【炎炎ノ消防隊】地下(ネザー)編をおさらいするならアニメ版『炎炎ノ消防隊』で!【あらすじまとめ】

スポンサーリンク

2019年に放送され話題となったアニメ『炎炎ノ消防隊』第1期で、大きな見どころとして描かれたのが「地下(ネザー編)」でした。

人体発火現象に怯える世界で、人々を炎の恐怖から守る特殊消防隊の活躍が描かれる『炎炎ノ消防隊』。

中でも「地下(ネザー)編」は、人体発火現象の裏に白装束・伝道者一派という謎の組織が存在することが発覚、そして彼らの居場所である地下(ネザー)へと突入するという話であり、物語の核心へと触れていく大事なエピソードです。

そして主人公シンラにとっても非常に重要な出来事となりました。

そこで今回は、第8特殊消防隊vs白装束が描かれた人気エピソード「地下(ネザー)編」についてのあらすじをまとめました!

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】『炎炎ノ消防隊』の人気エピソード、地下(ネザー)編とは?

人体発火現象の裏で「伝導者一派」という白装束に身を包んだ謎の集団が暗躍していることを知った特殊消防隊。

人工的に焔ビトを作り、シンラを「柱」と呼び、『天照』のキーを求める彼らの目的とは、伝導者とは一体何なのか…そこに人体発火現象の謎があるはずだと考えた第8特殊消防隊は、彼らの居場所・地下(ネザー)への突入を決行。

それは世界の謎を解明するための戦いであり、伝導者一派としてシンラの前に立ちはだかったシンラの弟・ショウを連れ戻す戦いでもありました。

地下(ネザー)では白装束の軍勢・灰焔騎士団が待ち構え、第8特殊消防隊は“鎮魂”ではなく“命をかけた戦闘”に挑みます。

そして最深部ではシンラとショウの兄弟対決が勃発するのでした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】地下(ネザー)編PV解禁!

原作での人気エピソード「地下(ネザー)編」。

アニメ『炎炎ノ消防隊』が放送された2019年には、「地下(ネザー編)」の放送に先駆けて公式PVが公開され話題となりました

地下の緊張感とスピード感溢れるバトル、「地下(ネザー)編」の見どころがありのまま凝縮され期待が高まる映像にファンも大興奮。

かっこよすぎてアニメ本編を見た後でも何度でも楽しめます。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】地下(ネザー)編の主な登場人物

地下(ネザー)編の主役は主人公シンラを含む第8特殊消防隊

森羅日下部、桜備秋樽、武久火縄、茉希尾瀬、アーサー・ボイル、アイリスに加え、第1特殊消防隊を謹慎中の環古達、灰島重工からきた科学捜査員ヴィクトル・リヒト、機関員ヴァルカン・ジョセフが加入した新体制です。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】地下(ネザー)編のあらすじ①導入

烈火星宮が伝導者一派として人工的に焔ビトを造っていたこと、Dr.ジョヴァンニと白装束がヴァルカンの工房を襲撃したことなどから、第1第5第7第8特殊消防隊は伝導者一派の存在と徐々に過激化しつつある彼らの行動を危険視し、敵の全貌が知れないなら拠点を見つけて叩くべきだという結論に至ります。

伝導者の居所を突き止め我々が攻める番だ!!

そしてリヒトがヴァルカン工房での戦闘の痕跡から彼らの居所を導き出しました。

その場所は地下(ネザー)

地下は聖陽教の教えでは太陽神の光が届かない“不浄の地”と言われる場所であり、教会の許可なく立ち入ることのできない禁忌の地

地獄に繋がっているとも言われる暗闇の中へ、第8特殊消防隊9人は意を決して足を踏み入れていくのでした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】地下(ネザー)編のあらすじ②敵は誰?

blank

第8を地下(ネザー)で迎え撃ったのは、シンラの弟ショウ率いる灰焔騎士団

団長のショウ(象日下部)、副団長でショウの守り人アロー、遊撃隊のヨナ、団員のフレイル、ミラージュ、アサルト、Dr.ジョヴァンニとフィーラーが待ち構えていました

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】地下(ネザー)編のあらすじ③地下(ネザー)への突入

blank

真っ暗な地下へビビりながらも突入した第8。

油断せずに進もうと言っていた矢先、さっそくミラージュとヨナの能力により第8は分断されてしまいます

分断した第8にはそれぞれ灰焔騎士団の強者たちが立ちはだかり、各個に交戦を開始するのでした。

  • タマキ&アイリスvsアサルト
  • マキvsフレイル
  • 火縄vsアロー
  • アーサーvsミラージュ
  • 桜備&ヴァルカンvsDr.ジョヴァンニ&フィーラー

各隊員の能力と強みが表れた白熱のバトルに注目!

