【ワールドトリガー】ヴィザ翁がやっぱり最強!?遊真に敗北した理由は?読者を驚かせたヴィザのパラメーターとは?

スポンサーリンク

軍事国家アフトクラトルが黒トリガーを4本も投入し攻め入ってきたことで、息つく暇もない大規模戦闘が繰り広げられた大規模侵攻編。

そこで注目されたのがアフトクラトルの老戦士ヴィザです。

レイジを瞬殺し黒トリガー使用の遊真を圧倒的に追い詰めたヴィザは、戦い方すべてにおいてただならぬ実力を見せ、読者に「最強」だと言わしめました。

今回はそんなヴィザの強さを、能力値・性格・戦闘すべての面から分析!

そして圧巻の強さを見せながらも敗北を喫した、空閑遊真との戦闘も詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】作者が認める最強キャラ ヴィザ

読者をザワつかせた強キャラ・ヴィザについて、作者の葦原先生が8巻のカバー裏でこう紹介しています。

間違いなくワールドトリガー世界の最強キャラ候補

つまり作者公認の最強キャラということです。

ヴィザが「最強」たる所以は、数値でも証明されています。

BBF(ワールドトリガーオフィシャルデータブック)で紹介されたヴィザの能力値は以下の通り。※黒トリガー装備時

トリオン 58
攻撃 32
防御・援護 16
機動
技術 14
射程
指揮
特殊戦術
トータル 146

なんとトリオン数値が58!(トリオン怪物の千佳が38。修は2)

あくまで黒トリガー装備時の数値とは言え、他のアフトクラトルの黒トリガー使い(ハイレイン40、エネドラ41)と比べてもズバ抜けています。

しかもヴィザはアフトクラトルの技術「トリガーホーン(角)」を付けていないので、元々のトリオン能力が高いということ。

他にも「攻撃38」「防御・援護16」「技術14」を始めそれぞれ高い数値を持ち合わせており、「トータル146」というのは全キャラで最高値です。

このようにまずはステータスからヴィザの強さがお分かりいただけるかと思います。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ヴィザのプロフィール

プロフィール
  • ヴィザ(CV.中博史)
  • 出身:アフトクラトル
  • 年齢:65歳
  • 身長:176㎝
  • 好きなもの:未知の相手との戦闘、少しの酒、散歩、動物を飼うこと
  • 使用トリガー:黒トリガー『星の杖(オルガノン)』

糸目と白髪が特徴の老人で、仲間からは「ヴィザ翁」と呼ばれています

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ヴィザの性格は?

ヴィザは丁寧な言葉遣いと紳士的な振舞いの上品な老人。

しかしその穏やかな佇まいからは一部の隙も無い凄みが漂っており、飄々としながらも常に状況や相手の動向を観察・分析し、どんな攻撃にも冷静に対処しつつ、任務を最優先とした行動をします

その冷静さの奥にあるのは、歴戦の老戦士たる“厚み”

戦闘経験の多い遊真ですら技術や経験、揺さぶり合いでその厚みには敵わないと悟っているほどです。

しかもそれほどの実力を持っているにも関わらず、相手を侮ってかかることもありません。

高い能力値に加え、長く戦士として培ってきた“全て”がさらにヴィザを最強たらしめているのです。

仲間からも、相手の遊真が黒トリガー使いだと把握した上でも「ヴィザ翁相手ではさすがに生き残れまい」と言われるなどその強さを信頼されています。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ヴィザが持つ黒トリガー「星の杖」とは?

blank

ヴィザが使用しているトリガーが『星の杖(オルガノン)』。

仕込み杖タイプの黒トリガーで、アフトクラトルの国宝のひとつです。

その能力は、自分を中心に設定した複数の円軌道上に超高速のブレードを走らせるというもので、初見ではほぼ不可避。

軌道展開から斬撃がとにかく速く、視認できないほどの高速ブレードで一瞬のうちに対象を討ち取ります。

周囲の建物を斬り刻むほど切れ味鋭く広範囲に展開できる上に、刀を凝集させることで強固な防御ともなる、攻防両面に優れたトリガーです。

「卵の冠」や「泥の王」のようなトリッキーさはなく比較的シンプルなものと言えるでしょう。

だからこそこの老練の剣士が振るうことで圧巻の性能へと昇華しているのです。

そもそも黒トリガーは使い手を選ぶと言われている希少なトリガーですから、その中の「国宝」を担うに値するヴィザに“最強”を感じざるを得ません

そしてヴィザが亡くなった際には、より強力な黒トリガーを生み出しそうで怖いですね。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】遊真と対決した結果は?

