【ワールドトリガー】三輪秀次の近界民嫌いは本物!遊真をいきなり攻撃!?変化し始めた三輪の本音とは?

スポンサーリンク

『ワールドトリガー』において密かに「裏主人公」と語られているのがA級三輪隊隊長・三輪秀次

家族を近界民に殺された悲しい過去を持ち復讐に燃えている“近界民絶対殺すマン”でしたが、遊真という近界民と出会い、遊真を受け入れる周囲の環境に戸惑いながら少しずつ変化を見せている注目キャラクターです。

今回はプロフィールから性格、戦闘能力まで三輪秀次を徹底紹介です!

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】最年少隊長 三輪秀次

三輪秀次はA級7位部隊・三輪隊の隊長であり、同年代の隊員たちを率いている17歳の高校生です。

17歳というのは(現在登場している)A級部隊の隊長の中で最年少

若くしてA級部隊をまとめる実力の根底には、ボーダー隊員としての経験値があります。

実は三輪は現ボーダー設立時に入隊した古株

現在それぞれA級部隊長となっている太刀川や風間、嵐山らと近い時期に入隊している古参隊員であり、彼らと同じだけの経験を積んできているのです。

二宮・加古と共に東隊に所属していた時期もあります。

年齢こそ最年少ではありますが、A級部隊を率いるだけの実績と実力が三輪にはちゃんとあるということです。

信頼も厚く、ボーダー上層部の会議にもいつも呼ばれています。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】三輪秀次のプロフィール

プロフィール
  • 三輪 秀次(CV.森田 成一)
  • 10月2日生まれ、17歳
  • みかづき座、A型
  • 身長174㎝
  • 三輪隊の隊長でオールラウンダー
  • 使用トリガーは孤月と拳銃型

V字型の前髪とその隙間から覗く鋭い目つきが特徴の男子高校生。

三輪隊は三輪を隊長として、槍使いの陽気なアタッカー米屋陽介、精密射撃のNo.2スナイパー奈良坂透、真面目な有望スナイパー古寺章平、戦術に篤い年上オペレーター月見蓮の5人で構成されています。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】三輪の性格は?

三輪は真面目で少し堅物気質。

ルールの隙を突くようなやり方の迅や太刀川に苦手意識を持っていたり、自分の価値観が揺らぐような出来事があると目にクマを作るほど悩みこんでしまったりと、真面目すぎて融通が利きづらいタイプです。

口数少なくいつも気難しい顔をしており、なかなか笑顔を見せません。

そんな近寄り難い人柄を形作っているのが、近界民への激しい憎悪

彼はとにかく近界民を嫌っており、「近界民は全て殺す。それがボーダーの務めだ」という過激な考え方を持っています。

遊真が近界民だと名乗った際には話し合いする間もなく容赦なく攻撃を仕掛けるなど、近界民に対して並々ならぬ敵意を抱いている姿が描かれました。

恐らく作中一近界民を嫌っているキャラクターであり、「近界民は絶対許さないぞ主義」城戸派の筆頭と言える存在です。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】三輪が近界民を恨む理由は?

blank

三輪が近界民を人一倍憎んでいるのは、姉を近界民に殺されたから

三輪の姉はトリオン器官を抜かれて死亡したらしく、胸を抉られ力なく横たわる姉を抱きしめる三輪の姿が度々回想として描かれています。

三輪は、プロフィールの好きなもの欄に『姉』が挙げられているほどお姉さんのことが大好きでした。

そんな大切な姉の命を奪った「近界民」ですから、三輪にとってはどんな近界民であっても近界民であれば問答無用で「悪」なのです。

それから三輪は大規模侵攻編で、千佳を守るために三輪を頼ってくる修に、当時の自分の姿を重ねてイライラしていましたが、そういった“あの日無力だった自分”への恨みも、彼が抱える憎悪の中に含まれていそうな気がします。

とにかく彼は「近界民は全て殺す」という目標を持つことで悲しみや後悔を誤魔化しているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】三輪と迅の関係は?

