最新ネタバレ『進撃の巨人』134-135話!考察!ついにエレンの元に到着!その間ヒストリアは出産へ!

スポンサーリンク

アルミンたちが目標に定めたのは、ハンジの予測による最終手段、“先にジークを殺すこと”。

これまでの罪を背負い、彼らは地鳴らしを止めることにすべてを懸け、エレンの元に向かいます。

一時座標でエレンと会話する機会を得るも、エレンが伝えてきたことはただひとつでした。

「戦え」

一方アニ側ではファルコが自らの巨人が飛べる可能性を発見し、こちらも動き出します。

さらに先にレベリオ収容区の人々が列車で目指していたスラトア要塞では、要塞の飛行船が地鳴らしの巨人群へ向かっていく様子が描かれました。

vs地鳴らしは総力戦!

第134話は『絶望の淵にて』ということで、圧倒的絶望の中にまだ希望は見えるのか、物語はついに最終局面です!

 

スポンサーリンク

『進撃の巨人』134話!のネタバレ

それでは『進撃の巨人』134話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ヒストリア出産

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

とある小屋を、銃を携えた2名の兵士が警護していました。

小屋の中にいたのはヒストリア。

なんとついに出産です!

看護師たちに囲まれ激痛に涙を流すヒストリア。

傍らでは帽子の男性が手を組み祈りを捧げています。

相手の男性と言われていた人物だと思われます。

果たしてこの子どもは世界の希望となるでしょうか。

 

スポンサーリンク

地鳴らしは世界を蹂躙

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

一方で、世界は地鳴らしの恐怖に包まれていました。

“世界”というのは本当に“世界”です。

すでに様々な国に巨人群が到達していました。

恐らくリアルタイムでこのような状況になっているのだと思われますが、劇中の世界の規模が分からないとしても、想像以上のスピードです。

日本のような描写もありますが、これがヒィズル国なのかもしれませんね。

逃げ惑う…祈る…そんな各国の人々を、巨人たちは無情に踏み潰していきます。

ある地域では、何百万はいるだろう人々の背後を、まさに壁のように連なる数多の巨人たちが蹂躙していっていますが、人々が逃げる先にあるのは高い崖と海。

前方は崖、後方は巨人…もはや逃げ場はなく、人々は次々に海へ落下するか、巨人たちに踏み潰されていきます。

赤ん坊を抱いた女性の眼前にも崖が迫ってきました。

彼女は涙を流しながら落下していきますが、落ちる前に赤ん坊を後ろの人々に託していきます。

そして受け取った者にもすぐに崖が訪れてしまうので、また後ろの者へと赤ん坊を託していきます。

そうして頭上に掲げられ次々と託されていく赤ん坊は、まさに希望の象徴のよう。

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

しかし赤ん坊の行く先にはやはり巨人が迫って来ているのです。

ここの1ページは人々の希望と絶望が同時に表れている息を呑む画となっていますが、しかしやはり絶望感が強いですね。

 

スポンサーリンク

スラトア要塞から飛行船出撃

列車でスラトア要塞に到着したマーレのエルディア人一行。

しかしやはり飛行船は一隻も残ってはいませんでした。

となると、すべての飛行船がこの攻撃のために出撃しているということ。

blank

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

「人類すべての命運を賭けるつもりだ」

もはや一行は彼らに託し見守るしかありません。

すると、要塞に残っているマーレ将校から、飛行船部隊と要塞にいる兵士に向けての放送が始まりました。

「ここが…人類に残された最後の砦となる…」

その言葉から始まった放送の内容は、結果がどうであろうと飛行船部隊の責任ではなく、責任は「我々すべての大人達にある」ということ。

憎しみを利用し続け、すべての問題を“悪魔の島”に吐き捨ててきた、その結果がこの地鳴らしを生んだのだと。

「…もしも再び…未来を見ることが叶うなら…二度と同じ過ちは犯さないと…私は誓う」

再び明日が来るのならと語るその放送を聞いていたカリナは、幼き日のライナーの姿を思い出し涙を流しました。

blank

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

「私は…あの子を…ずっと…復讐の道具に」

まだ母親らしいことを何もしていないと後悔するカリナに、アニの父も共感します。

 

スポンサーリンク

獣の巨人が出現!?

「皆もどうか誓って欲しい。憎しみ合う時代との決別を。互いに思いやる世界の幕開けを…」

放送の中、飛行船部隊の準備が整います。

blank

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

「ここで…私達の怪物との別れを」

飛行船部隊が爆撃を開始するまで、あとは目標高度に達するのみ。

すると突然、エレン巨人の前方の骨が眩しく光りました。

エレン巨人に動きがあったことで、飛行船部隊は予定を早めて爆撃を開始します。

まだ高度が高いので命中精度は落ちますが、それでも数多の爆弾が次々に巨人たちに降り注いでいきます。

「この攻撃にすべてを懸ける!!」

そんな中、先ほど光った骨の辺りに1体の巨人が生まれていました。

なんと獣の巨人です!

