最新ネタバレ『炎炎ノ消防隊』227-228話!考察!紅丸流の覚悟とは!?今2つの太陽がぶつかる!

スポンサーリンク

大久保篤「炎炎ノ消防隊」227話より引用

「聖陽教の消防官と浅草の火消しは違う」

聖陽教下ではない浅草では、火消しは何の後ろ盾もなく鎮魂しなければなりません。

それは自分の手で焔ビトの命を奪うことであり、奪った死を背負っていかなければならないということ。

すべての命を背負う棟梁は「大馬鹿野郎にしかできないのだ」と語る火鉢は、その魂を紅丸に継がせるべく「覚悟を決めろ」と紅丸を叱咤します。

紅丸はついに覚悟を決めますが、しかしそれを伝える前に火鉢が己の鎮魂した遺族に刺され、この世を去ってしまいました。

遺族の凶刃に倒れた火鉢の最期に紅丸は何を思ったのか。

227話は『心残り』ということで、互いに語ることのできないまま別れた紅丸と火鉢や、彼らを支える人たちの思いを是非感じながら読んでください。

 

スポンサーリンク

『炎炎ノ消防隊』227話!のネタバレ

それでは『炎炎ノ消防隊』227話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

浅草火消しの頭の業

火鉢を襲ったのは、焔ビトになってしまった母を目の前で鎮魂された少年でした。

遺族の凶刃に倒れた火鉢。

すべての生死すべての感情を背負い町を引っ張ってきた火消しの頭は、その背負ってきた業により最期の時を迎えたのです。

そう、これは命を奪ってきた報い…。

「俺は悪くない!あんたと同じことをしただけだ!」

少年は涙ながらに訴えます。

火鉢はその言葉、その行為をただ受け止めました。

「ああそうだな…殺したんだ。殺されもするさ」

少年には、火鉢が大人たちに慕われている理由が分かりませんでした。

思うことはひとつだけ。

「なんの権限があって人の命を奪ってんだ!!」

そこがやはり聖陽教の後ろ盾のない浅草。

現実に立ち向かい納得しようとできる大人たちはまだしも、救いを知らない者たちにとってはただ“命を奪っている”という事実だけが残ります。

人々を守るため、焔ビトとなってしまった人を救うための鎮魂…しかし少年の言う通り、浅草の火消しには確かな権限などないのです。

「坊主の言う通りだ。俺もわからねェ」

だから火消しの頭はまともじゃいけないのだと火鉢は言います。

「天下御免の大馬鹿野郎じゃねェとな」

浅草の火消しはシスターの祈りもなく、ひたすら自分の手で命を奪う責任を背負っていかなければなりません。

加護がない中で立ち止まらず、生きている者の命も亡くなった者の命も、火消しの気持ちも遺族の想いもすべてを受け止め背負い、町を引っ張っていくなんて大馬鹿野郎にしかできないということ。

その大馬鹿野郎の魂はしっかりと紅丸に引き継がれています。

そして火鉢はそのまま倒れ、少年は保護されました。

 

スポンサーリンク

紅丸流

時は経ち、浅草には激しく舞う纏とともに「せいや!!そいや!!」という祭りのような声が響いています。

「みんなで全力で送ってやろうぜ」

町を破壊しながら派手に鎮魂を始める紅丸に、涙を流しながら「紅丸ゥ!!」と仲間を送る住民たち。

遺族も涙を流していますが、あの時の少年とは違う涙のように見えます。

「太一のためだ!!気合い入れろオ!!」

読者には見慣れた浅草の鎮魂風景です。

この鎮魂スタイルは浅草独自のものではなく、紅丸が生み出したものでした。

それは火鉢の最期から紅丸が出した答え。

滅茶苦茶には見えますが、遺された人に寄り添う紅丸流の手向けです。

新平太は、新たな形で皆を引っ張る紅丸を見て「こんなことをできるのは若しかいねェ」と言います。

問題は紅丸が大隊長になるのを尻込みしているということ。

紺炉は、紅丸がまだ先代に認められてないと思っているんだろうと言います。

「だから俺たちで若を担いでやんだよ!!」

浅草の男たちは大きな声で浅草の新棟梁を鼓舞します。

 

スポンサーリンク

2つの太陽

(紅…見せてやれ先代に)

紺炉は、空で火鉢鬼と向かい合う紅丸、火鉢が亡くなって以降浅草を背負ってきた紅丸に心の中で語りかけます。

(あとは真の日輪を背負うだけだぜ)

