【かぐや様は告らせたい】個性が強いキャラまとめ!関係性も変化している?登場キャラをおさらいしておこう!

スポンサーリンク

漫画・アニメ・実写映画と様々に形を変えながら世間を席巻中の「かぐや様は告らせたい」。

その勢いとともに、作中では生徒会内だけでなくモブのように登場していたキャラクターたちも次々に掘り下げられ、物語がさらなる広がりを見せています

そこで今回は改めて登場キャラクターをまとめました!

かぐやと白銀が「告らせたい」というタイトルを越えたことを機に物語は大きく変化中!

変わり始めているキャラクターたちをおさらいしておきましょう!

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】四宮グループのご令嬢 四宮かぐや

四宮 かぐや(CV:古賀 葵 / 演:橋本 環奈)

秀知院学園生徒会副会長で本作の主人公のひとり。

高等部2年A組、弓道部所属。

四大財閥の1つと称される、総資産200兆円を誇る巨大財閥“四宮グループ”の令嬢ですが、本妻ではなく妾の子。

勉学や芸事などいずれの分野においても高レベルでこなしてしまう正真正銘の天才です。

天才ではありますが筋金入りの箱入り娘なため世俗に疎く、特に恋愛に関してはピュアでポンコツ。

四宮の家柄ゆえに、無意識に他人を見下していたり自分にとっての利害で態度を変えたりするなど非常に利己的な性格です。

かつては「氷のかぐや姫」と呼ばれていましたが、しかし他人に冷たい態度をとるのは人を傷つけないためであり、早坂や藤原書記を友人として大切にしていたり、石上の勉強から恋愛まで親身になって面倒を見たりと、選りすぐった大事なものをとても大切に想っています。

有事の際にはかぐやを形成する様々な人格が脳内で討議する多重人格のような部分もありましたが、白銀への想いの中で自身と向き合いすべての人格を受け入れ、ひとりのかぐやとして成長しました

そして自ら告白し、晴れて白銀と交際することに。

さらに恋愛脳が加速していく中、石上の恋愛の応援と“恋人として”の白銀との接し方に注目です。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】努力だけでのし上がった会長 白銀御行

白銀 御行(CV:古川 慎 / 演:平野 紫耀)

秀知院学園生徒会の会長で本作の主人公のひとり。

高等部2年B組、前生徒会庶務。

学年1位、全国模試2位の学力をもつ秀才です。

裕福な家庭ではないため貧乏性だったりバイトをしていたりと、かぐやと違ってわりと世俗的な性格。

秀知院学園において数少ない高校からの外部入学(混院)ということで他の生徒から蔑まれていましたが、かぐやの横に立つ男になるために死ぬほど努力して勉強し生徒会長に上り詰めました。

成績・人柄・立ち振る舞いなど一見すべてが完璧なように見えつつも、虫が苦手・運動音痴・極度の音痴など実は苦手なものも多く、それらを並々ならぬ努力で克服しています

すべてはかぐやに対して“虚勢”を張るため

「好きだからこそ弱い部分は見せられない」と考える白銀は、常に必死でかっこつけている努力の男です。

“かぐやと対等の存在になる”ために自分からは告白できないと考えていた白銀は、『ウルトラロマンティック作戦』によって言葉に出来ない想いを伝えたのでした。

スタンフォード大学に進学予定であり、残る僅かな学園生活をかぐやの恋人として充実させながら、誰かのため(最近では伊井野の恋のため)に奮闘中。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】いい子過ぎる理想の妹 白銀圭

白銀 圭(CV:鈴代 紗弓 / 演:深尾あむ)

御行の妹で、千佳の妹・萌葉の親友。

中等部2年B組で、中等部生徒会の会計。

透き通るような美少女ですが、その中身は御行同様、経済観念が発達しているしっかり者で、新聞配達をして家計を助けています

しかし最近では父の始めたYouTubeで、自身が横切る度に1万円が投げられるという事態に価値観が崩壊し始めている様子。

御行に対して反抗期中でかなり冷たい態度をとる反面、本当は自慢に思っていたり恋バナも気になっていたりとなんだかんだで兄のことが大好き

兄と思考が似ているのかかぐやに強い憧れを抱いており、なかなか素直に喋ることができませんが徐々に距離を縮めています。

御行とかぐやという大好きな2人の交際を知った圭の今後に注目が集まります

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】占い師兼ユーチューバー 白銀の父

白銀父(CV:子安 武人 / 演:高嶋 政宏)

御行と圭の父。

7年前に妻が出奔したため(籍は抜いていない)、男手ひとつで2人を育てています。

資格マニアで、キャリアコンサルタントの資格などを保有。

過去工場経営に失敗してからは職業不定で、息子たちすら把握出来ていませんでした。

しかしショッピングモールで占い師のバイトをやっている姿が描写された後、現在では自身の経験を活かしユーチューバーに

すでに登録者数5万人を突破している大人気チャンネルとなっています。

体育祭以降たびたびかぐやの前に現れてはからかって楽しんでる様子を見せながら、息子たちの恋愛を陰ながら応援していました。

現在は息子たちだけでなく、占い師・ユーチューバーとして子安つばめの支えにもなっています

恋に四苦八苦する高校生たちの青春を後押しする大人として注目です。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】ゆるふわ天然巨乳 藤原千花

blank

藤原 千花(CV:小原 好美 / 演:浅川 梨奈)

秀知院学園生徒会の書記で本作のヒロイン。

高等部2年B組、テーブルゲーム部所属。

ピンクの髪に大きな黒いリボン、作中随一の巨乳が特徴です。

明るく天真爛漫で学園内の交友関係も広い人懐こい性格ですが、空気の読めないド天然で、場を荒らしまくるジョーカー的な人物として恐れられています

その反面、時にはそのアホぶりが皆の救いとなることも。

実は政治家一族の家系で語学力にも長け、天才ピアニストと称される他にもギターやボイパなど音楽の才能もさりげなく発揮しているなど意外と多才で優秀

最近では本作がラブストーリー要素強めになってきたために鳴りを潜めていますが、唐突に四天王とのラーメン回が挟まれるなどそのエキセントリックな登場ぶりに目が離せません。

ちなみに“石ミコ派”としてミコの恋愛を応援する姿勢。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】藤原家の長女と末っ子 豊実&萌葉

blank

藤原 豊美(CV:小松 未可子)&藤原 萌葉(CV:小澤亜李)

藤原家の長女と三女。

千佳が「うちの家族私以外ちょっと変なんです!」と言うほどアクの強い姉妹です。

大学生の豊実は、体育祭で露出度の高い服装で登場し、千花以上の爆乳を見せつけ読者の注目を浴びました

クリスマスツリーを門松に改造するなど藤原家に奇妙な文化を根付かせた張本人で、その上「ウチのクリパなんかキモイ」と言ってのけるなど、千花以上に自由奔放な性格が窺えます。

三女の萌葉は秀知院学園中等部2年B組で、中等部生徒会の副会長。

圭の大親友で、「圭を一生地下牢に閉じ込めて可愛がりたい」など少しサイコパスじみた愛情表現の持ち主

白銀のことが好きで、かぐやと牽制し合うこともありますが、かぐやと白銀が付き合いだしたことでかぐやと萌葉の関係にどんな変化があるのか注目です。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】侍女から本当の友達へ 早坂愛

blank

早坂 愛(CV:花守 ゆみり / 演:堀田 真由)

高等部2年A組のギャル。

その正体は四宮グループ幹部の娘で、幼少期からかぐやを支えているかぐやの近侍。

近侍としての早坂、ギャル形態の早坂愛、スミシー・A・ハーサカ、ハーサカ君など状況に応じて様々な見た目や性格を使い分けながらハードな仕事をこなす反面、マザコンの傾向があったり男友達が欲しいと思っていたりと可愛らしい素顔を持っています

かぐやと姉妹同然に育ってきましたが、しかしその裏では四宮家長男・黄光のスパイのような任務も請け負っており、かぐやに嫌われたくない思いや罪悪感に苛まれていました。

三男・雲鷹によりその裏切りとも言える行為がかぐやに伝えられてしまい、かぐやと早坂の主従関係は終わりを迎えます。

しかしそれは友達としての始まりでした。

早坂は髪型をボブに変え「かぐや」と呼び、かぐやは「愛さん」と呼び、互いに今まで以上にかけがえのない関係となったのでした。

作中で一番変化したのはこの2人ですね。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】かぐやの良き相談相手 柏木渚

blank

柏木 渚(CV:麻倉 もも / 演:池間 夏海)

高等部2年B組、ボランティア部所属。

父は大手造船会社の会長、祖父は経団連理事で、学園VIP枠のひとりです。

恋愛相談のため生徒会室を訪れたことがきっかけでかぐやと懇意になり、その後は逆にかぐやからの恋愛相談を受けるなど、恋愛面においてのかぐやの良き先輩・良きアドバイザーとなっています

彼氏の浮気を疑った際には殺意を口にしたり探偵を雇ったりとややメンヘラ気質があったり、所かまわず翼とイチャイチャしたりと、少し恋愛観が重めの女の子。

しかしかぐやからの相談に対しては渚自身が恥ずかしくなってしまったり、あるいは白銀とかぐやのノロケぶりをツッコんだり隠そうとしたりなど、他キャラとは少し違う視点で苦労している人物でもあります。

