最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』182-183話!考察!大仏こばちの過去が判明?!つばめが考えた計画とは?!

スポンサーリンク

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

大仏こばちは幼い頃、テレビに出て自己紹介を明るくするなど、人前がそんなに苦手な子ではありませんでした。

そこには親の職業も影響しているのでしょう。

でも、親が週刊誌で不倫を特集された為、それまでの羨望(というより嫉妬)はざまぁみろの大合唱となって、こばちに降りかかってくることになりました。

それは、中学生だったこばちを歪ませるには十分な威力でした…。

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』182話!のネタバレ

それでは『かぐや様は告らせたい』182話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

大仏こばちの中学生時代

親の不倫騒動から始まり、美人だったこばちは暗い女の子になっていきました。

でも、悪くいう子がいれば伊井野がこばちの代わりに怒ってくれました。

(伊井野と今でも仲良しなのも頷けますね!)

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

石上は関係もないのに「やり方がねちっこいんだよ お前らのそれって大仏に対しての嫉妬だろ?」と女子に直球を突っ込んでくれました。

(おかげで石上は女子から総スカン)

だからか、こばち本人はトラウマという程の辛さを感じずに過ごしていました。

 

スポンサーリンク

つばめ先輩との出会い

つばめは、こばちにとって2歳年上の先輩にあたります。

つばめはこばちにわざわざ会いにきたのです。

「君が噂の大仏こばちちゃんだね」

つばめは自分も容姿のことで嫉妬されて大変だったことを話しました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

「皆 劣等感から自分を守りたいのさ」

こばちは当初、つばめのことをお節介な先輩だと思っていました。

つばめは自分に境遇が似ているこばちを放っておけなかったのかもしれませんね。

 

容姿に恵まれた人間は、望まなくても嫉妬されてしまいがちです。

だから、その嫉妬を捌けるコミュ力がないと詰みになってしまいます。

捌けない子は、同性の嫉妬に嫌気がさして異性とつるむようになり、男好きと更に叩かれるようになるという黄金パターンが待っています。

つばめは黄金パターンを突き進んでいるタイプの美人です。

「女の人に可愛いって言われるのが苦手なんです」

こばちの悩みは一見すると自慢のように聞こえますが、つばめにはよくわかる悩みです。

つばめにしか言えない悩みとも言えるかもしれません。

「まぁね つって流せばいいのさ」

つばめのアドバイスは、こばちには言えなさそうな答えでしたがw

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

「辛い時は頼ってよ とりあえず味方してあげるからさ」

こばちにとってつばめがお節介な先輩ではなく、頼りになる素敵な先輩に変わった瞬間です。

だからこそ、こばちは知っています。

“子安先輩を好きになった石上は正しい”

 

スポンサーリンク

つばめの計画

時は現在に戻り、生徒会室。

つばめはかぐやとこばちを集めていました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

「今度大友ちゃんに会うことにした、優くんに対する誤解を解きたいから」

誤解を解くー…。

ありのままを伝えてしまうことは、石上の努力を無意味にすることになります。

それだけは避けなければいけません。

つばめもそれはわかっていました。

「だから頑張って考えたんだよ」

つばめなりに考えた妥協点…。

つばめはかぐやとこばちにとんでも無いことを言い出し始めました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

その計画を聞いたかぐやは「良いじゃないですか それ。実に私好みのやり口ですよ」といたく気に入った様子です。

かぐやにとって、つばめは純粋無垢といったイメージでした。

でも今回の計画を聞いたかぐやは、つばめに対して「卑怯な事もできるのですね」と言っています。

卑怯な事…とはどんな計画なのか非常に気になりますね〜!

 

スポンサーリンク

協力してほしいの

「私には出来ないし思いつきもしない方法だわ だけど貴女なら出来るのね?」

かぐやは楽しそうな顔をしつつ、つばめに確認します。

つばめは覚悟を決めたように頷きました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

「だけどちょっと大がかりになるからさ 2人にも協力してほしいの」

つばめが考えた計画は大がかりであり、1人では出来ないことのようです。

かぐやはつばめの協力要請を受け入れました。

チーム石つば派、結集ですね!

 

こばちは、伊井野の良き友人でもあります。

だから伊井野の恋も本当は応援したいのかもしれません。

(ミコちゃんは本当にタイミングが悪い)

(でも今回ばかりは私にも意地があるから)

 

スポンサーリンク

恋はタイミング?

こばちは図書館に1人でいた石上の背後に近寄りました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

「君の努力はいつか報われる だっけ」

突然、声をかけられた石上はビックリした顔をしています。

中学生の頃、石上は伊井野にそう書いた手紙をこっそり渡していました。

こばちはそれを知っていたのです。

「あれってどういう意図で出したの?」

石上はダラダラ汗をかきながら恥ずかしがっています。

中二病が酷かった時期だと自覚しているようで、石上は触れて欲しくなさそうですw

「ミコちゃんのこと好きだったの?」

こばちは核心の質問を続けます。

石上の答えは、恋とは別。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

「純粋に…頑張ってるのをちゃんと誰かが見てるって教えてあげたかったんだよ」

こばちはその答えを聞いて「そっか」とつぶやきました。

 

スポンサーリンク

君のこと見てたよ

石上の答えはこばちにとって意外なものだったのかもしれません。

「ねぇ知ってる?私も君のこと ちゃんと見てたよ」

こばちはそう言って、石上のもとを去りました。

中学時代、石上は伊井野の背中に貼られた意地悪な紙をそっと外してあげていました。

それをこばちは見ていました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

こばちにとって、良いことをしている人を好きになるのは思った以上に当たり前のことでした。

あの頃、石上への気持ちを恋だと知る、その瞬間。

伊井野の机に手紙を忍ばせる石上を見てしまったことでこばちの恋心は恋になる前に終わりを迎えてしまいました。

こばちは、自分のように状況やタイミングで恋にならなかった「好き」が世界中に溢れているんだと知りました…。

 

スポンサーリンク

恋だけが「好き」じゃないのです

図書館で石上に「君のこと見たたよ」と伝えたこばち。

石上にはもう聞こえていないと思いますが、こばちはもう一つ石上に言葉を送っています。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

「せめて幸せを願うくらいは許してほしいものだよ」

石上が好き。

それはもう恋じゃなくても、変わりません。

それにしても、この時一瞬見えるこばちの素顔はやっぱり相当美人ですw

メガネ…外したら良いのにな、と思う人多そうですね!

さて、好きな相手の幸せを心から願うこばち…。

そんなこばちが(おそらく)のったつばめの計画とはどんなものなのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ182-183話のまとめ

今回は、つばめの計画スタートとこばちの密かな気持ちが明らかになりました。

つばめの計画は”とんでもない”上に、かぐやですら”思いつかない”ものらしいのでとっても気になりますね!

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」182話より引用

もう1つ、こばちの密かな石上への気持ちも判明して、驚きました。

石上…モテモテですね?

でも本当にいいヤツなので、それも納得です。

これから石上を巡り、多くの人の気持ちが絡んでいくことが予想されます。

どんな結末が待っているのか…これからの展開からますます目が離せませんね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です