認めてもらえないままだった時が今動き始めたのです。

浅草を背負った男2人の『居合手刀』がぶつかり合います。

互いに壱ノ型“火月”を撃ち合う紅丸と火鉢。

そして紅丸は参ノ型“曙”を、火鉢は伍ノ型“仄日”を構えました。

曙は太陽の昇る明け方のこと。

仄日は傾いた太陽(夕日)を意味します。

つまり紅丸はこれから昇る太陽、火鉢はもう沈む太陽です。

互いの立場を象徴するような技を撃ち合った2つの太陽は、どちらも引くことなく激しくぶつかり合い光の柱となって天を貫きました。

 

スポンサーリンク

イメージと火鉢

衝撃で距離を取ることとなった2人は、改めて怒鳴り合いに。

「死んじまった時より強くなってんじゃねェか!!そんなにあの世は居心地よかったかクソジジイ!!」

「お前は口ばっかり立派になっただけだなクソガキ!!」

そんな2人の様子を見守っている一同は、あることに気づきました。

それは海にまるで浮世絵のような荒々しい波が立っているということ。

「海の波ってこんなのだったか?」と思わず呟くカリム。

それに対して火華は“2人の強い炎でアドラが近くなっている”のだと推測しました。

「海のイメージがこちらの世界の海に影響しているんだ」

221話で描かれていましたよね、『人類が描いたイメージの行きつく場所がアドラ』だと。

海だけではありません。

生前確かに強かった火鉢ですが、さすがに今の紅丸とタメ張れるほどではなかったと紺炉は考えます。

つまりこの火鉢鬼は“自分たち浅草の連中が持つ先代のイメージ”が影響しているということ。

「先代の最期は恨まれ死んだが、それでもやはり畏怖と尊敬を集めていたんだ」

 

スポンサーリンク

紅丸が見せたかったもの

火鉢の死は確かに背負った業の報いなのかもしれません。

しかしそれは浅草火消しの頭の証。

そこには悲壮感もいらなければ、彼の死を引きずる必要もないのだろうと思います。

紺炉は嬉しそうに紅丸に向かって叫びました。

「若!!やり残したことがあんだろ!!」

言葉を受け取った紅丸も笑みを浮かべます。

そして紅丸はこうして現世に舞い戻ってきた火鉢に堂々と伝えました。

「見せてェモンがあんだ!!今度は簡単に死ぬんじゃねェぞ!!」

伝えられなかったこと、見せられなかったもの、背負った覚悟の証明を今示す時。

“真の日輪”を見せる時です!

 

スポンサーリンク
"
"

『炎炎ノ消防隊』ネタバレ227-228話のまとめ

これ次回泣いちゃうやつですね。

あの時覚悟を決めた紅丸の宙ぶらりんになっていた想いがようやくぶつけられる時。

火鉢に認められることで紅丸はようやく“天下御免の”大馬鹿野郎になることができそうです。

浅草火消しの棟梁、そして現在第7特殊消防隊の大隊長を務める紅丸は、火鉢に覚悟を見せ認められることができるのか!

“紅丸の日輪”が如何なるものなのか期待が膨らみますね。

紺炉の言葉からしても紅丸はとっくに浅草を背負う覚悟を持っており、本当にあとは火鉢に“見せるだけ”だったのだと思います。

きっと紅丸はずっと火鉢に見せたかったはず。

皆を惹きつけ導ける強大な力とカリスマ性を持ち、皆の命も火鉢の死も背負い立つ紅丸の“日輪”はきっと眩く大きく、先代・火鉢の“日輪”を越えてくれるでしょう。

 

次回は『冥途の土産』ということで、火鉢は良い土産を持って帰れそうな気がしますね。

紅丸の覚悟とそれを受けた火鉢が改めて何を伝えるのか。

世界が大災害へと進む中、思いがけず繋がった師弟の最後の喧嘩は間もなく決着となりそうです。

次回を楽しみに待ちましょう!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『炎炎ノ消防隊』228話!紅丸感謝の口上!師弟喧嘩クライ・・

⇒『炎炎ノ消防隊』226話!新門火鉢の末路!火消し棟梁の運・・

⇒『炎炎ノ消防隊』229話!月をも従えた紅丸の日輪で師弟喧・・

⇒『炎炎ノ消防隊』224話!破壊王vs破壊の鬼!最強の師弟喧・・

⇒『炎炎ノ消防隊』221話!アドラはイメージだった!?集合・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA