【かぐや様は告らせたい】原作で描かれた告白まとめ!本当のモテ男は石上!?それぞれの恋愛関係とは?

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』は、白銀御行と四宮かぐやという天才2人の頭脳を駆使した(?)恋愛模様が描かれる大人気ラブコメ作品。

しかし舞台は青春真っ只中の学園であり、白銀とかぐやの他にも様々な恋愛事情や思惑が絡み合っていきます。

見どころが白銀&かぐやだけではないところが『かぐや様は告らせたい』の面白さです。

特に現在は裏主人公と言われる石上の物語が大きく動き出しているところ。

そこで今回は原作で描かれた、それぞれの告白と恋愛模様についてまとめました!

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】ウルトラロマンティックな白銀御行

ご存知の通り白銀は“かぐやから告らせたい”と考えていました

これはプライドの高さが理由となっているのですが、そこには“自分から告白してしまったら一生対等になれない気がする”という思いが隠れていました。

かぐやに憧れ、かぐやの横に立つために死ぬ気で頑張ってきた白銀は、かぐやから告白されて初めて対等だと思える気がしていたのです。

しかし海外留学の決まった白銀には時間が差し迫っていました。

そこで白銀は「文化祭までにかぐやから告白されなかったら自分から告白する」と決意。

自分からは告白できない白銀は、言葉に出来ない想いを行動で示すことにしたのです。

それが『ウルトラロマンティック作戦』。

白銀はハートが特別な意味を持つ奉心祭(文化祭)で、ありったけのハート型バルーンを飛ばすことで想いを伝えます。

そしてかぐやからはキスをもって答えが返ってきたのでした。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】告らせたいどころか自ら告白した四宮かぐや

ご存知の通りかぐやは“白銀から告らせたい”と考えていました。

これはプライドの高さが理由。

しかし文化祭以降白銀と距離を縮める中で、かぐやは自分の素直な気持ちと向き合うことになります

今まで白銀もかぐやも本心を見せず互いに怯えるように接してきました。

そこには白銀の「好きだからこそ弱い部分は見せられない」という考えがあり、かぐやの「悪い自分を押し殺す」という行動があったから。

しかし「好きだからこそ全てを分かち合いたい」と考えるかぐやは、その弱い部分も含めて寄り添い支え合っていこうと白銀に伝えました。

それこそかぐやの望んでいた“普通の恋”。

だからかぐやはちゃんと言葉で表す決意をします

そして次のデートの日、白銀と過ごすうちにポロッとその言葉が溢れてきました。

貴方が好き。私と恋人になって…

言葉にすることによって、ようやく2人の交際が開始しました。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】つばめ先輩に直球で告白した石上優

学園のマドンナ・子安つばめに恋をした石上。

彼は意外と積極的で、文化祭ではつばめをデートに誘うことに成功します。

そしてなんと公衆の面前でハートのクッキーを渡し無自覚に告白

会話の食い違いもあり3月まで答えは保留ということになりました。

そんな中で訪れたクリスマスパーティ。

石上とつばめはゲストハウスのベッドで良い雰囲気になり、石上は改めてド直球で告白したのでした。

凄く好きです。僕と付き合ってください

しかしつばめからは“同情で寝てあげるだけ”と捉えられるような言葉が返ってきたために石上は拒んでしまい、2人にそれ以上の進展はありませんでした

それでも石上は後日「これから僕を好きになってもらえるよう頑張ります」と伝え、以降もつばめをデートに誘うなど積極的に自分の恋を掴もうとしています

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】好きをこじらせている子安つばめ

blank

石上から告白されたつばめ。

しかし過去の恋愛を引きずり臆病になっている彼女は、石上とは逆に恋に積極的になれずにいました。

それでもはっきり断れずにいるのは、もっと石上を知りたいと思ったから

そして知っていくうちに、自分の中にある「石上が好き」という感情がはっきりしていきます。

しかし恋に裏切られた経験のあるつばめには、その「好き」が恋としてなのか友人としてなのかが判断できません

悩むつばめは友人の阿天坊と朝日に相談してみたり、占い師(白銀父)に相談した挙げ句パワーストーンを買ってみたり、自分なりに恋に対して向き合う姿を見せています。

石上のまっすぐな想いに応えるため、自分の「好き」をはっきりさせようと彼女もまた奮闘中なのです。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】すでに神ってたバカップル 柏木渚&田沼翼

blank

恋に悩む一同をよそに、すでに神の域に達しているのが柏木渚&田沼翼

片想いの翼が白銀から授かった『壁ダァン』を実行したことで交際が始まりました。

勢いでOKしてしまった渚ですが、ボランティア活動を経て仲を深めて以降、浮気を疑って殺意を抱くなど次第に本気となり、気づけば2人は周囲がうんざりするほどイチャイチャするバカップルに。

