【名探偵コナン】赤井と安室の因縁は彼から始まった!黒の組織の1人「スコッチ」とはどんな人物?

スポンサーリンク

FBI捜査官の赤井秀一と公安警察官の安室透。

それぞれが黒の組織の諜報員として組織に潜入しており、黒の組織を追い続けるという共通の目的を持っています。

そんな2人が敵対し合う理由とは何なのでしょうか。

スポンサーリンク

【名探偵コナン】登場した時にはすでに故人

赤井と安室の共通点が、黒の組織の消滅とは他に一つだけあります。

それは「スコッチ」という人物との関係です。

このコードネームからして彼は黒の組織の一員だということが分かります。

初登場したのは、漫画File937・アニメ第836話。

登場時にはすでに故人となってしまっていますが、年齢は20代後半~30代後半と若くして亡くなられたようです。

スポンサーリンク

【名探偵コナン】安室と共に黒の組織に侵入していた公安捜査員

その正体は安室と同じく警視庁公安部の捜査員でした。

黒の組織に公安の諜報員として潜入していたスコッチ。

普段は冷静で頭の切れる安室が、彼の死に関することに対しては感情を露わにしてしまうほどにかけがえのない存在だったようです。

赤井や安室と年齢もさほど変わりがなく、黒の組織内でもチームとして3人で組むこともありました。

スポンサーリンク

【名探偵コナン】赤井によって殺害?

安室が赤井を強く憎んでいる理由は、スコッチの死に赤井が深く変わっているようです。

安室がスコッチの元に到着した時には拳銃で撃たれ倒れているスコッチと、すぐ傍には赤井の姿がありました。

赤井をFBI捜査官だと知らなかった安室は赤井の手によってスコッチが殺されたと赤井を憎みます。

後ほど、スコッチの死は自殺であったと判明しますが、自殺した際に使用した拳銃が赤井のものであるということ、

そして「しスコッチが本当に自殺だったのだとしても、お前ほどの腕があれば防げただろう」と赤井に対する怨恨は消えないようです。

スポンサーリンク

【名探偵コナン】安室とは幼なじみ

スコッチと安室の関係は、作者である青山先生自ら読者に対して「幼馴染だよ」と打ち明けられています。

安室がスコッチとの幼い頃の夢をみる描写や、同じ公安警察官という職についていること、

スコッチが安室のことを「アイツ」と呼んでいることからしてもかなり深い絆で結ばれた存在であったことがみてとれます。

そんな幼馴染を救えなかった自分との葛藤や、傍にいたなら救ってやってほしかったという赤井に対する気持ちが安室の中で渦巻いているのでしょうね。

スポンサーリンク

【名探偵コナン】「どうぶつの森」で判明したスコッチの名前

スコッチの本名は「ヒロミツ」、漢字では「影光」なのだとか。

これは青山先生が「とびだせ!どうぶつの森」の中のつぶやきで公表されています。

名前が判明したのなら、気になるのは名字ですよね。

名字が分れば家族や親せき情報にたどり着けるきっかけとなること間違いなしです。

スポンサーリンク

【名探偵コナン】家族は諸伏高明だった!?

blank

諸伏高明という人物は長野県警本部捜査一課の警部であり、登場回数はそれほど多くありません。

年齢は35歳で整えられた口髭がどこか優雅で紳士らしさを醸し出している人物です。

コナンや蘭に対しても敬語を使用し、小学生という先入観を持たず一人の人間として対等に接しています。

そんな諸伏警部、実はスコッチの兄。

File1021「遺品」という話の中で、2人が兄弟であったことが判明します。

徐々に明らかになっていくスコッチの周囲、諸伏警部に関してノーマークだった私たち読者。

これからは今までの登場回での諸伏警部の動向や発言にも注目が集まることと思います。

スポンサーリンク

【名探偵コナン】実はスコッチは生きている?

blank

作中では故人として登場するスコッチですが、実は生存している可能性もゼロではありません。

作中では重要人物が死んでいると思われていても、実は生きているといった展開が少なくありません。

また、多くの伏線を敷いているこの作品では誰かが「やつは死んだ」と言っていても鵜呑みにすることは時期尚早。

スポンサーリンク

まとめ

blank

諜報員同士であり、かつては黒の組織の中であったとしてもチームを組んでいた3人。

仲間の死によって絡まってしまった赤井と安室2人の因縁が、解かれる瞬間おとずれるのでしょうか?

2人の関係がこれからどう展開していくのか、とても楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です