最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』202-203話!考察!帝と御行は友達に?!白銀御行の戦い編、開幕!

スポンサーリンク

四条帝は、四宮家と対をなす四条家の跡取りと目されている男です。

双子の姉に眞妃がいます。

その上、無名のサッカー部を全国優勝に導いた男としても、その名前は轟いていました。

御行にとって帝は因縁の相手でした。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

全国模試で1位争いを繰り広げていた御行でしたが、1年の時に彗星の如く現れた帝に大差で負けた過去がありました。

家柄、運動、学力…全てにおいて日本のトップであり、帝という名前を冠にするのに相応しい男です。

しかし!そんなハイスペック男子・帝も転校初日は緊張していたようで…?!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』202話!のネタバレ

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

それでは『かぐや様は告らせたい』202話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

転校初日の空気

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

明るい挨拶で登場した帝でしたが、内心は緊張の嵐!

帝はサッカーで一区切りしたら秀知院に転校する約束を親としていました。

全校優勝を勝ち取った今がその時だったようですが、3年生への進級のタイミングは帝にとってもハードルが高いものでした。

(3年生のこの時期は人間関係も仕上がってて輪に入りづらいだろうが!)

遠巻きに転校生を見ているクラスメイト、ニヤニヤするだけの眞姫…。

(ぼっちは!ぼっちはいやだ!)

帝の願いは切実でしたw

 

スポンサーリンク

帝を取り巻く噂

しかし帝の切実な願いは、周りの噂を聞く限り遠のいていきそうな気配が漂っていました…。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

サッカーをやっている神童は帝のことを知っていました。

帝は無名のサッカー部を全国優勝に導いた男で、その実力は本物です。

そのプレイは圧倒的で、多くのサッカー少年の心を打ち砕いてきた天才として認識されていました。

同じクラスの神童は、帝のふたつ名についてこう説明していますw

「敬意を込めて『ボーイファッカー帝』と呼ばれている」

(いやミリも敬意こもってないだろその呼び方は!)

帝に全て丸聞こえでしたw

その上(眞妃の失恋旅行で)インドに行ったことまで知られており「理解できねぇ」と噂されてしまいます。

(俺もあんなん理解できねぇよ!!)

しかし…そんなことは知らない神童たちは、帝にとってキツイ会話を続けます。

「俺たちが関わっていい人間じゃねぇ」

みんなと感覚は同じなのに、帝はどんどん距離を空けられてしまうのです…。

 

スポンサーリンク

友達作り

このままではぼっちまっしぐら!

それだけは避けたい帝は、友達作りに必死でした。

財閥である帝には、秀知院にもともと知り合いもいます。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

クラスを見渡すと、柏木が目に入りました。

姉の眞妃の親友で、たまに家にも遊びに来ていました。

(でもあの人なんか怖いんだよな…できれば関わり合いになりたくねぇ)

柏木は候補から脱落しました。

 

次に目をつけたのはかぐやです。

かぐやとは小さい頃にパーティでたまに会っていたし、割と仲良く話していた記憶がありました。

「やぁ姫様 久しぶり!元気してた?」

明るくて帝が話しかけたものの、かぐやの反応は想定外なものでした。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

「姫?妙な呼び方しないで頂けますか?」

冷たいかぐやの対応に帝はオロオロ…。

小さい頃に会っていることをしどろもどろに説明しますが「記憶にございません」とそっぽを向かれてしまいました。

落ち込み、自分の席に戻るしかない帝なのでした…。

 

スポンサーリンク

御行と帝

帝がうなだれて席に座ろうとした時、机から筆箱が転がり落ちてしまいました。

それを拾ったのは、御行でした。

「あっありがと」

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

帝が振り返ると、筆箱を握りつぶした御行が立っていました。

(いや圧!!)

帝は混乱していました。

まだ何もしてないのに、転校生である自分に対して威圧感がありすぎる秀知院、怖すぎますw

その上、圧を感じさせる態度のままで御行は帝の隣に座りました。

「少しお話ししようぜ…?」

 

スポンサーリンク

一触即発?!

