【ワールドトリガー】荒船はアクティブスナイパー!マスタークラスなのになぜ転向した?荒船が抱く夢とは?

スポンサーリンク

ジャンプSQにて連載中『ワールドトリガー』。

異世界からの侵略者と隣人と防衛組織ボーダーの戦いを描いたSFアクションです。

今回はボーダーの組織の中から、荒船隊長の荒船 哲次を紹介します。

鋭い目もとと常に被っている帽子が特徴で、荒い言葉遣いだが、たとえ年下にも全力でサポートする合理的で面倒見の良い人物です。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】B級11位隊長 荒船哲次

ボーダー本部所属B級11位の荒船隊隊長。

目つきが鋭く、帽子をいつも被っていて、隊服のファスナーを上まで上げているのが特徴です。

アクション映画が好みな影響か、少々口調が荒いです。

アタッカーランキングとスナイパーランキングともに8000ポイント超えのマスタークラスの実力者です。

「強化睡眠記憶」のサイドエフェクトを持つ村上の師匠でもあります。

元狙撃手で、新人狙撃手に対する入隊指導に関わっていました。

荒船隊長は、スナイパーでありながら近距離戦にも対応できるので、どんな距離でも背中を預けて戦いができます

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】荒船のプロフィール

本名は荒船 哲次

ボーダー本部所属B級11位の荒船隊隊長。スナイパー

生年月日は9月9日、血液型B型。年齢は18歳で、高校生。

身長は176cm、星座はおおかみ座。

進学校で成績も優秀らしく、学業のストレスに追われています

弱点は水に顔をつけること。水が苦手で泳げません。

幼少の頃、犬に右尻を噛まれたらしく、犬を怖がっています。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】荒船の性格は?

冷静で聡明な荒船

アクション映画が好きなためか口調が少々荒いです。

スナイパーとしての能力や、進学組で成績も優秀で、知能を活かした戦闘が可能

また、後輩の面倒見も良く佐鳥、東とともに新人狙撃手に対する入隊指導二関わっていました。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】荒船は飛び降りるシーンが多い?

blank

ハリウッド映画が好みであるせいか、口調も影響され、さらにハリウッドアクションも多いです。

狙撃したあと素早くその場を離れるという狙撃手の基本スタイルに則っています。

やたらビルから飛び降りるシーンが多い魅せ映え系狙撃手

飛び降りるのが目的でわざわざビルから狙撃しているかもしれないです。

大規模侵攻戦では、数回の出番で、ビルから飛び降りるシーンが二度出てきています。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】荒船と仲がいいボーダーは?

blank

同い年の村上鋼と仲がいいです

彼が落ち込んでいた場面では、荒船なりに元気づけていました。

またスナイパー転向の理由に、村上が実力で追い抜いたことを原因かと思われていた件では、「抜かれたときはショックだった」と心情を見せ、「アタッカーはこいつに任せておけばいい」と思ったなど、村上への信頼を寄せるシーンがありました

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】アタッカーからスナイパーに転向した理由は?

blank

荒船の弟子として、現在来馬隊の一員である村上鋼という男がいました。

しかし、村上は目覚しい成長を遂げ、6か月で師匠の荒船を追い越しました

その後、荒船がアタッカーを離れて狙撃兵に変わったときときとタイミングが一致しました。

それを知った村上さんは自分を自責していました。

実を言うと、荒船は現状を打破するために次の目標を掲げ、狙撃手の道を歩み始めました。荒船がたまたま村上に追い抜かれた時に起こっただけだったのです。

荒船は弟子に挫折させられた訳ではなかったのです。

アタッカーはこいつに任せればいい」と村上に任せたいという気持ちを持つきっかけとなる経験のようでした。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】荒船の現在の戦闘スタイルは?

荒船哲司の戦闘スタイルは、イーグレットだけでなく、孤月や旋空孤月の能力を持ち、近距離、中距離、長距離のすべて高度な能力を持っています

最前線で活躍するだけでなく、狙撃兵として正確に敵を撃ち抜く能力、とりわけ指揮官としての適性があります。

荒船哲次の強みは、敵や地形などのコンディションに関係なく対応できることです。

途中で負けても希望を失うことなく一発逆転できるのが大きなアドバンテージです。

また、指導者としてスナイパーの攻撃理論を教えることで、ボーダー全体の能力向上にも貢献しています

しかし、アタッカーとスナイパーの切り替え時の速度や、さらなる進歩を遂げるためのグラスホッパーの導入などの問題があります。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】荒船が目指すのはパーフェクトオールラウンダー?

blank

近距離・中距離に対応するオールラウンダーだけではなく遠・中・近全対応のパーフェクトオールラウンダーになった後、そのノウハウを理論化し一般人が学べるようにすることでパーフェクトオールラウンダーを増やすというのを目標としてアタッカーからスナイパーに転向しました

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

ボーダーにとって、人材の育成から戦闘までサポートできる優秀な人材だということがわかりました

アクション映画が好みで、ビルから飛び降りるシーンが多いなど意外な一面を見せるキャラクターです。

また、スナイパーとしてだけではなく近距離にも対応でき、さらに近・中・遠距離全てに対応することができるオールラウンダーを目指し、しかもそのノウハウを一般の人に普及させることまで考えていました。

後輩に全力のサポートを注いでおり、来馬隊の実力者、村上鋼の師匠ということもわかりました。

荒船はワールドトリガーの作中で今後どのような成長を遂げていくのでしょうか。

ボーダーの今後にどう絡んでいくのか目が離せません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です