すでに彼氏とは神っており、読者の間で妊娠疑惑が浮上中

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】華麗なる医師家系の跡継ぎ 田沼翼

blank

田沼 翼(CV:八代 拓 / 演:ゆうたろう)

高等部2年B組、ボランティア部所属で柏木渚の彼氏。

病院長の息子で、四宮家お抱えの医者・田沼正造の孫

白銀から伝授された壁ダァンによって渚への告白に成功しました。

渚と神ったであろう夏休み後から髪を染めすっかりチャラい風貌に

しかし医者志望ということもありどんどん学力を上げています。

父も祖父も17歳でデキ婚しているため、今年17歳の翼もその道を辿るのか、渚は妊娠するのかが注目されています

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】翼にずっと片思い中 四条眞妃

blank

四条 眞紀(CV:一ノ瀬 加那)

高等部2年B組、ボランティア部所属。

四宮家の血筋で、かぐやの再従姪孫といった遠縁の関係。

かぐやに対抗心を持っていますが、傲慢で素直じゃないところなど言動の端々がかぐやと双子レベルにそっくり。

しかしその中身はとても健気で繊細であり、結局本音を漏らしてしまうなど傲慢な時と素直な時の緩急が激しいため、石上から「ツンデレ先輩」と言われています。

白銀や石上の相談に親身になるなどとても優しい性格なのに、本人は想い人の翼が親友の柏木と付き合ってしまった上に、2人のラブラブぶりを見せつけられるという可哀想な立場

翼を諦めることも渚を嫌いになることも出来ず、悟りを開きにインドまで行くほどに苦悩しています

自身の恋は上手くいかないものの、白銀や石上の良き相談相手となっているとても良い人。

家柄上かぐやと距離を取っていましたが、確執を乗り越え友人としての一歩を踏み出しました

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】マキのハイスペックな弟 四条帝

四条 帝

四条眞紀の双子の弟で、全国模試で白銀を遥かに上回る成績で1位に君臨している人物

“近所の友達とサッカーがしたい”という理由で近所の公立高校に通っています。

公立進学を心配する親を黙らせるために全国模試1位を取り、且つ弱小サッカー部をインターハイ出場に導いたという文武両道の真の天才

しかしその人柄は意外にも普通の青年で、姉のマキにはいつも振り回されている様子。

学業での白銀のライバルであり、四宮家と確執のある四条家の男子であることから、今後どんな風に物語に絡んでくるのかが注目されます

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】陰キャラのはずがモテ男に 石上優

石上 優(CV:鈴木 崚太 / 演:佐野 勇斗)

高等部1年B組、秀知院学園生徒会の会計で本作の裏主人公。

零細玩具メーカーの次男で情報処理能力に長けています。

根暗で卑屈でネガティブな性格で、青春めいた物事に対するヘイトや人(主に藤原)の非を責める時などは発言し始めたらブレーキが利かなくなる様子が見どころ

停学処分から不登校になっていた時期があり、白銀のおかげで復学したという過去があります。

人間観察力が高い上に正義感・責任感が強く利他的な性格。

不器用かつ過去に関する噂により周囲の厳しい目がついて回っていますが、生徒会メンバーを始めその性格を理解する者も増えており、何気にモテ男になりつつあります

3年の子安つばめへの恋に奮闘中ですが、石上を巡る恋愛は本人だけに留まらず、裏主人公としてのラブストーリーに注目が集まっています

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】真面目一筋の頑張り屋 伊井野ミコ

blank

伊井野 ミコ(CV:富田 美憂)

秀知院学園生徒会の監査で風紀委員も兼任している、本作の裏ヒロイン。

高等部1年B組で、白銀生徒会二期目から生徒会入りしました。

正義感が強く真面目で融通が利かない性格のため他の生徒に疎まれがち

学年1位の成績をキープしている優等生ではありますが、その心中には「トップから陥落したら自分の言うことを聞いてもらえなくなるのでは」という強迫観念があり、他にも“藤原書記に対してDV被害者のような境地に達している”“ラクダの鳴き声やイケボで癒される”“大きな熊に抱きかかえられるように寝ている”“幼少期からのタオルケットを使い続けている”“写経でリラックスする”など、なかなかに闇深い人物です。