人目を憚らずキスをするなど、作中で最もやりたい放題の恋愛をしています。

初キスから二ヶ月ほど(恐らく夏休み)には神っており、クリスマスも当然温かく過ごした様子。

気になるのは翼の祖父も父も“17歳で子どもができた”ということであり、現在まさに17歳である彼らに読者の注目も集まっています

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】告白したいのに出来ない四条眞妃

blank

妊娠疑惑の立つ渚の横で、恋に涙しているのが四条眞紀。

マキは翼に片想いしていましたが、彼が親友の渚と付き合うことになったため失恋してしまいました

それでもマキは翼を諦められません。

しかし2人は必要以上にバカップルで、間に割って入るのは「神殺しくらい困難」だと言われるほどもはやどうにも出来ない存在。

そもそもマキは幼等部からの親友である渚のことも嫌いになれないので、2人の仲を裂こうとすることはありません

2人のイチャつきぶりを見てマキは「友達と好きな人をいっぺんに失った気分」を味わったりしていますが、それでも恋を諦めることも親友を憎むことも出来ない優しさに彼女の恋の苦しみがあります

一時は苦しみから逃れるため悟りを開こうとインドにまで出向いたマキですが、果たして彼女に幸せは訪れるでしょうか。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】自分の想いに気づいちゃった伊井野ミコ

blank

伊井野ミコは裏ヒロインとしての存在感が覚醒しようとしています

相手は犬猿の仲の石上

生徒会に所属したことがきっかけで少しずつ石上への見方が変わりつつあったミコは、奉心祭で石上から(落とし物の)ハートのキーホルダーを受け取った時から少しずつ変化が見えていました。

明らかに意識が変わったのは、クリスマスパーティの日に階段から落ちた石上を庇って骨折したことがきっかけ

責任を感じた石上が四六時中ミコの身の回りの世話をすることになったことで、ミコがはっきりと恋心を抱いていきます

石上のことが好きなのかという白銀の問いには「嫌い」だと答えたミコですが、その言葉とは裏腹にこう涙を浮かべるのでした。

それでも…つばめ先輩とデートした話聞いていたら…鼻の奥がツンてなって苦しくなる

田沼医師の言葉を借りれば「恋の病だね」。

これで中等部時代に匿名で貰った押し花付きの手紙の送り主が石上だと知れば、さらに気持ちが高まるでしょう。

しかし白銀とかぐやの恋に対して「横恋慕なんてしない」と語っていましたし、真面目なミコの性格を考えれば、自分の気持ちを押さえ込もうと病んでしまいそうですよね。

もはや限りなく両想いに近づいてきた石上とつばめの関係を前に自分の想いとどう向き合っていくのか、ミコの恋もマキ同様に険しい道となりそうです。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】実は石上に恋していた大仏こばち

blank

恋をし始めたミコですが、対して親友である大仏は意外にも“石上×つばめ”推しでした。

それは石上が「好き」だから

中等部時代からミコの傍にいる大仏は、ミコを陰ながら助けていた石上をちゃんと見ていたのです。

その姿に恋をし…かけますが、大仏は石上がミコの机に例の押し花入りの手紙を仕込むところも目撃してしまいました。

どうやらその時彼女は恋を諦めてしまったようです。

後に石上がミコのことを好きだったわけではなく“頑張っているのを誰かがちゃんと見ている”ことをミコに教えたくてやったのだと知りますが、現在石上につばめ先輩という明確な想い人がいる以上、やはり大仏の「好き」が恋になることはありません。

せめて幸せを願う位は許して欲しいものだよ

大仏は恋になることが出来なかった自分の気持ちに区切りをつけようと“石つば”のために動き出したのかもしれませんが、これもまたひとつの「好き」の形なのです

 

スポンサーリンク

まとめ

様々な恋愛があってどのキャラクターも目が離せないですよね。

そんな中でヒロインである藤原書記の“ふ”の字も出ないところが凄いですけど。

やはり最も予想が出来ないのが、もはやモテ男と言うべき石上関連でしょう。

石上の気持ちははっきりとしていますが、彼を巡る女の子たちがどんな気持ちでどんな行動を起こすかで物語が大きく変化しそうです。

皆が皆幸せになることがなかなか難しいのが恋愛というものですが、それでも皆がハッピーエンドになるようそれぞれの恋愛を応援していきましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です