御行には帝に聞きたいことがありました。

1年の時、帝は圧倒的な差をつけて模試の1位をかっさらっていきました。

その時から、御行は努力を重ね、帝対策を万全にしてきたのです。

ところが帝はあの時以来、一度も模試に出てきません。

「なぜだ?」

御行は普段温厚な性格ですが、帝に対しては唯一とも言える憎しみを抱いていました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

自分の拠り所とも言える学力に対するプライドを容赦なく蹂躙した相手、それが今、目の前にいるのです。

御行の放つただならぬ空気を、御行の事情を知る者だけが感じ取っていました。

「もしかしてあんた…白銀御行?」

帝は御行の放つ空気に飲まれることなく、いつもと変わらない話し方で返事をしました。

帝に名前を言われて、御行は面食らいました。

「俺を知ってるのか?」

「当たり前じゃん!全国 何回か1位取ってる人でしょ!いつもすげーって思いながら見てるよ!」

予想外の言葉に御行は何とか言い返しました。

「いや四条の方がすごいだろ 謙遜はやめろ」

しかし、帝は止まりません。

御行の心をくすぐる言葉を重ねました。

実は、御行を破ったあの時は、親に模試で上位を取ればサッカーを続けてもいいと条件をつけられていたのです。

あの時だけ必死で勉強した帝は1位を奪い取りましたが、それ以降はボロボロ。

だからあの時以来、模試の上位に名前が乗ることはなく、御行からすると”出てこない”ように見えたんですね。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

「あんたマジすごいって!俺めちゃくちゃ意識してたもん!」

この一言でついに御行は崩壊w

手で真っ赤になった顔を覆ってしまいます。

ライバル視していた帝も自分を意識していたと知って、嬉しくてたまりません。

そこから2人の距離は一気に縮まりました。

「四条だと姉と紛らわしいから帝って呼んでよ 俺も御行って呼んでいい?」

「ああ」

(良い奴だな こいつ!!)

2人はお互いにそう思いました。

2人は友達になれたようですね!

 

スポンサーリンク

かぐやと眞妃で認識に違いあり?

その様子を見ていた眞妃とかぐや。

眞妃は帝に友達ができたと一応喜ぶ様子を見せました。

「類は友を呼ぶって本当みたいね」

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

眞妃は御行と帝は共に”無駄に賢くビビリで実直”であると認識していました。

「帝と御行はたぶん似たようなタイプの人間だから」

しかし、かぐやは眞妃に答えることはしませんでした。

ただ、心の中でつぶやきます。

(会長と帝さんは全然違いますよ)

かぐやの真意はここではまだ語られることはありませんでした。

 

スポンサーリンク

白銀御行の戦い編、開幕!

屋上、御行は1人で考えていました。

夏休みが明けたら、スタンフォードに向けたセミナーに合流しなくてはいけません。

つまり、御行が普通の学生生活を送れるのは3年の1学期まで。

御行の脳裏に、かぐやの姿が蘇りました。

『お互いの夢の為 少し違う道を歩きませんか?』

『お父様の会社を奪ったのは四宮グループなのも知っています』

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

告白するのは怖かったはずです。

でも、全てをさらけ出してくれたかぐや。

御行との未来の為、スタンフォードを諦め、四宮家と戦うことを決めたかぐや。

御行がアメリカに行けば、かぐやを支えることは物理的に難しくなります。

(時間が無い どうすればいい? 考えろ)

今の御行なら多くのカードがあるはずです。

御行は覚悟を決めていました。

(この学園で得た全てをここで全部使い切ったとしても)

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

「四宮の為に 俺も戦う」

白銀御行の戦い編、ここに開幕です!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ202-203話のまとめ

今回は白銀御行の戦い編スタートの回でした。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

その前に、因縁の相手だった帝が意外にもとても親しみやすいキャラで、御行とあっさり友達になってことも大きな出来事ですよね!

帝は転校生としてやってきましたが、サッカーや模試での伝説と、眞妃の奇行(インド旅行)のせいで最初は敬遠されてしまいます。

そこに唯一声をかけたのが御行でした。

御行にはずっと聞きたかったことがありました。

それは、模試の1位を奪われたあの時から出てこない理由です。

答えは簡単、あの時はサッカーを続けるために必要な条件だったから頑張れただけ。

それ以降は頑張れず、上位に食い込んでいなかったのです。

(勉強したって1位をとるのは難しいので、帝も十分天才ですよね汗)

さらに常に上位をキープする御行を素直にベタ褒め!

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」202話より引用

御行の照れっぷりが本当に可愛いです。

眞妃は御行と帝は似ていると思っているようですが、かぐやはそうではないようですね…。

そこにはどんな真意が隠されているのでしょうか?

そして、白銀御行の戦い編の開幕へと続きます。

かぐやの覚悟を知った御行はどんな戦いを見せてくれるのでしょうか?

残り1学期、かぐやと御行の戦いが始まろうとしています。

四宮家との対決はさけられないでしょう。

どんな展開が待っているのか楽しみですね!

次週もますます目が離せません♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『かぐや様は告らせたい』204話!かぐやは猫嫌い?!・・

⇒『かぐや様は告らせたい』203話!御行と伊井野は怪しい?!・・

⇒『かぐや様は告らせたい』201話!ついに3年生に進級!運命・・

⇒『かぐや様は告らせたい』200話!藤原の挑戦!ラーメン史を・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です