凪を呼びました。

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

しかし凪はエリカに「これも買おう!」とあるものを見せました。

“スイカを割るための棒”です。

エリカの表情を見た凪は熱弁します。

「こういった棒はいざ現地で適当に探しても見つからないものなんですよ!!」

「なるほどね 買いだわ!!」

チョロいエリカは即決、予備にと2本も買うことになりましたw

これで終わりかと思ったら、凪にはまだ提案がありました。

それは”銛”です。

今度行く予定のエリカの別荘はプライベートビーチなので、外から人は入れません。

凪はその逆を考えていました。

「もし…なんらかの事情で別荘に隔離されるようなことが起きれば…自給自足は免れない!」

「買いだわ」

またまたチョロいエリカは即決、こちらも2つ買うことになりましたw

 

最後にエリカが”日焼け止め”の必要性に気がつきました。

凪は店員さながら「でしたらコチラのスプレータイプがオススメです」と手に取って紹介を始めました。

しかし、チョロいエリカも今回ばかりは考えがありました。

「ノンノン凪くん だってホラ…ひろちゃんに塗れるカモ?!」

邪な提案に凪は頭を抱えました。

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

「ダメだ!ダメだ!俺が手で塗って瀬川さんの日焼けにムラができたらどうするつもりだ?!」

凪の無駄な責任感が炸裂しましたw

「じゃあスプレータイプでいいわよ…」

エリカが折れたものの、凪の返答は…。

「念の為 両方買っておきますね」

ひろに直接塗れるカモ?という夢を捨てきれなかった凪なのでした!

 

スポンサーリンク

バスを待つ間に

買い出しを終え、2人はバス停でバスを待つことになりました。

エリカは凪との買い物を通して、気づいたことがありました。

「凪くんて海遊び詳しいね?」

「詳しいと言うか…まぁ家族でよく行ってたしね だって海はタダだし?」

海野家は貧乏だった上に、両親は定食屋を経営しています。

みんなが休みの日が稼ぎ時でもある為、夏休みは忙しいのです。

でも暇そうにしている凪と幸を見ていた両親は、気遣ってなのか、よくお店を開ける前に海に連れて行ってくれました。

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

はしゃぎ回る幸、海そっちのけで本を読む凪、そんな凪を遊びに引きこんでくれた母…。

(父だけが登場しないのはお店の準備をしていたからでしょうか汗)

凪の思い出話を聞いたエリカは「いいなー楽しそう!」と素直に言いました。

エリカにとって海はいつも1人でした。

ホテルをこっそり抜け出して1人で浜辺を散歩していたのです。

「だから楽しみなんだ みんなで行く海!」

エリカの言葉に凪は何かを感じたような表情を浮かべました。

 

スポンサーリンク

バスの中で

ようやくやってきたバスに乗り込み、2人は家路につきました。

バスの席は狭く、2人で並んで乗ると肩がぶつかりそうな距離感です。

カーブに差し掛かると、凪とエリカの肩は触れてしまいます。

「ちょっと!くっついてこないでよ!」

「カーブなんだから仕方ないだろ?!」

騒ぐ2人の声を聞いたバスの運転手は(青春だなぁ…)と温かい目を向けてくれましたw

凪とエリカが許嫁であることは、ひろに既にバレています。

でも、同居していることはバレていません。

エリカはこれからも「一緒に住んでいることはバレないようにしないとね…!」と凪に持ちかけました。

できればひろに隠し事をしたくない凪でしたが、エリカに「すごい軽蔑されると思うしヘタしたら二度と話してもらえないわよ」とまで言われ、隠し通すことを決めました。

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

「それに…私と凪くんだけの秘密じゃん」

エリカはちょっぴり嬉しそうに言いました。

凪は驚いた顔をした後に、エリカと同じようにちょっぴり嬉しそうに「ま、まぁ…」と返しました。

その時またカーブに差し掛かり、2人の肩は触れてしまいます。

 

スポンサーリンク

バレちゃった?!

買い出ししたグッズを身につけ、幸を驚かそうと企む凪とエリカ。

「アローハー!!」

息を合わせて部屋に飛び込むと、そこに居たのは…

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

ひろと幸でした。

「アロハー!おじゃしてるよー」

まさかのひろ登場に固まる凪とエリカ。

「あー アタシが呼んだの」

凪が出かける時に幸がスマホをいじっていたのはひろを呼び出す為だったようです…。

「海野君とエリカちゃんて一緒に住んでたんだね…!」

さらにひろの口から爆弾発言が飛び出し、凪大ピンチ!!

「なーんかおかしいと思ってたんだよね 2人っていつも同じシャンプーの匂いしてたし?」

エリカは必死で弁明しようとしましたが、ひろはニヤニヤと凪を見続けています。

「2人って許嫁だし?怪しいなーって思ってたんだよねぇ…!」

凪は言い逃れができない事態に追い込まれてしまいます。

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

なぜ、幸はひろを呼び出して同居の事実を教えたのでしょうか?

このメンバーで行く別荘への旅行はどうなってしまうのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『カッコウの許婚』ネタバレ48-49話のまとめ

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

今回のお話は凪とエリカの同居がひろにバレてしまう!!という展開でした。

プライベートビーチ付きの別荘に、ひろの真意を探るための旅行に行く計画を立てたエリカ。

本末転倒な展開となってしまいましたね…。

ひろは凪に対して悔しさや切なさのようなものを感じているかもしれませんね。

凪が告白してくれる度、本当は嬉しかったはずのひろなので…。

凪とエリカが仲良くしていることや、ましてや同居までしていることはひろにとってジェラシーを感じてもおかしくないですよね。

今回の出来事は幸の策略と言ってもいいでしょう。

幸はあえてひろを呼び、同居の事実を伝えています。

幸は最初から許嫁(エリカ)がいるのに、ひろとデートを重ねる凪に納得していませんでした。

もしかしたら、深追いする前に凪とひろとの仲を壊したかったのかもしれません。

何にしてもエリカが大切にしていた”私と凪くんだけの秘密”は脆くも崩れ去りました。

(ちなみに、幸もいるよ〜と思った人は他にもいるはず!w)

吉河美希「カッコウの許嫁」48話より引用

この修羅場にも近い状況をどう乗り切って行くのでしょうか?!

次週もますます目が離せません♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『カッコウの許婚』50話!幸とひろ激突?!運命の一夜の相手は・・

⇒『カッコウの許婚』49話!ひろへの懺悔旅行開幕?!凪&幸にも・・

⇒『カッコウの許婚』47話!1位奪還の凪はひろに再び告白?!・・

⇒『カッコウの許婚』46話!幸から衝撃のお願い?!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です