blank

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

すると獣は、握った石礫を飛行船に投げつけ、すべての飛行艇を撃ち落としてしまったのです。

あっという間の出来事でした。

「飛行船部隊…全滅しました…」

スラトア要塞を絶望が包み、将校は力なく呟きました。

「…すまない。罪の無い…子供達よ…」

 

スポンサーリンク

ついに到着したアルミンたち

スラトア要塞には子供達もいます。

彼らも迫りくる巨人たちに恐怖を感じていますが、母親は「ごめんね…」と涙を流すしかありませんでした。

アニ父はカリナの肩に手を添えて言います。

アニもライナーもパラディ島で生きているはずだと。

「…それだけでいい」とカリナも納得し、2人は目を瞑って死という運命を受け入れ始めました。

すると子供が空を指差して不思議そうに言います。

「あれ…何だろう?」

その言葉に皆が目を凝らしました。

blank

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

見えてきたのは1隻の飛行艇。

そう、ついにアルミンたちの飛行艇が到着したのです!

燃料が尽きかけエンジンも殆ど動いていない状態でしたが、皆を確実にエレンの元に下ろすため、オニャンコポンがなんとかエレンの真上まで舵を取ろうとしていました。

しかしそこに獣の石礫が!

「…いやがるな!獣のクソ野郎が!!」と殺気立つリヴァイ。

攻撃目標だったジーク、居場所の見当がついていませんでしたが、探す手間が省けたことでハッキリと目標が絞られます。

「“地鳴らし”を喰い止める!!今だ!飛べ!」

アルミンたちは一斉に降下していきます。

 

スポンサーリンク

戦う!!

blank

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

「エレン!!」と向かっていくアルミンたち。

しかしやはり獣が石礫で応戦してきました。

石がギリギリを掠めていきますが、生身で当たったらひとたまりもありません。

するとライナーが落下しながら巨人化し、そのまま獣の巨人に襲い掛かりました。

かっこいいです!!

獣は骨から外れ、ライナーごとエレン巨人の上に落下。

他のメンバーも無事に着陸しました。

オディハから積んできた爆弾を持ち出して来ていたピークも、巨人化しながら着陸。

鎧の巨人と車力の巨人、そして立体機動装置を使う者たちの姿は、スラトア要塞にいた人々の目にも映りました。

「まさか!?パラディ島敵勢力が!?“地鳴らし”を止めに…!?」

要塞は再び希望に湧きます。

もちろんカリナも鎧の姿に気づき、「ライナー!?」と涙を流しました。

さて、ついにエレンの元に来たアルミンたち。

blank

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

アルミンはエレンに「もう一度嫌な質問してやるよ」と告げました。

「“君のどこが自由なのか”って。そこから引きずり出した後…」

いよいよエレンを止める時!

戦え!最後の一瞬まで!!

 

スポンサーリンク

進撃の巨人』ネタバレ134-135話のまとめ

blank

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

世界が描写された数ページの絶望感が半端なかったですよね。

色々な国が描かれたのに、すべて等しく巨人に蹂躙されていく様にゾッとしました。

そして絶望の中、ヒストリアの出産や途中の赤ん坊、スラトア要塞の子どもたちなど未来を表す存在が目立って描かれていたという印象ですが、だからこそ将校が口にした“大人の責任”に重みがありましたね。

人間は死の直前にならないとちゃんと向き合えないことが多かったりしますし、築いてきた歴史の“当たり前”を否定することはなかなか出来ないと思うので責任を問うのは難しいです。

が、こうして意識が変わったのは本当に大きいことだと思います。

blank

諫山創「進撃の巨人」134話より引用

そんな中で、歴史の“犠牲の子”とも言えるライナーたちの登場は、希望を示唆するものと言えるのではないでしょうか。

そして、この場面が『進撃の巨人展Final』での“最後の風景”の音と一致したということで、物語は本当に終わりが見えてきました。

マーレの人々が後悔と、アルミンたちの到着に最後の希望を持ったことで、エレンの目的にはやはり彼らを英雄にして世界をひとつにしたいという気持ちがあるのでは…と考えてしまいますよね。

 

ついにいよいよエレンとの対峙ですが、本当にどんな展開になるか分かりません!

果たしてアルミンはエレンを引きずり出して質問をぶつけることが出来るでしょうか。

その前に、ライナーだけでなくアニの父にもアニの無事を知ってほしいと思ってしまうので、次回ファルコ達と一緒にアニも来ないかなと期待していますね。

あとはジークがその獣の中にいるのか。

そして最終回が間もなくということで、いつぞやのテレビで放映された最終回の一コマに描かれた赤ん坊は、果たしてこのヒストリアの子なのかも気になります。

ラストに向けて拍車をかけて見どころ満載ですので待ちきれませんが、次号発売の頃にはアニメファイナルシーズンが始まりますので、そちらと共に楽しみに待ちましょう!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『進撃の巨人』133話!対話不可!?エレンとは戦うしかない!・・

⇒『進撃の巨人』132話!ハンジが繋げた未来!仲間たちはいよい・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です