最新ネタバレ『ブラッククローバー』275-276話!考察!メレオレオナの修行の成果が凄まじい!

スポンサーリンク

前回274話では、クローバー王国の団長たちの前に顔を出すナハト。

フエゴレオンがアスタのことを聞くと、ナハトは事情を説明します。

ジャックが「そもそも頼りにしてねーよ」と言い、サリーはアスタが来ないのを残念に感じます。

王様に言われて参加することになったセッケは、ビビりまくりです。

ジャックはセッケに圧をかけ、ナハトは実力がないことを分かっていてセッケに正しきもののために犠牲になってくれと言います。

アスタは間に合うかとノゼルが問うと、ユノが「絶対来ますが、その前に俺が片付けます」と強気な発言をします。

ジャックは相変わらず頼りにしてねーといった態度。

一方、スペード王国では抵抗軍が漆黒の三極性に宣戦布告します。

彼らは自分たちでは、刺し違えることもできないことは分かっています。

ナハトは彼らにも接触して作戦を詳しく伝えていました。

彼らの宣戦布告が終わると同時にクローバー王国の団長たちが動き出します。

抵抗軍の長は陽動の役目を果たすと覚悟を決め、ユノとクローバー王国の団長たちに任せます。

一方、漆黒の三極性は、古の伝説の魔神を解放します。

ナハトは、フエゴレオンが外の状況を聞くと、「大丈夫だ」と答えた瞬間、メレオレオナが現れて魔神に一発拳を食らわせます。

最強の助っ人参戦です。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』275話!のネタバレ

それでは『ブラッククローバー』275話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ヤミとヴァンジャンスを助ける作戦

田畠裕基「ブラクロ」275話より引用

降臨の儀は大きな魔法陣となっていて、4つの機能で動いています。

1つは中心にあるクリフォト降臨の場、残りの3つは儀式の発動者となる漆黒の三極性です。

反魔法でクリフォト自体を破壊することもできますが、確実とはいえず、ヤミとヴァンジャンスが死んでしまうことになってもいけないとナハトが言います。

だから魔法陣外縁の三か所にいる漆黒の三極性を各個同時撃破する作戦をナハトは考えました。

田畠裕基「ブラクロ」275話より引用

王城外に漆黒の使徒がいても、誰かが囮となり、必ず漆黒の三極性とは複数人で戦うという指令を出しました。

明確な作戦ですね。

ナハトは相当頭が良いですね。

 

スポンサーリンク

ナハトとメレオレオナ

魔人に一発浴びせるメレオレオナ。

田畠裕基「ブラクロ」275話より引用

しかし、魔神にはあまり効いていないです。

抵抗軍は絶望しますが、メレオレオナはやる気満々です。

エルフとの戦いで自分の魔法が効かない存在を知ったメレオレオナは、一人旅に出て修行していました。

そんなとき、ナハトはメレオレオナに会いに行きました。

blank

田畠裕基「ブラクロ」275話より引用

裸のメレオレオナにナハトが今のヤミとヴァンジャンスが攫われたこと、漆黒の三極性のことを話します。

彼女はヤミとヴァンジャンスはどうでもいいが、さらったやつには興味があると言います。

メレオレオナも恋愛とか興味なさそうで、強さとかしか興味ないのかもしれませんね。

仲間意識が無いというより、それよりも優先順位が戦いを楽しむになっている感じに思えますね。

アスタやユノのことを気にかけてくれる優しさもメレオレオナは持っていますからね。

 

スポンサーリンク

漆黒の三極性に接触

そしてナハトは絶好の相手を用意しますと言い、メレオレオナはナハトの話に乗りました。

その絶好の相手は魔神でしたね。

blank

田畠裕基「ブラクロ」275話より引用

彼女は面白いと言い伝説を倒すと意気込み、炎魔法「業火の化身」を発動します。

彼女自身がマナになり、魔神の攻撃を避けながら顎に一発叩き込みます。

blank

田畠裕基「ブラクロ」275話より引用

さらにマナゾーンを全開にして「灼熱腕煉獄・深淵」で魔神を焼き尽くします。

魔神はメレオレオナのスピードについていけていません。

強すぎますね。

やはりクローバー王国最強はユリウスを除いてだとメレオレオナですね。

そしてシャーロットとリルがヴァニカ、ユノとランギルスがゼノン、ジャックがダンテに接触します。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』ネタバレ275-276話のまとめ

blank

田畠裕基「ブラクロ」275話より引用

今回は、ナハトがメレオレオナに話に行く、魔神をボコボコにするメレオレオナ、漆黒の三極性に接敵成功したクローバー王国の魔法騎士などが描かれました。

今回ユノと一緒にいたのは、おそらくランギルスだと思います。

ユノとランギルスの合体技ができているかもしれませんね。

セッケは本当になんの役割があるんでしょうね。

結構楽しみです。

いつも強きのジャックがダンテ相手にどこまでやれるのかも見物ですね。

おそらくヤミよりは強くないと思うのですが。

キャラクターとして負けず嫌いで荒々しくて面白いですよね。

また、ナハトの過去も知っていますし。

結構謎があるキャラクターだと思います。

blank

田畠裕基「ブラクロ」275話より引用

フエゴレオンとノゼルの本気がまたみられますね。

ドロシーは、ヴァニカとの激闘が繰り広げられると思いますね。

ドロシーの能力をどう戦いで使うのかも楽しみです。

あとは、マグナがあれから出てきていないんですよね。

覚醒してまた黒の暴牛で活躍してほしいです。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』277話!真の力を出す荊女王シャーロットが・・

⇒『ブラクロ』276話!リベンジ!ユノがついに精霊同化して・・

⇒『ブラクロ』274話!最高戦力参戦!・・

⇒『ブラクロ』273話!アスタとリーベの悪魔同化の力とは?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です