最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』203-204話!考察!御行と伊井野は怪しい?!伊井野の完全勝利?!

スポンサーリンク

御行は生徒会室で悩んでいました。

どうしたらかぐやを守ることができるでしょうか?

そんな御行を見かけた伊井野は声をかけました。

「四宮さんのことで悩んでるんでしょ?」

伊井野は全てお見通しです。

「高校3年と言っても世の中から見たら全然子供で 出来る事と出来ない事がハッキリとある」

御行はかぐやを取り巻く敵が強大すぎることもちゃんとわかっていました。

だからこそ、思い悩んでいたのです。

悩める御行に伊井野が絡み始めて…?!

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい』203話!のネタバレ

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

それでは『かぐや様は告らせたい』203話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

伊井野のアドバイス

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

「背伸びしても届かないものが多すぎる」

御行は伊井野の前で素直に弱音を吐き出します。

思いつめた様子の御行を見た伊井野はあるアドバイスを御行に伝えました。

それは”人に頼る事”です。

御行は何でも自分の力で解決しようとするところがあると伊井野は思っていました。

それでは勝てるものも勝てない、伊井野はそれを知っていました。

「『人を頼らない』というのは美学でも何でもなくて 単なる能力不足」

「困ったら頼って 困ってる人がいたら助ける 結局この形が一番効率がいい」

伊井野自身も、器用なタイプではありません。

今まで独りよがりな態度をとってトラブルになったこともあります。

そんな伊井野だからこそ、このアドバイスは御行にも届きました。

 

スポンサーリンク

頭なでなで

御行は伊井野の成長を喜んでいました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

「伊井野 最近大人っぽくなってきたんじゃないか?」

「最近色々ありましたから…」

伊井野は石上との恋で涙を流すことになりました。

御行にはその時に励まされ、慰められていたのです。

「先輩も”大人な”私にどんどん甘えてくれて構いませんよ?」

一皮剥けたのか、御行との距離感がおかしくなったのか、伊井野は御行の頭をヨシヨシと撫でながら余裕の態度ですw

 

スポンサーリンク

いつもの絶妙なタイミングで藤原登場!

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

頭なでなでの最中、藤原が元気よく生徒会室に登場しました。

その瞬間、伊井野はサッと手を引っ込め、御行は顔を逸らしました。

藤原はLチキとファミチキどちらがおいしいか白黒つけようと言い出します。

御行と伊井野は明るい藤原に適当に合わせて、張り付いた笑顔を作りますが…。

本当は藤原は見ていたのです!!

頭なでなでを…!!

「無理だきまずい!」

さすがの藤原も見て見ぬ振りを押し通すことはできませんでした。

 

スポンサーリンク

藤原の尋問

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

「なに今の頭なでなでは?!」

どストレートに藤原はツッコんでいきました。

どちらが上か白黒つけて楽しもうと買ってきたファミキチやLチキどころではありませんw

困った顔を浮かべた御行は「気にせず白黒つけてくれ」と苦しい言い訳しかできません。

「どっちも美味しくて上も下もありませんから!何でそうやって争いを生み出そうとするんですか!」

藤原が言い出したことなのに理不尽ですが、藤原らしさが出ていますねw

藤原はついに伊井野に御行との距離感がおかしいことを問い詰めました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

伊井野は言い訳することなく、頭なでなでを見てしまったことをかぐやと石上に内緒にして欲しいと言い出します。

“内緒”はトラブルの始まり…。

藤原は伊井野をサークルクラッシャーと認定w

さっそく警戒して忠告しました。

「大学行ってもオタサーには入らないで下さいね?!」

伊井野は石上にもテニサーや飲みサーに入るなと忠告されていたようで…。

「私はどこに入ったらいいんですか?」

藤原は100%の答えを持っていました。

「男が居ないサークルです!」

これなら男女間のトラブルになることはありませんねw

(それにしても、生徒会も広い意味で考えたらサークルなのでしょうか…?)

 

スポンサーリンク

伊井野が好きなのは…?

藤原は依然として御行と伊井野の関係を怪しんでいました。

そんな藤原には伊井野は切ない顔で言いました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

「私が好きなのは…ね?だから違うんですよ」

藤原も伊井野が好きなのは石上だと言う事を知っています。

伊井野のこの言葉を聞いて、ようやく御行との怪しい関係は”シロ”であると認定しました。

ただ、何にしてもいつの間にか御行と伊井野はとても仲良くなっています。

となると、気になるのは…。

「会長と私どっちが好き?」

御行はすかさず、さっき藤原自身も言った「白黒つけようとするな」とツッコミを入れました。

伊井野は「それは勿論藤原先輩ですよ」とそつなく回答します。

しかし!伊井野は自然な流れで御行の隣に座ってしまうのです。

これはカップルとその友達の席順!

(御行と藤原はテーブルを挟んで向き合って座っていた)

藤原は再び疑念を抱き始めます…!

