最新ネタバレ『ブラッククローバー』272-273話!考察!死への恐怖で気持ちが一つになるリーベとアスタ

スポンサーリンク



前回271話では、ナハトは、悪魔同化(ユナイト)してモード・カニスになり、アスタに同化して悪魔の力を100パーセント引き出すことが強くなる方法だと教えます。

突然アスタとリーベのいる地面から悪魔の触手が現れて二人を拘束すると、リーベが小さくなり、アスタは右腕が悪魔の右腕になります。

従魔契約では主導権は完全に使役する側にあるためナハトは悪魔同化できますが、アスタのそれは悪魔同化ではなく、あくまの力が垂れ流れているだけのようです。

リーベにアスタが悪魔同化のやり方を問いますが、リーベにもわかりません。

何も分からないリーベにアスタは文句が言うと、意味わからん契約のせいだと口論します。

実践で見に付けるしかないと思ったナハトは、悪魔の力を使います。

そしてギモデロの能力は群れで、一気に凶悪な狼のような悪魔が何体も現れ、次々とアスタに襲い掛かります。

アスタは刀で対抗しながら逃げるしかできず、防戦一方。

アスタは「今ここで限界を超えます」と笑顔でナハトに立ち向かいます。

アスタの刀が変形し、斬撃が飛んでナハト本体に攻撃が当たります。

これはどういう技なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』272話!のネタバレ

田畠裕基「ブラクロ」272話より引用

それでは『ブラッククローバー』272話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

金色の夜明けの意地 ランギルスとユノ

漆黒の三極性ゼノンに勝つために一人で修行をするユノ。

田畠裕基「ブラクロ」272話より引用

巨大な岩壁に穴がたくさんあいています。

魔法を撃ってできた穴です。

ユノが隠れて見ていたランギルスに「出て来てくださいランギルス元副団長」と言います。

ランギルスはユノに嫌味なやつだなと言うと、ユノは「あなたには負けますよ」と返します。

ランギルスがユノに精霊のことを聞くと、ユノ魔導書から今出てこられないようです。

ユノはゼノンを倒す算段はついていますが、実際の効果はまだ分からないと感じています。

田畠裕基「ブラクロ」272話より引用

ランギルスは、悪態をつきながらも、修行に付き合うと言います。

ユノは驚き、本当なら自分でなんとかしたいと思いながらも提案を受け入れます。

「これは金色の夜明けの問題だ、あなたも強くなっていますよね」とランギルスに言います。

ランギルスは「生意気だけど少しは素直になったな」と返します。

この二人の関係今後良い感じになりそうですね。

そして修行を隠れて見ていたランギルスなんか可愛いですね。

 

スポンサーリンク

悪魔同化できないアスタ

場面は変わり、修行をするアスタとリーベ、ナハト。

blank

田畠裕基「ブラクロ」272話より引用

ナハトは余裕の表情で、アスタとリーベはボロボロです。

何度挑んでも勝ち筋がみえず、それどころかまだ本気でもないと感じます。

悪魔同化が出来ないことに頭を悩まし、アスタのダメージはリーベにも与えられていることを感じ責任を感じ焦ります。

アスタは這いつくばりながらお菓子の元にたどり着き、いったんお菓子をリーベと一緒に食べ、傷と体力を回復させます。

このお菓子はスペード王国の抵抗勢の人が魔法で作ったお菓子のようです。

アスタは何かひらめいたようで、リーベにそれを伝えます。

リーベは、アスタを一割の確率でとんでもない正解を引き当てる人と評価しています。

blank

田畠裕基「ブラクロ」272話より引用

しかし、今回は普通に9割のダメな方でした。

リーベを上に乗せて合体だと言います。

また可愛い言い合いを始まり、どっちも引きません。

 

スポンサーリンク

死への恐怖が気持ちを一つにさせる

ナハトはそんなアスタとリーベを見て、昔兄に言われたことを思い出します。

「お前そんないい子ちゃんで疲れねーか」と聞かれるナハトは、「兄さんこそ自由で疲れないの」と聞き返します。

「自由で何が疲れるんだよ」と答えた兄にアスタを重ねているのかもしれないです。

集合の時間だとナハトが伝えると、アスタはやべえと焦ります。

blank

田畠裕基「ブラクロ」272話より引用

そしてナハトは、「どうせダメならここで死ね」と言い、戦闘態勢に入ります。

マナゾーン暗獄の狩り場を発動すると、暗闇になり、そこからアスタを容赦なく攻撃し始めます。

アスタは気と気配が何も感じられず、攻撃を避けることができません。

何も感じない闇から忍び寄る死を感じ真の恐怖を感じるアスタは、二人はなぜできないんだと考えます。

ヤミ団長を助けるために、一方は、リチタの仇を討つために「俺は死ぬわけにはいかない」。

blank

田畠裕基「ブラクロ」272話より引用

こいつを死なせるわけにはいかない!と二人の気持ちが重なり光が見え、新たな力が目覚めます。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』ネタバレ272-273話のまとめ

今回は、ユノの修行を手伝うランギルス、ブラックアスタをボコボコにするナハト、リーベとアスタのコントのような言い合い、新たな力が目覚めるなどが描かれました。

ランギルス今後いいキャラになっていきそうですね。

またフィンラルとの絡みも見たいですね。

ナハトはブラックアスタをボコボコにするほどということは、おそらくダンテに勝てそうな気がしますけどどうなんでしょう。

blank

田畠裕基「ブラクロ」272話より引用

次回はやっと新たな力が目覚めると思います。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』274話!最高戦力参戦!・・

⇒『ブラクロ』273話!アスタとリーベの悪魔同化の力とは?・・

⇒『ブラクロ』271話!アスタの新技炸裂!・・

⇒『ブラクロ』270話!アスタの母親判明!やはり目元が似ているあ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です