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】地下(ネザー)編のあらすじ④シンラとショウの対決

blank

仲間たちが各々に熾烈な戦いを繰り広げる中、シンラは“悪魔の足跡”に導かれ弟ショウの元に辿り着きました。

ぶっ飛ばしてでもショウを連れ帰ろうとするシンラに対し、ショウはシンラを家族と認めず2人は相対します。

そしてそれは三柱目と言われるショウと四柱目と言われるシンラの、アドラバースト持ち同士の壮絶な戦いとなりました。

しかし灰焔騎士団団長であるショウの実力は予想を遥かに上回り、シンラは手も足も出ません。

なんとショウは伝導者の加護を受け、時を止めるに等しいほどの能力を有していたのです。

ショウの圧倒的な力を前にシンラは一方的にやられてしまうのでした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】地下(ネザー)編のあらすじ⑤結末

blank

どれだけ傷つこうとショウを諦めないシンラ。

シンラが辿り着いたのは、ショウと同じく“伝導者の加護を受けること”でした。

シンラはショウを介して伝道者の加護を受けることで、ショウが止めた宇宙にも干渉する速さ=光速に達する動きでショウに対抗したのです。

それはアドラバーストの覚醒…シンラの第四世代能力者としての覚醒でした。

その中でシンラはショウと強引にアドラリンク。

それによりショウはシンラや母と過ごした幸せな日々を思い出し、大粒の涙を流しました。

兄の温かい胸に顔を埋めたショウでしたが、しかしハウメアによって再び操作されてしまい、ようやく戻るかと思われた兄弟はまた離れ離れになってしまうのでした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】地下(ネザー)編の放送が終了!ファンの感想満足度は?

blank

「地下(ネザー)編」の放送はファンにとって大満足なものとなりました。

地下(ネザー)の緊張感、白装束の脅威、第8特殊消防隊各隊員の能力や強み、ショウの強さ、シンラの想いなどなど、「地下(編)」の魅力が超作画によって臨場感たっぷりに描かれたからです。

特にシンラvsショウの兄弟対決は、通常の時間軸と常人には目視不可能な2人だけの時間の差を見事に感じさせる演出で、「アニメで見られて良かった!」などアニメだからこその感想も溢れました。

そして最も感想を集めたのがショウの泣き顔

それまで大人びた言動をしていたクールなショウからの予想外の表情に「ショウくん可愛すぎる!」「ショウくんマジ天使」など、多くのファンがショウのギャップに心掴まされたのでした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】地下(ネザー)編は原作コミックスではどのあたり?

アニメ第19話~第23話で描かれた「地下(ネザー)編」は、大久保先生の独特な表現力で描かれた原作もオススメ。

コミックスでは8巻~10巻でたっぷり展開されています

アニメはその後のエピソードも含めた11巻の途中までとなっているので是非読んでみてください!

そして謎の多い地下(ネザー)へは再び第8と第2が協力して突入することになります。

更なる白熱バトルが18巻~19巻で描かれているので是非そちらも読んで頂きたいと同時に、アニメでも描かれると良いですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

地下(ネザー)編は白装束との本格的な戦いの始まりとも言える重要なエピソード

そして特殊消防隊が伝導者やアドラという存在を知り始めたこと、シンラとショウの絆が再び繋がり始めたことなど、この後の物語に大きな影響を与える話です。

人気エピソードということもありとても見どころの多い内容となっています。

原作の面白さはもちろんですが、地下(ネザー)編はやはり演出が秀逸だったアニメでの視聴がオススメですね。

U-NEXT、FOD、dアニメストアなど各動画配信サービスで視聴できますので、好みのサイトで何度でも楽しみましょう!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒登場人物の能力一覧!世代解説、能力や武器の特徴まとめ・・

⇒アニメ1クール目OP(オープニング)主題歌「インフェルノ」・・

⇒新たな「柱」はアイリスで決定…!?シスターの正体に衝撃・・

⇒人気キャラランキングに大きな変動!?ショウ、シンラは何・・

⇒消防官 兼 伝導者一派の一員である烈火 星宮(レッカ・ホシミ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です