石上の復学に陰ながら関わっており、石上とは嫌い合いながらも実は互いに知らないところで助け合っているという不思議な関係

クリスマスに骨折して以降石上に恋心を抱き始めており、徒会を中心とする関係者内では“石つば派”と“石ミコ派”の論争に発展中。

ミコの初めて抱く感情、そして彼女が中等部時代から心の支えにしている匿名の手紙の差出人が石上だと知った時どうなるのかに読者の関心も集まっています

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】ミコの良き理解者 大仏こばち

blank

大仏 こばち(CV:日高 里菜)

高等部1年B組、風紀委員。

元子役の美少女で、周囲から疎まれていたという過去があり、現在は大きな丸メガネをかけて地味な風貌をしています。

ミコの小等部時代からの親友で、彼女の性格も扱い方も知り尽くしている人物

他の生徒に疎まれ孤立しがちなミコを長らく支えてきており、また石上の優しい本質にも気づいており、彼に関する噂にも懐疑的。

何故なら大仏は石上のミコに対する行動をたびたび目撃していたからです。

大仏はそのうち石上に好意を抱き、そして自分の心の中で失恋しますが、今でも石上を好きという気持ちは変わっていません

恋にならなかった「好き」を抱え、人知れず石上の幸せを願い“石つば”を応援しています。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】こじらせ系マドンナ 子安つばめ

blank

子安 つばめ(CV:福原 遥)

高等部3年A組、新体操部所属。

体育祭では応援団副団長、文化祭では実行委員長を務めるなど学園生活最後の行事を満喫している陽キャ。

誰とでもフランクに接する裏表のない性格で面倒見も良く、学園のマドンナであり石上の想い人です。

石上から告白されるも、過去の恋愛経験から恋愛に臆病になっていることや、石上のことを“もっとよく知ってから”という思いなどから返事を保留にしています

石上のことを「好き」ではありますが、その「好き」が恋としてのものなのかと悩みをこじらせており、クセの強い友人たちや時には占い師(ユーチューバー)である白銀父に相談を持ち掛けることも。

白銀父のアドバイスにより、石上と“どういう関係になりたいのか”を見定めるために大友京子と接触することに。

石上への返事は一応「3月まで保留」となっていますが、悩んだ末に彼女が自分の気持ちとどう向き合うのか、石上を巡るラブストーリーの鍵を握っている人物です。

 

【かぐや様は告らせたい】見た目ギャルの正統派 小野寺麗

小野寺 麗(CV:高田 憂希)

高等部1年B組、ラクロス部所属。

有名ジュエリーブランド社長令嬢で、JK語を使いこなすギャル。

応援団に入ったり文化祭実行委員になったりとクラスを代表する責任ある立場を請け負っている他にも、成績が学年上位50位以内に入っているなど、見た目に反してしっかり者で優秀

思ったことを口にする少しキツめの性格で、初めは良くない噂の立つ石上に対してもキツく接していましたが、体育祭を通して良好な関係を築いています。

同じような立場にあったミコとも今ではすっかり友人関係に

石上・ミコとの交流で“噂で人を判断することがくだらない”と知った小野寺は、かぐやと白銀の交際を知っても口外しない意志を見せました。

ギャルでありながらも作中随一の“正統派良い子”として人気急上昇中の小野寺は、“石ミコ派”としてミコの恋を応援する姿勢

 

【かぐや様は告らせたい】マスメディア部 紀かれん&巨瀬エリカ

紀 かれん(CV:朝日奈 丸佳)&巨瀬 エリカ(CV:朝井 彩加)

校内新聞の作成などを手掛けているマスメディア部の2人で、ともに高等部2年C組。

紀かれんは大手出版社の社長令嬢。

熱烈な“白銀×かぐや派”で、普段から2人の妄想漫画を描きまくっています。

翼に生徒会に相談しに行くことを提案した張本人です。

巨瀬エリカは大手味噌製造メーカーの社長令嬢。

熱烈なかぐや信者で、かぐやと目を合わせただけで卒倒してしまいます

この2人は同じ『週刊ヤングジャンプ』内で連載されているスピンオフ4コマ漫画「かぐや様を語りたい」の主人公にもなっている注目人物たち

彼女たちを通して本編の裏で何が起きていたかなどを覗き見ることができる名スピンオフですが、物語が青春群像劇となってきている今、そろそろ本編での活躍も期待したいですね。

 

まとめ

blank

始めこそは白銀とかぐやの恋物語が中心となっていましたが、今ではすべてのキャラクターの青春が描かれて始めています。

つまりどのキャラクターが主人公とも言えるのです。

作者の赤坂アカ先生は「青春のすべてを描きたい」と言っているので、すべてのキャラクターに今しか体験できないような様々な感情や経験、変化をもたらしてくれるでしょう。

結論はズバリ、全キャラクターに注目です!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です