最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』177-178話!考察!修学旅行終了!自由を手に入れた早坂の選択は?!

スポンサーリンク

かぐやと早坂は雲鷹撃退の後、2人で話をしました。

そこで主従関係は終わりを迎えました。

髪を切られてしまった早坂は、このまま修学旅行を切り上げ先に帰ることにします。

「これからどうするの?」

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」177話より引用

「やりたいことをしますよ せっかく自由になったのですから」

見送るかぐや、去る早坂…。

自由を手に入れた早坂の選択はどうなるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』177話!のネタバレ

それでは『かぐや様は告らせたい』177話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ついに修学旅行最終日

濃い一日が明け、修学旅行最終日。

御行たちが雲鷹一味と一悶着あった日のことは、藤原が同じ班のメンバーにうまく伝えてごまかしているはずでした。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」177話より引用

何がどうなったのか「小豆の先物取引の詐欺にあった」「養殖してたアザラシが集団脱走した」「婆ちゃんがポテチの転売に大失敗した」というストーリーが広まっていました笑

さすが藤原です。

御行は展開に驚きながらも、今日はかぐやと一緒に回りたいと思っていました。

御行は早坂といい感じだと勘違いしていた女子たちはどよめきますw

昨日に続き今日も御行と回れないと知った風祭たちは…

勇気を出してかぐや班の女子を誘いに向かいます。

願いは叶い、かぐや班の女子と風祭たちは一緒に行動することになりました。

せっかくの最終日ですし、よかったですね!w

 

スポンサーリンク

京都、2人で巡る

御行とかぐやはついに一緒に京都を巡りました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」177話より引用

早坂はSOSを出していたはずなのに気付いてあげられなかった…。

かぐやは早坂について、自分の後悔を語りました。

御行は静かに聞いてくれています。

「会長が早坂を守ってくれていたんですね ありがとうございます」

一時は2人の仲に嫉妬さえ覚えていたかぐやですが、御行が早坂のために行動してくれたことを知り、感謝しました。

一方の御行は…思い返していました。

そして気付いてしまったのです…。

(いやマジで言われるようなことしてねぇな?)

 

スポンサーリンク

本当にしてない

かぐやは深々と御行に感謝を述べました。

御行は自分の行動を振り返りました。

雲鷹の手下に組み伏せられていたこと、撃退の方法が七味唐辛子だったこと、バイクに乗ったことでGPSに気付けなかったこと…。

かぐやはダメ押しするように改めて御行に言いました。

「全部会長のおかげです!」

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」177話より引用

「いや大した事はしてないさ」

御行はかぐやの手前、顔には出しませんでしたが自分でこう思っていました。

(本当にしてない)

御行は頑なにそう思っているようですが、早坂が救われたのは事実だと思いますw

 

スポンサーリンク

楽しまなくちゃ

「早坂はこれからどこへ行くのかしら」

「私から解放されて 自由を手に入れて」

「彼女はもうどこへでも行ける それはきっと良いことですよね」

寂しいけれど、かぐやは早坂の選択を応援してあげたいと思っているようですね。

御行は一貫して余計なことを言わず、ずっと聞いています。

かぐやの気持ちにしっかり寄り添う御行の優しさが見えますね。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」177話より引用

「だったら落ち込んでないで私も修学旅行を楽しまなくちゃですよね」

かぐやは自分自身で前向きな答えを見つけ出しました。

かぐやは御行の手を取り走り出します。

 

スポンサーリンク

京都から東京へ

修学旅行を楽しむと決めたかぐやは御行と行きたいところを巡りました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」177話より引用

写真を撮り、お土産を買い、2人きりを藤原に邪魔され…いつもと同じように楽しんだのです。

枕投げ、お風呂…修学旅行の最終日も賑やかに楽しく過ごしたかぐやたち。

それでもふと1人になると考えてしまうのは早坂のことでしょう。

修学旅行が終わり、京都を去る一瞬、かぐやはとても寂しそうに空を見つめていました。

 

スポンサーリンク

早坂のいない日常

新幹線に乗り、東京へ向かうかぐやたち。

行きの新幹線は早坂と乗っていたので、それがとても切ないですね…。

東京品川で御行と藤原と別れ、かぐやは自宅に向かいます。

楽しいこともたくさんあったはずの修学旅行ですが、いつも話していた早坂との時間はもうありません。

かぐやの部屋は早々に暗くなり夜はあっという間に終わり、また朝がやってきました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」177話より引用

ぼんやりと自宅からでてきたかぐや。

その瞬間でした。

ふっと目の端によく知ってる髪の色が映ったのです。

かぐやの足は自然と走り出していました。

 

スポンサーリンク

「かぐや」

かぐやが走り出した先にいたのは、髪を整えて、いつもより少しだけラフな格好をした早坂愛でした。

照れ臭そうな早坂愛をすでに涙目のかぐやが見つめていました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」177話より引用

「い、一緒に学校いこーよ」

軽くあげた手にはかぐやからもらったヘアゴムがまだはめられています。

「かぐや」

早坂愛はかぐや様ではなくかぐやと呼びました。

主従関係が終わった今、早坂愛が行きたかった場所、やりたかったこと…それはかぐやと友達になることだったんですね!

「ずっとこうなれたら良いのにって思ってた」

「叶わない夢だと思ってたわ」

かぐやは早坂愛に駆け寄りました。

「行きましょう 愛さん!」

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ177-178話のまとめ

今回のお話は、早坂愛編が完了したと言って良いと思います。

かぐやたちの協力もあり、自由を手に入れた早坂愛が選んだ道はかぐやの友達として側にいることでした。

かぐやのもとに自分の意思で現れた早坂愛も、その姿を見たかぐやも、見たことがない表情で可愛いですね!

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」177話より引用

まだかぐやの「愛さん」も、早坂愛に対して敬語を使うのも慣れませんが笑

かぐやを優しく見守り、手を出すときはしっかり出し、口を出さない方がいいときはしっかり黙る御行のカッコよさも目立ちましたね。

修学旅行編も同時に終わりとなります。

個人的には御行とかぐやのいちゃいちゃが少なめだったのは少し残念に感じます笑

次回以降はどんな出来事が起こるのでしょうか?

引き続き目が離せませんね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です