 

スポンサーリンク

かぐやもついに登場!

かぐやの登場に、藤原は飛び付きます。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

「会長が私から伊井野さんを奪おうとするんです!裏でコソコソ仲良くなって!」

御行はかぐやに誤解を与える言い方をされてアタフタしますw

かぐやは冷静に「またいらぬ言いがかりをつけているんですか」と口にしながら藤原の隣に座りましたが…。

「でも興味ありますね 詳しく聞かせてくださいな」

本当はかぐやは冷静ではありませんでしたw

目は笑っておらず、黒い負のオーラを纏って御行を見ています。

御行は困りました。

伊井野とはそんな関係ではないものの、変な懐かれ方をしているのは確かです。

もしもかぐやに伊井野と絡むのをやめるように言われたら、生徒会の活動に支障が出ます。

 

スポンサーリンク

ダークかぐや降臨

御行はこの場を何とか収めようと必死で言い訳をしました。

伊井野も御行と一緒にただの先輩後輩であることを強調しました。

口ではわかった風を装ったかぐやですが…。

御行にはわかっていました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

かぐやの顔は全くわかっていない顔のまま。

むしろブラックホールのような目は恐怖すら感じますw

ダークかぐや降臨です!!

かぐやは心の中で、伊井野をどう処理すべきかさっそく検討に入っていました…。(怖すぎます…。)

そんなかぐやの恐ろしい思考を制止したのは伊井野自身でした。

 

スポンサーリンク

伊井野の内緒話

「四宮先輩 大丈夫ですよ 会長は四宮先輩にしか興味ありませんから」

伊井野はかぐやの耳元でそっと囁きました。

「私…会長と四宮先輩が付き合ってるの知ってますから」

伊井野は藤原に聞こえないようにwかぐやに内緒話を続けます。

今も、御行がかぐやのことで悩んでいたから、ちょっとからかっていただけ。

もともと伊井野はかぐやに御行とお似合いだと言い続けてきました。

「私は嬉しいんですよ そんな2人の中を裂くような真似は絶対しません」

ここで内緒話はおしまい。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

「そんなことになったら腹を切って死にます!」

伊井野はキリッとした顔で宣言しました。

かぐやはこの言葉でようやく伊井野を信じました。

 

スポンサーリンク

伊井野の完全勝利!

御行にも伊井野の内緒話は聞こえていません。

かぐやに何を話したか問いかけましたが、伊井野は多くを語ることはありませんでした。

「本当の事しか言ってませんよ」

伊井野の回答からは詳しくはわかりませんが、とにかくかぐやはわかってくれた様子です。

御行はホッと一安心しました。

「まぁ実際俺たちはそういうのじゃないし…」

「ですよ」

ここで、伊井野はあることを思いつきます。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

「でも、もしそうなったら一緒に腹切って死んでくれるんですよね?」

伊井野は楽しそうに冗談を言いました。

「お前の冗談はいつも重いんだよ」

御行は伊井野に対して恐怖を感じたのでしたw

今回は伊井野の完全勝利でした!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ203-204話のまとめ

今回は御行と伊井野の先輩後輩コンビが誤解されるお話でした!

伊井野は石上との恋を通して、御行とは仲良しの先輩後輩になりましたが、懐き方がちょっと変わっています。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

今回は、かぐやのことで悩む御行の頭をなでなで!

思わせぶりな態度をとってはからかっているようにも見えますが、これが今回の火種となってしまうのです。

いつものごとく、すごいタイミングで登場した藤原に頭をなでなでしているところを見られてしまいます。

その上、かぐやまで登場し、更に疑いの目は厳しくなっていきます。

かぐやの目は危険なレベルにまでダークになっていましたw

それだけ御行が大切ということなのですが、ちょっと怖すぎますね…汗。

でも伊井野の方が一枚上手でした。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」203話より引用

かぐやの耳元でそっと御行がかぐやのことしか考えていないことを伝えたのです。

さらにかぐやを裏切るようなことがあれば「腹を切ります!」宣言まで飛び出し、かぐやの心をガッチリ掴みましたw

最後は御行にも、もしかぐやを裏切り自分と何か起きるようなことがあれば「一緒に腹切って死んでくれるんですよね?」と冗談を飛ばしました。

気持ちの立て直し方や趣味も重い伊井野ですが冗談まで重いのでしたw

御行と伊井野コンビもだいぶ仕上がってきていますね!

次週はどんな展開が待っているのでしょうか?

これからもますます目が離せません♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『かぐや様は告らせたい』205話!ボーイズトークには危険が・・

⇒『かぐや様は告らせたい』204話!かぐやは猫嫌い?!・・

⇒『かぐや様は告らせたい』202話!帝と御行は友達に?!・・

⇒『かぐや様は告らせたい』201話!ついに3年生に進級!運命・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です