最新ネタバレ『ブラッククローバー』274-275話!考察!最高戦力参戦!

スポンサーリンク

前回273話では、スペード王国城内で兄の様態を気にするゼノン。

モリスはさらに強くなって復活すると答えます。

巨大な水槽のようなカプセル型のものに入っているダンテは、アスタと戦うのが楽しみだと不気味な笑みを浮かべています。

ダイヤモンド王国のロータスもそこにいて、見ているのは水槽に入っている巨人の悪魔。

棺桶に入っているヤミとヴァンジャンスを取り囲むのは、いくつも枝分かれしている枝がうねうね生えています。

儀式の準備は相当進んでいるようです。

ナハトに触れてもいないのに、彼の腕の悪魔同化が解除されています。

さらに実態の見えないナハトの魔法をマナゾーンごと消しています。

ナハトが負けを認めるとアスタは早く出発しようとしますが、ナハトは悪魔同化を使いこなせていないアスタをまだ行かせるつもりはないです。

ナハトは影魔法でアスタをずっと見てたことを伝え、「君はずっと正しかった」と言います。

ナハトはアスタが魔力を持たずに生まれ、期せずして悪魔に憑かれたことも知っていました。

そして「正しい人間には報われてほしい」とアスタに言い、アスタは驚きます。

場面が変わり、新しい戦装束を着て団長たちが勢ぞろいしています。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』274話!のネタバレ

田畠裕基「ブラクロ」274話より引用

それでは『ブラッククローバー』274話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

犠牲役セッケ

クローバー王国の団長たちの前に顔を出すナハト。

フエゴレオンがアスタのことを聞くと、ナハトは事情を説明します。

ジャックが「そもそも頼りにしてねーよ」と言い、サリーはアスタが来ないのを残念に感じます。

田畠裕基「ブラクロ」274話より引用

サリーは実験か研究のことしか頭にないって感じですね。

恋とか興味なさそうですね。

アスタの体を研究して作った魔道具を試したくて仕方がないといった感じで、さらにこの魔力を隠すローブはサリーが作ったようです。

服のセンスがとてもいいですね。

ノゼルが心配して大丈夫かと聞くと、マクサが研究に関しては優秀だと答えます。

田畠裕基「ブラクロ」274話より引用

王様に言われて参加することになったセッケは、ビビりまくりです。

セッケはこの半年贅沢したらしいですが笑。

ジャックはセッケに圧をかけ、ナハトは実力がないことを分かっていてセッケに犠牲になってくれと言います。

色々かわいそうですが、面白いですね。

贅沢していたぶん頑張ってもらいましょう。

もしかしてここでえフッハ覚醒して強くなってしまうんでしょうか。

それともただの足になるのか。

アスタは間に合うかとノゼルが問うと、ユノが「絶対来ますが、その前に俺が片付けます」と強気な発言をします。

ジャックがそれは俺だと言い、それをさらにノゼルが否定します。

blank

田畠裕基「ブラクロ」274話より引用

最後にナハトはが我々だと言い、影魔法を発動します。

 

スポンサーリンク

抵抗軍の覚悟

blank

田畠裕基「ブラクロ」274話より引用

一方、スペード王国では抵抗軍が漆黒の三極性に宣戦布告します。

かれらは自分たちでは、刺し違えることもできないことは分かっています。

かれらの宣戦布告が終わると同時にクローバー王国の団長たちが動き出します。

ナハトはスペード王国に潜伏し、抵抗軍と接触していたようで、抵抗軍は陽動の役割です。

ユノはナハトに試されていたようで、ユノはそれを聞いて「ありえねえ」と呆れていました。

抵抗軍の長は陽動の役目を果たすと覚悟を決め、ユノとクローバー王国の団長たちに任せます。

 

スポンサーリンク

最高戦力参戦!

blank

田畠裕基「ブラクロ」274話より引用

一方、漆黒の三極性は、古の伝説の魔神を解放します。

「圧倒的な力の前では思いも執念も何もかも無意味だ」とゼノンが呟きます。

彼は抵抗軍が陽動だとは気づいていないようですが、元々魔神で殲滅するつもりだったようです。

強者だけがスペード王国民だとゼノンは思っています。

ナハトは、フエゴレオンが外の状況を聞くと、「大丈夫だ」と答えます。

blank

田畠裕基「ブラクロ」274話より引用

その瞬間、メレオレオナが現れて魔神に一発拳を食らわせます。

抵抗軍の人達は驚いています。

力強い味方がきましたね。

最高戦力ですからね。

ナハトは、だいたいの漆黒の三極性の手の内が分かっているようですね。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』ネタバレ274-275話のまとめ

今回は、なぜかいるフッハことセッケ、魔神が現れる、クローバー王国の魔法騎士が作戦を各々開始する、魔神に一発ぶちかますメレオレオナ、などが描かれました。

blank

田畠裕基「ブラクロ」274話より引用

メレオレオナが来て、ますます面白くなってきましたね。

魔神はどのくらい強いんでしょうね。

メレオレオナと戦うってことはパワー勝負って感じでしょうか。

最初に出したってことは最終兵器っていう感じではなかったですね。

やっぱり悪魔の方が強いと思いますね。

blank

田畠裕基「ブラクロ」274話より引用

パワーアップしたユノも楽しみですし、また団長たちの活躍が見られるのはとても良いですね。

今回はドロシー活躍してほしいですね。

ついに始まったスペード王国侵攻。

アスタの悪魔同化の完成が楽しみですね。

次回は、メレオレオナが暴れることでしょう。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』276話!リベンジ!ユノがついに精霊同化して・・

⇒『ブラクロ』275話!メレオレオナの修行の成果が凄まじい!・・

⇒『ブラクロ』273話!アスタとリーベの悪魔同化の力とは?・・

⇒『ブラクロ』272話!死への恐怖で気持ちが一つになるリーベとア・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です