最新ネタバレ『ブラッククローバー』278-279話!考察!ジャック覚醒!生き残る方が強え!

スポンサーリンク

前回277話では、ユノの槍がゼノンの胸に直撃して彼の胸に穴が空いています。

場面が変わり、ヴァニカと対峙するリルとシャーロット。

リルが絵画魔法「スーテロンのうねり」を繰り出しますが、ヴァニカは「いろんな属性出せて面白いけど。それだけって感じ」と評価します。

次に荊魔法は全然ダメだとヴァニカはシャーロットを評価し、ダンテを倒したアスタと戦いたかったと言いだします。

シャーロットの回想。

半年間ハート王国の魔言術式を学び、それは周りも尊敬するほど勉強熱心でした。

ハート王国の人はシャーロットを天才だと言います。

彼女は自分の魔法にかけられた巨大な呪いの力をコントロールできていたと思っていましたが、違っていたと気づきます。

シャーロットは「呪いの元凶のせいで私は強くなってしまったぞ」と言い、魔言術式をリルの魔法の中で展開し、改荊魔法「碧薔薇の楽園」を繰り出します。

ヴァニカは最高の相手が見つかったと嬉しそうに向かってきます。

するとシャーロットの荊がヴァニカにまとわりつき、ほどくことができません。

シャーロットと戦いたいヴァニカに、シャーロットは容赦なく荊で攻撃していきます。

「油断し奢り高ぶり警戒を怠るからこうなる」と言い、そのままヴァニカは荊に取り込まれていきます。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』278話!のネタバレ

田畠裕基「ブラクロ」278話より引用

それでは『ブラッククローバー』278話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

モード・エクウス

田畠裕基「ブラクロ」278話より引用

ジャックがデスサイズ「狂い裂き」を繰り出しますが、傷がついたダンテの体はみるみる回復していきます。

モリスの魔導学がダンテの肉体の再生機能をさらに高めているようです。

「私に傷をつける可能性があるとしたら反魔法だけだ」と言います。

ナハトはそのことを知っていて、斬れないものも斬ることができるジャックの魔法にかけるしかないと思います。

ダンテが重力魔法「魔王の御前」を繰り出すと、ジャックは重力に押しつぶされそうです。

田畠裕基「ブラクロ」278話より引用

ナハトは悪魔同化「モード・エクウス」になり、特性の剛健で重力に打ち勝ちます。

盾のようなものが左右に現れ、ナハトの顔を仮面のようなものが覆い、足にもアーマーがついています。

やはり、まだモードがありましたね。

それを見てダンテは悪魔憑きがまだいたことに驚きながらも嬉しそうな様子。

 

スポンサーリンク

煽るナハト

ナハトは床に這いつくばっているジャックに「でかいのは身長と態度だけかい」と言って煽ります。

なんかナハトらしいですし、ジャックの性格をまるで理解しているようです。

田畠裕基「ブラクロ」278話より引用

ちゃんと実力で示してくれないかとさらに煽ると、無視されていたダンテが殴り掛かってきます。

それを盾で受けてダンテに蹴りを入れますが、決定打にはなりません。

ナハトは打ち合いはできるようです。

ダンテはもっと悪意を見せてくれと戦いを楽しもうとしています。

 

スポンサーリンク

荊女王

ナハトがジャックに攻撃させようと考えていると、ダンテがジャックに攻撃を仕掛けます。

ジャックの過去回想。

田畠裕基「ブラクロ」278話より引用

父親は平民の漁師で小型の獣や鳥を狩って生活していました。

口癖は「自分より強いものには手を出すな」という保守的な人でした。

ジャックは魔法が使えるようになってから父親と同じように弱い生き物を狩り続けます。

ずっとこんなふうに生きるのかと考えたこともありました。

13歳のとき、父親が山から死んで帰ってきます。

ジャックは「そりゃそうだよな」と思います。

父親の背中には巨大な爪痕が残っていました。

田畠裕基「ブラクロ」278話より引用

その後、ジャックは巨大な山の主に挑んで勝ち、魔法騎士団に入ることを決めました。

 

ナハトがジャックを盾で守ります。

ジャックは何もしていないわけではなく刃だけ動かして研ぎ澄ましているとナハトは気づきます。

ダンテはジャックをみっともないと言い、ヤミの名前を出して馬鹿にします。

その瞬間、ジャックの体から多数の刃が生え、重力を切り裂き、ダンテを切り刻みます。

田畠裕基「ブラクロ」278話より引用

「虫ケラなめんじゃねえ!」

と言ったその瞬間、ジャックは何度切り裂いても斬れなかったダンテの右腕を斬り落とします。

ジャックがやっと覚醒しましたね。

それにしても重力を斬るのは相当やばい能力ですね。

魔言をジャックは学んでいないのかもしれませんね。

まだまだ強くなっていきそうです。

そしてナハトの中でジャックの評価が変わりました。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブラッククローバー』ネタバレ278-279話のまとめ

田畠裕基「ブラクロ」278話より引用

今回は、ジャックを煽るナハト、ジャックを馬鹿にするダンテ、ジャックの過去、ジャックがダンテの右腕を斬り落とすなどが描かれました。

ジャック二人に煽られてなんか可哀想でした笑

しかし、しっかり覚醒してダンテの右腕を斬り落としました。

ヤミのライバルとしての面目は取れましたね。

魔言をまだ学んでいないのか、使っていないだけなのか分かりませんが、まだまだ強くなりそうですね。

次回は、ジャックがダンテの心臓に刃を突きつけると予想されます。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』280話!悪夢の始まり!魔神がもう一体現れる!・・

⇒『ブラクロ』279話!絶体絶命!最上級悪魔が召喚される!・・

⇒『ブラクロ』277話!真の力を出す荊女王シャーロットが・・

⇒『ブラクロ』276話!リベンジ!ユノがついに精霊同化して・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です