最新ネタバレ『チェンソーマン』95-96話!考察!ついに決着?!デンジは死んだのか?!

スポンサーリンク

マキマは瀕死のデンジに自らの血を与えました。

自分の手でデンジとの決着をつけようとしていたのです。

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

それと同時にマキマの背後には鎖で繋がれた何人もの人間が現れました。

マキマが支配する人間たちです。

準備は整いました。

いよいよ、支配の悪魔・マキマとデンジの戦いもクライマックス!

勝敗の行方はどうなっていくのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『チェンソーマン』95話!のネタバレ

それでは『チェンソーマン』95話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

戦い、再び!

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

血を与え、デンジを無理やり復活させたマキマは、デンジの胸元にあるトリガーを引きました。

「おはよう」

マキマはデンジに声をかけました。

デンジは体を起こしたかと思った瞬間に、マキマの首をチェンソーで勢いよくはねました。

マキマの首は飛んでいきますが、背後にいた人間の首が代わりに飛んでいきます。

マキマは内閣総理大臣との契約で死ぬことはありません。

マキマへの攻撃は適当な日本国民の病気や事故に変換されるのです。

ただし今までは適当な”誰か”に死を転換していましたが、今回はマキマ自身が用意した人間に転換されていますね…。

マキマに鎖で繋がれ、マキマの捨て駒にされてしまったこの人たちはデビルハンターなのでしょうか?

それとも、アキのように死んだ人間を利用しているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

マキマは無敵!

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

デンジがマキマの体を切りつけ、マキマは2度目の死を2人目の人間に押し付けます…。

その後もデンジはチェンソーを使いマキマに傷を負わせますが、マキマへのダメージは別の人間に転換されるため、ノーダメージです。

マキマ自身は武器を持たず、素手でデンジに応戦しています。

一見するとデンジはチェンソーという強力な武器を持ち、有利に見えますが…。

何度もデンジはマキマに致命傷を負わせるものの、マキマは攻撃を他人に変換できるため、無敵…!

一方回復する手段がないデンジは徐々にダメージを蓄積して行きました。

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

デンジはマキマの攻撃で腕を片方無くしますが、マキマのように戦いの最中に再生することはできず、攻撃に隙が生まれ始めました。

マキマがその隙を見逃すはずがありませんでした。

デンジの腹に重い一撃を与えます。

デンジの内蔵は壊れ、体外にこぼれ落ちてきます…。

デンジの反撃も虚しく、マキマはデンジの心臓部分にも攻撃を仕掛けました。

 

スポンサーリンク

心臓はマキマの手に

腕を失い、内臓もボロボロ…。

デンジはマキマの攻撃にもう耐えられませんでした。

マキマは倒れかけるデンジを支え、穴を開けた心臓部分に手を入れました。

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

抜き取ったのは…チェンソーの心臓です。

ポチタのような顔をしたその心臓は、マキマの手に渡ろうとしていました。

まだチェンソーの心臓はデンジと繋がっていますが…。

脈打つように、心臓はマキマの手の中で動いています。

「私の素手なんかに負けても仕方がないよね チェンソーマンではないのだから」

マキマは血を吐くデンジの耳元で囁きました。

 

スポンサーリンク

マキマの知るチェンソーマンとは?

マキマはデンジにさらに語りかけます。

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

「どうすればデンジ君はこの世界をあきらめてくれる?どうすればまたチェンソーマンに戻ってくれる?」

マキマに体を支えられながらも、デンジは血痰をマキマに吐き出しました。

屈服するつもりはない、という意思表示に見えます。

しかし、この行動でマキマの表情はより冷たいものに変わって行きました…。

本物のチェンソーマンはデンジとはまるで違う、とマキマは静かな怒りを込めて話しました。

マキマの知るチェンソーマンは、痰など吐きません。

服も着ないし、言葉も話しません。

その上、やること全部がめちゃくちゃでなければいけません。

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

「それなのに…君は何もわかってないのに…チェンソーマンに選ばれた…」

マキマの表情は怒りから寂しげなものに変わっていました。

 

スポンサーリンク

奪われたチェンソーの心臓

「…私達の邪魔をするなら 死んで」

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

マキマはデンジとチェンソーの心臓を繋いでいたものをついに断ち切りました。

ブチブチ…引き抜かれる音と共に、チェンソーの心臓はデンジの体から離れ、マキマの手の内に収まりました。

ついにチェンソーの心臓を奪われたデンジは、崩れるように倒れました。

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

マキマは倒れたデンジをただ見下ろしていました。

その表情からほんの少し寂しさを感じているようにも見えました。

マキマにとってデンジは、いつでも言うことを聞き、ひたすら自分に尽くしてくれる犬のような存在だったはずです。

出会い、デンジの恋、2人でデートしたこと、ついに敵として向き合うことになったこと…。

どんな想いがマキマの心に浮かんでいるのでしょう…。

戦いはこのままマキマの勝利で終わってしまうのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『チェンソーマン』ネタバレ95-96話のまとめ

デンジVSマキマが、ついに決着?!

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

マキマは素手にこだわって戦っています。

本物のチェンソーマンなら素手のマキマになんか負けない、そう言いたいようです。

つまり、デンジが器になっている今のチェンソーマンは本物ではない、そう言っているのです。

マキマはチェンソーマンに憧れを持っているので、今のチェンソーマンには納得がいかないのかもしれません。

マキマとチェンソーマンにも何らかの過去があるのかもしれませんね!

戦いはマキマが押していますが、忘れては行けない点があります。

チェンソーの心臓はそのモノがチェンソーマンになれる、ということです。

(前回の戦いでそれは証明済です。)

まだ戦いは終わらないかもしれませんね!

それにデンジがチェンソーマンに選ばれている以上、マキマの手に渡っても、マキマには使いこなせない可能性もありますね…。

 

もう一つ、気になるのはマキマのセリフです。

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」95話より引用

「…私達の邪魔をするなら 死んで」

“私達”とは誰を指しているのでしょうか?

マキマと日本国政府なのか、他にも組織があるのか…マキマは基本1人で動いているように見えていたので、この辺りも気になりますね〜。

心臓を奪われ、デンジはどうなってしまうのでしょうか?!

パワーとの約束も果たせていませんし、デンジがこのまま死ぬことはないと信じています。

起死回生の反撃に期待してしまいますね!

これからもますます目が離せません♪

 

この記事の関連記事はこちらじゃ⇩

⇒『チェンソーマン』97話!怒涛の最終回!!チェンソーマンには・・

⇒『チェンソーマン』96話!マキマとデンジは1つになる?!デンジ・・

⇒『チェンソーマン』94話!再び対決?!マキマVSデンジの再戦は・・

⇒『チェンソーマン』93話!チェンソーマンになりたい?!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です