【名探偵コナン】数々の名場面が蘇る!!「名探偵コナン」珠玉の名言集

スポンサーリンク

名場面に名言あり!

魅力的なキャラクターの多い名探偵コナンには、そのキャラの生き方から恋愛観にまで様々な名言があります。

今回は数々の名場面が蘇る名言をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】怪盗キッド「怪盗は芸術家、探偵はただの評論家」

怪盗キッドが初めてコナンと対峙した時、去り際に言った言葉です。

当初怪盗には全く興味のなかったコナンですが、怪盗キッドが出した予告状を見た途端に俄然興味が沸いたようで、「直接顔を見たくなった」と言って予告状が示す場所へ1人向かいます。

無邪気な子供を装って打ち上げ花火で警察を呼ぶコナンに、ただの子供ではないと悟った怪盗キッドはこの言葉を残し、現場から見事消えてみせました。

 

【名探偵コナン】高木刑事「人は死んだら、人の思い出の中でしか生きられない」

松田刑事のことを忘れたいと言って泣く佐藤刑事に言った高木刑事の言葉です。

彼が殉職した事件の犯人を追い詰めた佐藤刑事ですが、怒りの余り犯人に向けて発砲してしまいます。

間一髪のところで高木刑事が駆けつけたため弾は外れました。

そして高木刑事のこの言葉で、ずっと消せずにいた松田刑事からの最後のメールを削除し、彼のことを思い出にすることが出来ました

 

【名探偵コナン】ベルモット「女は秘密を着飾って美しくなる」

秘密主義のベルモットがよく口にする言葉です。

そして幼い頃に父を殺されたジョディも、犯人のことを忘れないようにこの言葉をよく口にしていました。

当時はこのセリフのせいで、ベルモット=ジョディというミスリードに引っ掛かった読者も多かったかもしれませんね

 

【名探偵コナン】工藤新一「人が人を助ける理由に理論的な思考は存在しないだろ?」

蘭を殺そうとした自分を助けた理由が分からないベルモットに対し、新一が言った言葉です。

殺人を計画しているとは知らずにローズを助けたは、自分が彼女を助けたせいでヒースが死んだのではないかと密かに自分を責めていました。

新一の言葉はそんな蘭の心も救い、この一件で蘭は新一のことを恋愛対象として意識するようになりました。

 

【名探偵コナン】灰原哀「言いたくても言えないサヨナラはお互いの気持ちに針を刺す」

博士の初恋の人が博士に何も告げずに転校したことを聞いて、「さよならくらい言えばいいのに」という子供たちの言葉に対して言った灰原の言葉です

彼女の真意を伝えたい博士がなかなか言えず困っていたところへ、灰原がうまく助け船を出しています。

博士の話には続きがあり、初恋の彼女は博士へ手紙を残していました

初恋の彼女も手紙の中でさよならは言いたくないから、またねと書いています。

 

【名探偵コナン】毛利蘭「勇気は身を奮い立たせる正義の言葉」

親の仇を取るため「勇気を出して殺した」と言う犯人に対して言った蘭の言葉です

それまで自分の正当性を主張していた犯人でしたが、蘭の言葉でそれ以上は何も言わず、おとなしく警察へ連行されます。

そしてその言葉は犯人だけでなく灰原の心も動かしました

それまで蘭のことを避けていた灰原が「私の名前は灰原哀、よろしくね。」と手を差し出し、蘭もそれに笑顔で応えます。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】吉田歩美「でも私逃げたくない!逃げてばっかじゃ勝てない!」

通り魔を目撃してしまった歩美は、犯人を特定するために直接容疑者に会おうとしますが、灰原は「耐えて身を引くのも1つの勇気」と言って歩美を止めます。

それに対して言った歩美の言葉です

歩美の言葉に驚きながらも温かな勇気をもらった灰原は、その足でジョディの元へ向かいます。

灰原は命を狙われていることを知ったFBIから、証人保護プログラムを受けるよう打診されていたのです。

返答に迷っていた灰原ですが、「逃げたくないから」証人保護プログラムを断りました

 

【名探偵コナン】服部平次「命っちゅうのは限りがあるから大事なんや」

不良長寿の伝説がある人魚の島、美國島で起こった悲しい連続殺人事件で平次が言った言葉です

崖から落ちそうになった和葉とともに無事生還した平次は真相を語るコナン達の前に現れ、不老不死の幻想に囚われた島民たちにこの言葉を告げた後、優しい表情で和葉を見つめます。

平次だけでも助かって欲しいと自分の手を掴む彼の手を矢で刺す和葉と、それでも和葉の手を放さなかった平次。

そんな彼が言った言葉だからこそ、この言葉は島民たちの心に届いたのでしょうね。

 

【名探偵コナン】工藤新一「オメーは厄介な難事件なんだよ!好きな女の心を正確に読み取る事なんて事はな!」

電話中にビッグベンの鐘の音を聞かれたことでロンドンにいることがバレてしまい、「探偵なら私の心くらい推理してみなさいよ。」という蘭に対して勢いで言ってしまった新一の愛の告白です

この後OPで流れたブレイカーズの「Miss Mystery」はまさにこのシーンを再現したかのような、素敵な曲でしたね。

 

【名探偵コナン】毛利蘭「これが私の返事」

紅の修学旅行でロンドンの告白の返事をした蘭の言葉です

園子が隠し取りした蘭と沖田のいい雰囲気の写真にやきもきした新一は、しびれを切らして蘭に自分のことをどう思っているのか尋ねます。

蘭は清水の舞台から飛び降りる気持ちで、新一のネクタイを引っ張りほっぺにキス

「これじゃダメかな?」と首をかしげる蘭はすごく可愛かったですね。

 

まとめ

感動的なシーンを思い出させてくれる名言の数々

それぞれのキャラクターらしい素敵な名言がたくさんありましたね。

今後もどのような名言が生まれるか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です