最新ネタバレ『ブラッククローバー』276-277話!考察!リベンジ!ユノがついに精霊同化してゼノンに会心の一撃を食らわせる!

スポンサーリンク

前回275話では、ナハトは魔法陣外縁の三か所にいる漆黒の三極性を各個同時撃破する作戦を考えました。

王城外に漆黒の使徒がいても、誰かが囮となり、必ず漆黒の三極性とは複数人で戦うという指令を出しました。

エルフとの戦いで自分の魔法が効かない存在を知ったメレオレオナは、一人旅に出て修行していました。

そんなとき、ナハトはメレオレオナに会いに行きました。

裸のメレオレオナにナハトが今のヤミとヴァンジャンスが攫われたこと、漆黒の三極性のことを話します。

彼女は、さらったやつには興味があると言います。

そしてナハトは絶好の相手を用意しますと言い、メレオレオナは面白いと言い伝説を倒すと意気込み、炎魔法「業火の化身」を発動します。

彼女自身がマナになり、魔神の攻撃を避けながら顎に一発叩き込み、さらにマナゾーンを全開にして「灼熱腕煉獄・深淵」で魔神を焼き尽くします。

魔神はメレオレオナのスピードについていけていません。

そしてシャーロットとリルがヴァニカ、ユノとランギルスがゼノン、ジャックがダンテに接触します。

今回は、ユノが活躍します。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』276話!のネタバレ

田畠裕基「ブラクロ」276話より引用

それでは『ブラッククローバー』276話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

無敵の防御

ゼノンと対峙するユノとランギルス。

ゼノンはユノが生きていることに驚くと、ユノはヴァンジャンスに助けられたことを明かします。

そして「団長を返してもらう」と言って魔法を繰り出します。

田畠裕基「ブラクロ」276話より引用

ユノはゼノンの能力は、骨魔法による絶対防御で大抵の物理攻撃が通用しないことを把握しています。

ゼノンは骨魔法でユノの攻撃を防御し、「国でじっとしていればいいものを」と言って完全にユノを舐めています。

 

スポンサーリンク

絶対空間

それに対し、ランギルスはゼノンに怒りをぶつけて「大天使の撃墜」を繰り出します。

空間魔法を使った多数の弾を繰り出しますが、ゼノンは「絶対空間」でその弾を無効化させます。

ゼノンは空間魔法でその空間の魔を支配して、封殺しています。

田畠裕基「ブラクロ」276話より引用

ランギルスは空間魔法「大天使の撃滅」を繰り出し、大きな空間の弾を作ってゼノンに投げます。

ゼノンは空間魔法「空魔掌握」を使ってランギルスの魔法を止めます。

ランギルス自体がゼノンの魔法の空間内に入ったために、ランギルスが魔法を保てなくなり魔法が消滅しました。

 

スポンサーリンク

精霊同化

ゼノンは「情にほだされたか」とユノ達を馬鹿にし、さらにヴァンジャンスをもバカにし、余裕の言葉を浴びせます。

ゼノンは情とか絆を心底嫌いなようです。

ゼノンは「くだらない誇りや夢を持つからお前らは死ぬんだ」と言います。

相当油断していますね。

田畠裕基「ブラクロ」276話より引用

ユノがベルを呼び、ベルはゼノンに宣戦布告し、精霊同化「スピリッド・オブ・ボレアス」します。

槍が現れ、王冠を被り、羽のようなものが生えています。

アスタは悪魔同化で、ユノは精霊と同化するんですね。

伏線だったかもしれませんね。

ゼノンは少し驚きますが、この空間内では何の力も出せないと油断しています。

「俺は魔法帝になる男だ」と力を解放すると、ゼノンの絶対空間内の魔が支配できなくなります。

ゼノンは逆に支配されているのかと驚きます。

いや魔に愛されていると気づきます。

ユノはゼノンの懐に入り「お前を一歩も動かすことさえできずに死ぬだったか」と言います。

田畠裕基「ブラクロ」276話より引用

そして槍をゼノンの胸に向けると、風がゼノンに向かって放たれ、胸を貫きます。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブラッククローバー』ネタバレ276-277話のまとめ

今回は、ユノ達を完全にバカにしているゼノン、ユノとランギルスの魔法がゼノンに止められる、ユノの精霊同化などが描かれました。

今回はユノ回でしたね。

アスタとの共闘が見たいですね。

田畠裕基「ブラクロ」276話より引用

精霊同化と悪魔同化どちらが強いのか、おそらく相性なので同等の力なのかもしれません。

精霊同化は、エルフのファナもできるのかもしれませんね。

今後、共闘してくれるならばとても楽しみですね。

ランギルスとユノの合体技も見られたらいいですね。

何だかんだこの二人いいですよね。

ゼノンはこのまま終わるわけがないので、合体技で倒すと思います。

今の悪魔の力の解放が何%なのか気になりますね。

ゼノンの余裕の表情が崩れるのがとてもスッキリします。

やっぱりアスタの反魔法が強すぎますね。

悪魔と言っても魔法を使うわけですから、それを跳ね返せるのはやばすぎますね。

 

次回は、ゼノンが悪魔の力をさらに解放するか、悪魔同化すると考えられます。

悪魔同化と精霊同化の戦いはとても楽しみですね。

田畠裕基「ブラクロ」276話より引用

そこでランギルスがどう活躍してくれるか。

それによって勝敗が決まりますね。

名コンビになりそうな予感がしますね。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』278話!ジャック覚醒!生き残る方が強え!・・

⇒『ブラクロ』277話!真の力を出す荊女王シャーロットが・・

⇒『ブラクロ』275話!メレオレオナの修行の成果が凄まじい!・・

⇒『ブラクロ』274話!最高戦力参戦!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です