【炎炎ノ消防隊】カロンは第何世代?体が大きいだけじゃない頭脳明晰なハウメアの「守リ人」

スポンサーリンク

白装束の一味の「守り人」カロンは能力者の中でもトップクラスの強さを誇っています

カロンのプロフィールについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】カロンとは一体何者?

プロフィール
  • 年齢:28歳
  • 身長:202cm
  • 誕生日:6月22日

白装束のひとりで、ハウメアの「守リ人」

「守り人」とは、「柱」=アドラバーストを持つ者 を護る者のことを指します

大柄な体格で、口数が多く相手をよく質問攻めにしています。

シンラのことを「火鼠」というニックネームで呼んでいます。

かなり大柄な体格で、褐色の肌をしています。

目元は布で覆われているため、素顔は分かりません。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】カロンは第三世代or第二世代?自分の正体を隠していた理由は…?

カロンは爆発を起こす攻撃力と、シンラの攻撃をものともしない圧倒的な耐久力を誇っています

相手の攻撃を無効化し跳ね返すことから、「反射のカロン」という呼び名を持ちます。

その派手な能力から、シンラは当初カロンの能力を第三世代と分析していましたが、実際はカロンは自ら発火することはできない第二世代能力者です。

第二世代は自ら発火できない代わり相手が第三世代だった場合敵の炎を利用して戦うことが出来ます。

対第三世代戦では、自分の正体を隠し敵に出させた炎をエネルギーとして利用するため、相手を欺き油断させるという戦闘テクニックがあります。

カロンは派手な爆発をわざと見せつけ、第三世代と錯覚するように仕向けるといった計算高い戦い方をしており、意外と冷静な知能タイプと考えられます。

カロンの能力は、攻撃で受けた運動エネルギーを体内に蓄積し、熱エネルギーに変換して放出することです。

相手の攻撃を無力化すると同時に自分の攻撃にしてしまえるため、攻防ともに隙がない能力と言えます。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】カロンが護っているハウメア、彼女は一体何者?

カロンが行動を共にしている女性は同じく白装束の一人、ハウメアです。

彼女がどんな人物なのか紹介していきます。

 

スポンサーリンク

アドラバーストの二柱目

ハウメアは「柱」と呼ばれる人物の2人目

アドラバーストの持ち主です。

アドラバーストは異界“アドラ”の炎であり、「原初ノ炎」と呼ばれる特別な炎です。

アドラバーストの持ち主は、アドラとリンクし加護をもらうことによって、能力者の中でも非常に強力な能力を使用することが可能となります。

ハウメアの能力は、熱エネルギーを電撃(プラズマ)に変換し、電気信号で意思を伝達したり他者の脳に干渉することができる第三世代能力者です。

その力を利用して他者を操ったり、電気系統を操作したりすることも出来ます。

ハウメアもカロンと同じように王冠のように見える装飾品で目を隠しており、素顔は見えません。

性格は楽観的で、口が悪いのが特徴です。

特に守り人のカロンに対しては当たりが強い場面が何度か見られます。

 

スポンサーリンク

ショウに接触して、彼の記憶を抹消?

12年前シンラが母親と弟・ショウを失った火災現場で焰ビトとなった母親を操りショウを伝道者の元に遣わせたのはハウメアとカロンの仕業でした。

ハウメアはこのときにショウの脳に干渉し、家族の記憶を消していたと考えられます。

そのためショウはシンラと再会したときに自分に兄がいることを知りませんでした。

そしてネザーにてもう一度再会したシンラとショウ。

兄との戦闘中にアドラリンクによって幼いころの記憶を取り戻すショウでしたが、乱入してきたハウメアの能力によって再び記憶を抹消されてしまいます。

その後は抜け殻のようになり、文字通りハウメアの操り人形にされていたショウ。

しかし、浅草で紅丸に稽古を付けてもらいアドラに干渉する方法を特訓していたシンラは自らアドラに繋がることに成功し、一瞬ですがショウとの再会を果たします。

アドラリンクによって兄の記憶を取り戻したショウはハウメアの洗脳から抜けだすことに成功し、兄を探すためにネザーから地上に降り立ったのでした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】カロンのキャスト声優発表!登場するのは何話?

blank

カロンを演じるのは安元洋貴さんです。

カロンがアニメ『炎炎ノ消防隊』に初登場したのはエピソード24

シーズン1の最終話になります。

カロンの初登場はバーンズが過去を回想するシーンの中で、ハウメアとともに柱であるショウを連れ去ろうとしている場面でした。

アニメではコミックスで描かれていないハウメアとの掛け合いのシーンもオリジナルで追加されており、ふたりの関係性がより分かりやすくなっています。

カロンはこの先もまだまだ出番が控えているキャラクターなので、2期での登場が楽しみですね。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】カロン役をしている安元 洋貴さん、どんな作品に出演している?

blank

安元 洋貴さんは、日本の男性声優、ナレーター。

山口県出身。

シグマ・セブン所属。

代表作
  • 鬼灯の冷徹(鬼灯)
  • 弱虫ペダル(金城真護)
  • ソードアート・オンライン(エギル)
  • BLEACH(茶渡泰虎)
  • ぬらりひょんの孫(青田坊)
  • アルスラーン戦記(キシュワード)
  • ワンパンマン(キング)

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】カロンが登場しているのはコミックスの何巻?実は表紙にもなっている隠れ人気キャラ

blank

カロンの初登場回は第89話、「燃ゆる過去」です。

初登場は過去エピソードで、ハウメアと共にシンラの弟のショウを連れ去る場面でした。

コミックスでは11巻に収録されています。

カロンはハウメアとともに表紙も飾っています。

ハウメアとカロンの表紙はコミックス13巻です。

五柱目のインカを手に入れるためシンラとカロンの白熱した戦いが描かれています。

また、「炎炎ノ消防隊」ではコミックス裏表紙に表紙キャラクターの詳しいプロフィールがついており、そこでは本編では知り得ない意外なプロフィールも楽しむことが出来るので、興味のある方はぜひ手に取ってみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

白装束の中でも飛び抜けた強さを誇るカロン。

ハウメアを守るという使命を果たそうとする姿は、敵ながらかっこよく見えてしまいますよね。

アニメはもちろん、佳境を迎えるコミックスやマガジン本誌でもまだまだ活躍中で、目が離せないキャラクターです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です