blank

大規模侵攻編の見どころの一つが、国宝黒トリガー使いヴィザvs黒トリガー全開戦闘の遊真

2人の勝負は遊真の重ね掛けした『弾』での奇襲から始まりました。

遊真は『錨』で「星の杖」のスピードを落とすなど惜しみなく印を活用しながら激しい攻撃を仕掛けますが、ヴィザは悉く対処し、すぐに遊真の左手を斬り落とします。

ただでさえ高い実力が見える上に、任務を優先した足止め目的の余裕のある立ち回りで全く隙を見せないヴィザ。

そしてヴィザの狙いに気づいた遊真がレプリカを修たちの援護へ回したことにより、2人の実力の差はさらに開きます。

自身の経験値すべてを合わせてもヴィザには敵わないと察した遊真は、なんと正面からの真っ向奇襲を仕掛けました。

当然ヴィザは難なく斬り伏せ遊真を撃破

しかし直後、遊真が生身で攻撃を仕掛けてきたのです。

ヴィザは咄嗟に応戦しようとするも、刃は『鎖』で封じられており、遊真の生身の攻撃をまともに受けることに。

通常生身での攻撃はトリオン体にダメージを与えることはできません

しかし遊真は換装前からトリオン体。

ヴィザの多くの経験を越えた遊真の捨て身の奇襲に、ヴィザは予想外の敗北を喫したのでした。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ヒュースはヴィザの教え子?

blank

黒トリガー使いという以前に剣の達人でもあるヴィザは、後進の育成にも携わっているのか、ヒュースの8歳から14歳まで彼に剣術を教えていました

若くして遠征部隊に選ばれたほどのヒュースの実力の基礎にはヴィザの教えがあったということ。

そのことは「誰に剣を習ったと思っている!」と、ヒュースの誇りにもなっているようです。

6年間も師弟関係だったとなると、現在ヒュースが玉狛で発揮している観察・分析・判断力、先の先を見据えた戦術などもヴィザから吸収したものと思われます。

大規模侵攻編でもヴィザの分析を冷静に聞き入れるヒュースの姿がありました。

ヒュースの実力からも、ヴィザは指導者としても優れていることが窺えますね。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】謎が多いヴィザの若かりし頃とは?

blank

ヴィザの強さについて葦原先生は『個人で城崩しとかしてるレベル。若い頃はもっとやばかったろうな』とも語っています。

トリオン器官は20歳前後で成長が止まると言われている中で、この歳でこのトリオン量を維持し続けているヴィザの若い頃は確かにやばそう

“最強”たる厚みを持つヴィザがこれまで一体どのような人生経験・戦闘経験を積んできたのか非常に気になりますね。

好きなものに「未知の相手との戦闘」とあり、遊真に敗北した際も「これだから戦いはやめられない」と言っていたことから、生粋の戦闘好きであることは窺えます。

今でこそ落ち着いた風格を持っていますが、若い頃はそれこそ“戦闘狂”といった様子で戦場を駆け回っていたのかもしれません。

現在は老練の技や時には狡猾な策で立ち回っているヴィザですが、若きヴィザが圧巻の戦闘力でゴリゴリに戦っている姿も見てみたいと思ってしまいますね。

葦原先生が『過去編を描いてみたくなりますね』と言っていますので、若かりし頃のヴィザが描かれることを楽しみに期待していましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

結論:ジジイキャラは強い。

ただ、異能力などではなく「経験と鍛錬を積み上げてきた年配者が強い」というシンプルで当たり前の魅力を教えてくれたのが、ヴィザが最強候補である『ワールドトリガー』の面白さですよね。

今回あくまでも「神」候補の確保が目的でしたが、侵略目的であったならばこちらの世界はヘタするとヴィザ一人に壊滅させれていたかもしれません。

そんな恐ろしい想像すら現実的に感じさせるのがヴィザというキャラクターです。

今度は遠征という形でこちらからアフトクラトルへ向かう予定ですが、舞台がアフトクラトルとなればヴィザも必ず登場するはず。

遊真への敗北も経験として積んだヴィザは、再び対峙することがあればさらに強敵となっているでしょう。

次はどんな最強ぶりを見せてくれるのか、老戦士ヴィザの再登場に注目です!

若い頃の物語にも期待したいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です