最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』178-179話!考察!修学旅行編終了!生徒会室に日常が戻ってきた?!

スポンサーリンク

かぐやと愛は主従関係を終わらせ、ついに友達になりました。

御行はかぐやに1日くらい愛とゆっくり過ごすことを提案しますが、かぐやは生徒会の活動に参加することを決めます。

愛とはこれからも時間がたっぷりあるからです。

かぐやには気になっていることがありました。

それは石上のことです。

御行も同様に、石上のことで気になることがあるようですが…。

久しぶりの生徒会、いつもの日常が戻ってくるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』178話!のネタバレ

それでは『かぐや様は告らせたい』178話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

藤原健在!

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用

かぐやと御行は2人で石上について話していました。

そこに突然現れた藤原。

「何が気になるんですか?」

この唐突感、さすが藤原ですね!

御行も焦っていますw

咄嗟に「伊井野と石上が喧嘩をしていないか心配だ」と誤魔化します。

藤原から見た文化祭後の2人は「大丈夫」なようですが、果たしてどうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

やっぱり…お約束!

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用

久しぶりの生徒会室、中に入ると…伊井野と石上がまさかの取っ組み合いの喧嘩をしていましたw

理由を問いただすと「アホ」「バカ」と言われたから…という小学生レベルの原因です。

言い争いを続ける2人に藤原はある提案をします。

「どうしても優劣を決めたいというなら…ここは頭脳で勝負すべきです!」

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用

藤原が提案したのは「しりとりカードゲーム」でした。

藤原の背後で「始まったよ」と呟く御行が妙に慣れていて感じでかわいいですねw

 

スポンサーリンク

しりとりカードゲーム

藤原が提案した「しりとりカードゲーム」とは、簡単に言うとスピード感と閃きが大切なゲームです。

手札は5枚なので、5つの言葉をしりとりで繋げることができたら勝ちになります。

藤原自身は勝敗に関係がないのでとことん2人を煽っていきます。

「負けた方がバカ決定なので、私がおバカちゃんでした ごめんなさいって深々と頭下げましょうね」

そして、さっそくはじまったしりとりカードゲーム、スタートは「て」からです。(「て」は「で」も可能)

伊井野は「デート」に繋げます。

伊井野は石上が考えているうちに次々としりとりを繋げていきます。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用

「問い合わせ」「先輩」「痛み」

…言葉のチョイスは微妙ですが、伊井野がリーチをかけます。

 

スポンサーリンク

石上くん、わざとですか?

「負けたら謝罪ですよ〜おバカ謝罪!」

石上は藤原の態度を見て、もしも自分が勝ったら伊井野と共に謝ってもらうように依頼します。

「どうぞどうぞ」

軽い返事をする藤原でしたが…。

石上の大逆襲が始まりました。

「操」「横暴」

石上の残りは3枚になりました。

対して、伊井野が持つ最後のカードは「こ」です。

「う」で始まり「こ」で終わる言葉…。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用

伊井野はなかなか「う◯こ」が言えませんw

伊井野が迷っている間に石上は「運動音痴」と続けます。

「ち」で始まり「こ」で終わる言葉…。

伊井野はまたまた「ち◯こ」が言えませんw

石上は更に「遅刻魔」と続けました…。

これで石上のカードは残り1枚です。

「ま」で始まり「こ」で終わる言葉…。

「いい加減にしてよ!この変態!」

伊井野は怒りますが…。

石上の最後のカードは「け」でした。

「まけ」

石上の勝ちが決まりました!

 

スポンサーリンク

おバカ謝罪

石上が勝った為、藤原は連帯責任(?)でおバカ謝罪をすることになりました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用

悔しそうに自らが言い出した謝罪をする藤原なのでした。

次は伊井野の番ですが、石上は「人をバカ呼ばわりしたことだけ謝ってくれれば」藤原にさせたおバカ謝罪までは不要だと申し出ました。

でも伊井野は「…やだ 石上バカだもん 私謝らない」と頑固です。

御行は伊井野の様子を見て、そもそもなぜ言い合いになったのかを整理するように促しました。

 

スポンサーリンク

喧嘩の理由

3年生が修学旅行に行っている間、石上と伊井野は生徒会室に2人きりでした。

伊井野は石上につばめとのデートはどうだったのかを聞きました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用

石上は「野次馬」と伊井野に言ってしまいます。

「私には関係ない話なんだ…?」

伊井野は少し間を置いて確認しますが、石上は冷たく返事をしてしまったのです。

「人の恋愛にいちいち首を突っ込むと痛い目みる」

「何よ バカ…」

伊井野の呟きは石上には届きませんでした。

 

スポンサーリンク

仲直り→再戦?!

かぐやは経緯を聞いて石上を諭しました。

「あなたが悪いわよ」

生徒会のメンバー同士、相手に関心も持つし心配もするものです。

それを野次馬だと斬ってしまったら反感を買うのも当然でしょう。

かぐやは大人の対応を見せましたが、もしかしたら伊井野の気持ちを慮ったのかもしれませんね。

石上も、かぐやの話を聞いて反省したのか、伊井野に謝まりました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用

「悪かったよ 伊井野。許してくれるか?」

「私こそごめ…」

いい感じをぶち壊したのはまたも藤原でしたw

「待って待って…何の話ですか?」

みんなは石上がつばめとデートしたことを知っていますが、藤原は全く知らされてなかったのです!

 

スポンサーリンク

日常に戻りました

藤原はまたもや自分だけが知らされていなかったことを知り石上に文句を言いますが、石上はさらっと本音を伝えます。

「藤原先輩が絡むと滅茶苦茶にされるじゃないですか」

藤原は心外だとばかりに言い返しますが、今回は石上も強気でした。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用

「僕が先輩に助けられたこと一度でもあります?」

怒った藤原はしりとりカードゲームを申し込み、石上も受けて立ちました。

騒がしい2人をかぐやと御行は眺めていました。

「日常に戻ってきたって感じするな」

無事、生徒会室に日常が戻りました。

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ178-179話のまとめ

今回のお話で、いつもの日常に戻ってきました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用

藤原は相変わらずお邪魔虫的な立ち位置がとてもよく似合いますw

石上がちょっと露骨過ぎて可哀想になってくる程です。

さて、伊井野は石上にどんな感情を抱いているのでしょうか?

前に比べたら確実に気持ちに変化が起きているように見えますが、つばめ先輩もいるので、これからの関係性がとても気になりますよね。

引き続き目が離せませんね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です