blank

三輪は迅に対して特にキツく接しています

理由はまず性格の違い

比較的真面目な性格の三輪は、飄々として考えの読めないタイプの迅とは絶望的に相性が悪いようで、いつも一方的に邪険にしています。

さらに近界民に対する考え方の違い

「近界民絶対許さない主義」城戸派筆頭とも言える三輪に対し、迅は「近界民にもいいヤツいるから仲良くしようぜ主義」玉狛の代表のような人物。

まったく正反対の立場なので、三輪にとって玉狛は「裏切り者」であり、理解し合うには難しい存在なのです。

しかし三輪は、迅が自分と似た境遇にも関わらず遊真などの近界民の存在を受け入れていることを知り、戸惑いながら少しずつ変化しています

ガロプラ戦では迅をアシストするような動きも見せたので、犬猿の仲とも思われた迅と仲良くなるのもあと一息かもしれませんね。

そして三輪と迅個人との関係として一番注目しておきたいのが、三輪の姉が亡くなった現場に迅がいたことです。

約4年半前のあの日、三輪少年は亡き姉を抱えながら、すでにボーダーとして活動していた迅に「姉さんを助けて!」と必死に縋りました。

その後の描写が未だないので詳しくは分かりませんが、姉を助けられなかった存在として恨んでいるのか、それとも自分の弱みを知る人物として距離を取ろうとしているのか…三輪と迅の間に因縁があることは確かです。

その辺が描かれればさらに2人の距離は変わるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】三輪は「弧月」と拳銃型トリガーを使用

blank

三輪は「孤月」と拳銃型トリガーを使うオールラウンダー

そして愛用しているのが『鉛弾』です。

『鉛弾』はシールドやトリオン弾を突き抜けるという特性を持っている上に、当たれば相手の自由を奪うことができる強力なオプショントリガー。

強力な分、通常の弾より射程も弾速も落ちるため、当てるためには「アタッカーの間合いで渡り合う身のこなし」と「動きながら当てる射撃の腕」が必要と言われる上級者向けのトリガーです。

三輪の『鉛弾』は1発の重り約100㎏の負荷を与えることができ、またメイントリガーと同時に使用できる改良型

『鉛弾』を使いこなしているという点だけでも三輪の実力の高さが窺えますが、三輪はこの『鉛弾』を主軸に中・近距離をうまく立ち回りながら、一気に懐へ斬り込んでいく戦闘スタイルです。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】「風刃」の使用者候補だった?

blank

黒トリガー『風刃』は製作者・最上宗一が大勢に慕われる人柄だったためか、あまり人を選ばない貴重な黒トリガーです。

当初は20人近くの隊員が起動することができ、三輪も候補のひとりでした。

現在も使用者候補として迅の他に、風間、佐伯、加古、片桐、一条、嵐山、木虎、生駒、弓場、村上、三輪の名が挙がっています。

風刃は争奪戦によって迅が所有していましたが、遊真の入隊と引き換えにボーダー本部に差し出し、その使用者として三輪を推薦しました

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ハイレインを追い込むほどの実力

blank

大規模侵攻編の終盤で三輪は敵大将ハイレインと交戦。

他隊員からの事前データやミニレプリカの支援を得ながら、ひとりで黒トリガーを追い込むほどの実力を見せました。

一番の勝因は装備の相性の良さでした。

ハイレインの「卵の冠」がトリオンの弾であることに対し、三輪が装備しているのはシールドを突き抜ける特性を持つ『鉛弾』。

三輪の弾丸は生物を突き抜けハイレインを圧倒しました。

三輪はvsハイレインだけでなく、ミラの黒トリガーに対してもその特性を利用しバイパーで反撃するという機転も見せます。

ミラのワープで三輪は遠くまで飛ばされてしまいましたが、風迅を起動し、見事のアフトクラトルを撤退させる一役を担ったのでした。

アフトクラトルが“金の雛鳥”を優先する動きを取っていたとは言え、『鉛弾』やボーダーのトリガーを使いこなしながら、たったひとりでハイレインとミラという黒トリガー相手にほぼ無傷で立ち回るという実力の高さを見せつけたのでした。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】S級隊員にならなかった三輪

blank

大規模侵攻編で風刃を起動させ、アフトクラトルを撤退させる一手を担った三輪ですが、結局風刃の所有者にはなりませんでした

三輪は「ひとりに専有させるよりも状況に合わせて使い手を変えるべきだ」と進言し、風刃を本部へ返却したのです。

つまりS級隊員にはならず三輪隊も継続、風刃は本部預かりとなり、必要に応じて適合者誰もが使えるものになったのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

ボーダーには三輪と同じように近界民によって家族や家を失った者も少なくありませんが、その中でもこれほどまでに復讐心が強い三輪は、最も正直でリアルなキャラクターなのではないかと感じます。

恐らく三輪はとても優しい人間です。

優しく真面目だからこそ近界民への恨みをやたら抱えてしまっていると思うので、遊真や迅を通じて少しずつでも彼の心や考え方が解れていけばいいなと思います。

『ワールドトリガー』は見どころが多いですが、三輪の繊細な内面にも注目して見守っていきましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です