最新ネタバレ『ブラッククローバー』255-256話!考察!ノエルの必死の攻撃虚しく、ロロペチカが連れ去られる!

スポンサーリンク

前回254話は、ネロの封緘魔法でヴァニカの魔力と悪魔の力を封じ込めます。

しかし次の瞬間、強大な魔力が溢れ出てネロを包み込みます。

そしてロロペチカの魔法で生み出した水域を破壊します。

ネロとノエルは傷を負っています。

「もう少しで力が封じられていた」とメギキュラが話し、人間を褒めたたえます。

呪符魔法「衰える世界」自分に影響する魔法術式を減退させる魔法を70%解放したときに発動していたとメギキュラが説明します。

さらにウンディーネは呪いをかけられて戦闘不能の状態になり、ロロペチカは絶望します。

ウンディーネとの日々を思い出し、涙を流します。

ヴァニカはまだ戦えるかどうかロロペチカに聞きますが、ロロペチカはそれどころではありません。

するとヴァニカは「こいつもうだめだ」と言ってロロペチカへの興味をなくします。

ノエルはが立ち上がりますが、ヴァニカは興味を示します。

ノエルがヴァニカに向かっていきますが、ヴァニカは余裕の表情で攻撃をします。

しかし、ノエルは「力の差なんて関係ない」と言い、致命傷を避け、ついに槍をヴァニカの心臓に突き刺します。

今回もヴァニカの残酷さが浮き彫りになります。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』255話!のネタバレ

田畠裕基「ブラクロ」255話より引用

それでは『ブラッククローバー』255話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ロロペチカが連れ去られる

ヴァニカに槍を突き刺したノエル。

田畠裕基「ブラクロ」255話より引用

余裕の表情のヴァニカは紅いケダモノを繰り出し、ノエルは「ロロペチカは殺させない」と言って海流の咆哮を繰り出します。

攻撃は相殺され、ヴァニカが余裕の表情をしますが、ヴァニカに攻撃は届いていました。

やはり、ヴァニカに致命傷を与え事はできませんでした。

ノエルは血だらけで膝まづいています。

ノエルは今の攻撃でも無理かと絶望しています。

するとヴァニカはノエルへの興味を再度持ち、急にロロペチカを殺すのを止めます。

田畠裕基「ブラクロ」255話より引用

名を訪ねると、ノエルは「ノエル・シルヴァ、黒の暴牛の魔法騎士よ」と言います。

そしてロロペチカをスペード王国に連れて行くと言いだします。

 

スポンサーリンク

漆黒の使徒消滅

blank

田畠裕基「ブラクロ」255話より引用

ヴァニカはノエルの母アシエ・シルヴァを思い出し、「楽しかったなあ」と笑顔で話します。

アシエの子供を人質にとったら強くなったのを思い出し、ヴァニカはロロペチカを人質にすればノエルがもっと強くなると考えたようです。

ノエルは怒りでどうにかなりそうです。

ノエルの必死の攻撃でロロペチカが殺されるのは免れました。

ミモザと蛙さん。

蛙さんがハート王国に戻るヴァニカを見かけて声をかけると、ヴァニカは「キモイから話しかけないで」と言います。

blank

田畠裕基「ブラクロ」255話より引用

そして「アンタラもういらない」と言い、呪符魔法「暴発する命」で蛙さんを含め漆黒の使徒全員体の体が膨らんでいきます。

漆黒の使徒全員信じられないという表情でヴァニカの名前を呼んでいました。

「ここら辺吹きとんんじゃうけど、ノエルちゃんなら大丈夫」と言います。

最後にノエルに強くなってと言い残してヴァニカは去ります。

ノエルは、今後相当強くなるかもしれないですね。

blank

田畠裕基「ブラクロ」255話より引用

そしてハート王国で4つの大きな爆発が起きました。

 

スポンサーリンク

ヤミVSダンテ

ヤミがダンテを刀で斬りますが、悪魔の力でダンテの傷は修復していきます。

ヤミを素晴らしいと認め、本当の悪魔の力を見せるといいます。

blank

田畠裕基「ブラクロ」255話より引用

ヤミは「俺も見せてやる、ただの人間の本当のちからを」と言います。

ヤミの新技が見れらるかもしれません。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』ネタバレ255-256話のまとめ

blank

田畠裕基「ブラクロ」255話より引用

今回は、ノエルの必死の攻撃がヴァニカに届かない、ヴァニカがロロペチカを連れ去る、漆黒の使徒が消滅するなどがありました。

今回でノエルは大きな心の傷を負いました。

しかし、怒りがノエルを強くさせてくれると思いますね。

今度はノゼルとノエルで共闘して母の仇を討ってほしいです。

ダンテ戦に関しては、ヤミが負けてしまいそうな予感がします。

これでダンテに負けてしまったら、ヤミが連れ去られてしまいます。

そしてヤミとヴァンジャンスの魔法を使って悪魔をこの世界に読呼び込むことになってしましまいます。

この状況を変える術がほぼありません。

ユノやアスタも漆黒の三極性には勝てず、一番期待していたロロペチカですら勝てませんでした。

魔法帝という大きな大黒柱を失ったことが悔やまれます。

ここからの成長に期待したいですね。

blank

田畠裕基「ブラクロ」255話より引用

次回は、ヤミの本気とダンテの本気が見られると思います。

おそらくダンテは、悪魔の力75%以上解放できると思われます。

ヤミの新技でもおそらくダンテに勝つのは無理そうです。

悪魔たちと戦う姿が思い浮かびますね。

その場合、アスタに憑いている悪魔が何か発覚するかもしれません。

そしてユノがこれからどう覚醒していくかも楽しみですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です