最新ネタバレ『ブラッククローバー』250-251話!考察! やはり強いチャーミーの食魔法!漆黒の使徒をボコボコに!

スポンサーリンク

前回249話は、精霊守フローガを倒した漆黒の使徒シーヴワルにレオは苦戦しています。

敵の眼が空中に浮いて、ギョロっと動いた瞬間レオは攻撃を受けます。

敵の位置が捕捉できず、どこから攻撃しているかわかりません。

シーヴワルは、余裕の様子で自分の魔法は眼魔法カトプレスの邪視で、宙に浮く無数の眼は敵の魔力、体力、視線、さらに筋肉、次の動きまで予測できると言います。

その眼で捕捉した攻撃は、外れることはありません。

レオはフローガとの会話を思い出します。

フローガは迷っているレオに気づいていました。

優秀な姉と兄と比べられて生きてきたレオは、あの二人には勝てないと思っています。

そんなレオに「君には耐え忍ぶ強さがある、君は君だろ」とフローガは言います。

場面が変わり、レオは感覚を研ぎ澄ますし、レオは攻撃を食らった後シーヴワルの位置を捕捉して炎魔法螺旋焔を繰り出しますが、避けられます。

レオは自分には姉や兄たちほどの才能はないと認め、そして自分は自分だと自信を持ちます。

次の瞬間、レオは巨大な術式真炎魔法「紅蓮噴火」を発動させて、森もろともシーヴワルを焼き払いました。

そして森から出てきたシーヴワルにさらにもう一発食らわせてレオは勝利します。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』250話!のネタバレ

それでは『ブラッククローバー』250話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

髪魔法の使い手 漆黒の使徒ハールベート

田畠裕基「ブラクロ」250話より引用

チャーミーが救援に向かっています。

自然と食べ物を傷つけるやつは許さないと言って、ポルンフルームの森に着きます。

チャーミーの食べ物の恨みは怖いですね。

漆黒の使徒といってもボコボコにされる可能性がありますね。

ポルンフルームの森が焼かれてしまいます。

漆黒の使徒は、精霊守のポトロフを倒していました。

民をかばってポトロフは倒されてしまったようで、ポトロフは傷だらけです。

田畠裕基「ブラクロ」250話より引用

漆黒の使徒ハールベートは、「私の美しさを目に焼き付けて死ねるのだから幸せだ」と民に言い、自分の髪を変幻自在に操ってポルンフルームの森を荒らします。

自分の美しさに相当自身を持っているようです。

漆黒の使徒に美しさにうるさい人が二人もいるなんて面白いですね。

もしかしたら漆黒の三極性のヴァニカも美しさにうるさいかもしれませんね。

というか、ヴァニカの美しさに惚れた人が部下になっているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

激怒するチャーミー

そこに現れたチャーミーは、修行をしてくれたポトロフや食べ物をくれた民との思い出を思い出して激怒しています。

田畠裕基「ブラクロ」250話より引用

チャーミーは羊を出して攻撃しますが、お互いの魔法がすり抜けてしまうようです。

ハールベートの魔法は髪魔法と言うようです。

ハールベートは、髪魔法で自分を守りながらもチャーミーを攻撃します。

悪魔の力で強化された髪魔法に防戦一方のチャーミー。

「ちゃんと栄養管理した私には勝てない」と言います。

ハールベートはチャーミーに太っているデブはもう見たくないと見下します。

 

スポンサーリンク

反撃開始

チャーミーを髪で捕捉したハールベートは勝ちを確信しますが、チャーミーは「ゴチャゴチャうるさい」と言って食魔法を使って髪魔法から逃れます。

blank

田畠裕基「ブラクロ」250話より引用

ドワーフとフォークとナイフを持った狼が現れ、ハールベートは悪魔の力なしで凄まじい力を発揮するチャーミーに驚きます。

おそらく悪魔の力が最強だという考えなのだと思います。

ナイフとフォークで敵を刺そうとしますが、避けられます。

チャーミーは魔言を作り、食魔法を強化させます。

そしてハールベートを料理し始めます。

スパゲッティみたいに髪がフライパンの中に入っていき、ハールベートは料理されます。

そして狼がそのまま食すと、ハールベートの髪は短くなります。

最後にそのハールベートをチャーミーが連続で殴って見事勝利します。

blank

田畠裕基「ブラクロ」250話より引用

「真の美しさと強さはしっかりした食事から」とチャーミーが言います。

ポトロフはまだ生きていましたので、良かったです。

チャーミーはやっぱりチート級の強さですね。

レオやラックと比べても漆黒の使徒相手にほぼ苦戦していません。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』ネタバレ250-251話のまとめ

blank

田畠裕基「ブラクロ」250話より引用

今回は、チャーミーが漆黒の使徒に激怒する、漆黒の使徒ハールベートの髪魔法、魔言を使って食魔法を強化して敵を倒すチャーミーなどが描かれました。

今回思ったのは、ドワーフの混血であるチャーミーの親の話がいつか深く語られるのではと感じました。

また。ドワーフという一族の秘密やドワーフに会って共闘するというのもあるかもしれません。

ここでドワーフを出したということは、可能性は高いです。

もしかしたらドワーフはもういないという線もあるかもしれませんが。

blank

田畠裕基「ブラクロ」250話より引用

いずれにせよチャーミーは謎がたくさんありますね。

次回は、ヴァニカとロロペチカの戦いが見られると予想します。

次回もお楽しみに!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です