最新ネタバレ『チェンソーマン』87-88話!考察!デビルマンは名前を食われていた?!チェンソーマン圧勝?!

スポンサーリンク

コベニとデートしていたチェンソーマンの目の前にマキマは現れました。

マキマが呼び出したのはサムライソード、沢渡、レゼ、クァンシ、ほか数名…。

彼らの中には死んだはずの者もいます。

またマキマが蘇らせたのでしょうか?

さらにかつて、マキマはチェンソーマンと対決したことがあるようです。

チェンソーマンとの過去とは?!

戦いの行方はどうなるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『チェンソーマン』87話!のネタバレ

藤本タツキ「チェンソーマン」87話より引用

それでは『チェンソーマン』87話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

存在を許された者

チェンソーマンが食べた悪魔は『名前の存在がこの世から消えてしまう』とされています。

今、チェンソーマンの前に立つメンバーは、人でも悪魔でも魔人でもない者達だとマキマは紹介しました。

藤本タツキ「チェンソーマン」87話より引用

「彼らを呼称した名前はあなたに食べられ消えてしまいました」

ここに来て、人でも悪魔でも魔人でもない存在の名前がない理由が明らかになりました。

(名前が欲しい!と思っていた人は多いはず。)

名前が消えると、恐怖も消える=悪魔の死となり、名前を食べられた悪魔は消えてしまうのが常です。

ところが、人でも悪魔でも魔人でもない存在は、なぜか消えていません。

チェンソーマンに名前を食べられて、唯一存在を許されたのが人でも悪魔でも魔人でもない者達の存在なのです。

 

スポンサーリンク

4人の騎士

マキマは続けてチェンソーマンに語りかけます。

かつて、マキマたちとチェンソーマンは戦っていました。

藤本タツキ「チェンソーマン」87話より引用

「彼らの中にいる武器の悪魔たちと4人の騎士があなたと戦い、その最中あなたは私たちの前から消えてしまった」

4人の騎士とはサムライソード、レゼ、クァンシ、沢渡を指すのでしょうか。

(沢渡は人間だと思われていましたが、違うようですね…後に謎が解けるかもしれません。)

 

スポンサーリンク

変わり果てた姿はポチタ?

マキマが探してもチェンソーマンは見つかりませんでした。

そのわけも今ならわかります。

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」87話より引用

「貴方は瀕死の変わり果てた姿で生きていたのですから」

チェンソーマンはマキマと騎士に追い詰められ、姿を変えて生き延びていた、ということになります。

ポチタはチェンソーの悪魔ですよね。

初登場時、ポチタは大ケガをしていました。

やはりポチタがチェンソーの悪魔の変わり果てた姿なのでしょうか?

マキマは優しくチェンソーマンに「いい加減この戦いを終わらせましょう」と声をかけました。

 

スポンサーリンク

ついに決戦開始!

チェンソーマンはマキマの声かけにあくびで返事しました。

闘う気力がないのか、面倒くさそうな仕草を見せるチェンソーマン。

この辺りは核となっているデンジの性格が現れていますよね。

デンジの意識が戻る可能性は高いのではないでしょうか?

マキマは静かに号令をかけました。

「公安対魔特異5課 作戦開始」

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」87話より引用

マキマの号令とともに、騎士たちはそれぞれが変身のトリガーを引きました。

チェンソーマンに襲いかかる7人の騎士たち。

マキマの説明によれば彼らには「武器の悪魔」が宿っているようです。

このうち4人は以前の戦いでも参加しているようですが、仮にその騎士がサムライソードやレゼ、クァンシだとすると…年齢的に説明がつかない気もしますね。

レゼとデンジは同年代、デンジとポチタが出会った頃はまだ本当に子供です。

サムライソードはまだヤクザの祖父が生きているため、普通の孫だったはずです。

クァンシも同様で、デンジとポチタが出会った頃にマキマと共同で戦っていたとは考えにくいです。

となると、武器の悪魔の宿主である騎士は”変化している”と考えて良さそうです。

デンジがチェンソーの悪魔の器になったように、騎士も変わっている可能性が高いでしょう。

 

スポンサーリンク

激しい戦い!

7人の騎士はチェンソーマンに一斉に襲いかかります。

迎え撃つチェンソーマンはクァンシ扮する騎士に押され、ビルごと吹っ飛んで行きましたが…。

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」87話より引用

破壊された瓦礫の中から現れたのはチェンソーマンだけでした。

クァンシ扮する騎士は内臓を損傷し、倒れていました。

チェンソーマンが歩き出すと、その先にはサムライソードが待ち構えていました。

一瞬、両者は間合いを確かめるように対峙しますが、勝負は一瞬でつきました。

チェンソーマンに向かって斬りかかったサムライソードは逆にチェンソーマンに一撃で両断されてしまったのです。

 

スポンサーリンク

勝てる気がしない

クァンシ、サムライソード…かつてデンジを圧倒したこともある騎士たちが一瞬で屠られていきます。

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」87話より引用

マキマはその状況を見て、表情は変えずに「うん 勝てる気がしない」と呟きます。

でも相手はマキマ、それも想定内なのではないでしょうか?

騎士はまだ5人残っています。

それにデンジの意識が戻るとしたら、キーマンはレゼかもしれませんね。

マキマの次なる作戦はなんなのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『チェンソーマン』ネタバレ87-88話のまとめ

blank

藤本タツキ「チェンソーマン」87話より引用

ついに始まったマキマ&公安対魔特異5課VSチェンソーマン!

(いつの間にか5課が設立されてますね!4課は解散でしょうか…)

少しづつチェンソーマンとマキマの過去も明らかになってきましたね!

こうしてみると、マキマはデンジと出会った時からチェンソーマンとの戦いを頭に入れていたはず。

マキマの壮大な計画がようやく始まったというところでしょうか。

ポチタの正体や、人でもあくまでも魔人でもない者の名前がない理由など新たに分かったこともありました。

デンジの意識が戻り、チェンソーマンをコントロールできるようになればいいのですが…!

レゼの存在がデンジを動かしてくれることを期待しましょう!

ポチタの契約がデンジを守ってくれますように…。

次週、さらなる白熱バトルが予想されます。

これからもますます目が離せません♪

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です