【キングダム】803話!ネタバレ最新!韓攻略は趙攻略のための策!?

PR

スポンサーリンク

【キングダム】803話!ネタバレ最新!韓攻略は趙攻略のための策!?

スポンサーリンク

対趙の2連大敗によって途絶えたかと思われた中華統一への道。

しかし諦めず前を見続ける嬴政に託された昌平君が、命をかけて起死回生となり得る策を打ち立てました。

昌平君の立てた3つの戦争改革。

1つ目の戸籍つくりに文官たちが奔走。

2つ目の軍の編成改革で飛信隊・玉鳳・楽華がより大きな軍となり、秦国は先ほどまでの絶望を忘れるくらいに活気立ってきました。

そして第803話『三本目の柱』は3つ目の韓攻めに向けて、いよいよ動きが見え始めます!

 

スポンサーリンク

 

「キングダム」803話!のネタバレ

それでは「キングダム」803話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

文官たち命をかけて戸籍作り

文官たちに託された戸籍作り。

これがまあ大変なんです。

801話で語られたように、この戸籍作りは“全秦人”の把握を掲げたものですから、これまでそれなりに把握していた各地の城邑だけでなく、城邑の統治に属していない地域も対象となります。

その属していない地域というのが途方もなく、広大な大地の中で「この山々のどこかに何々の大集落がある」などという大まかな情報から“探し出す”ところから始まるのです。

そしてそうして見つけた場所で、その土地の人間が自分たちが秦国民であることすら知らない場合もあり、衝突の末に命を落とすことも。

そんな厳しい任務ですが文官たちは必死に成果を咸陽へと送り続け、翌年の夏までという厳しい期限の中で戸籍の数は着実に積みあがっていきました。

 

スポンサーリンク

韓攻めの始皇16年へ

そうして秦国が忙しなく動き続ける中、年が明けました。

咸陽に雪が降り、向・麗・陽が冬を感じています。

なんと麗はもう8歳。

早いですね。

そして年が明けたということは、韓攻めを予定している始皇16年の幕開けです!

 

スポンサーリンク

騰軍と合流

信・羌瘣・河了貂の3人が威風堂々とした佇まいでやってきたのは、騰軍の天幕。

しかし「遅いわ!」といきなり隆国に怒鳴られてしまいました。

騰軍の顔ぶれと隆国のガミガミ…何だか久しぶりで安心しますね。

ということでこの2軍が合流したということは、ついに韓攻めに関する軍議です。

韓攻めの流れについて。

まず夏を過ぎた頃に戸籍が完成する予定。(1本目の柱)

そこから徴兵によって20万規模の兵力が生み出され、それを使って飛信隊・玉鳳・楽華を増強させて主軍を作り出す予定。(2本目の柱)

そして韓攻略という3本目の柱を立てる予定です。

 

スポンサーリンク

韓攻めの真の目的

実はこの3つ目の柱、韓攻略といってもただ韓を滅ぼせばいいという話ではありませんでした。

本当の目的は趙の攻略。

韓がもつ領土と人と金を奪い、そこで得た力をもって再び李牧へ、趙攻略へ挑もうという真の目的があったのです。

昌平君の考えた3つの柱はあくまでも“立て直しの策”であり、これによって軍容だけでも2連敗前の状態に戻して、再度趙攻略を目指そうという考えです。

ただしそもそもの韓攻略もとても簡単なものではありません。

韓は七王国中で最弱小であることは間違いないのですが、秦が韓攻めに出るとすかさず趙と魏が韓を援けに軍を送ってくるからです。

(韓が秦の領土になってしまうと本格的な侵略拠点にされてしまうため)

そうした事情あってこれまで韓は最弱小にもかかわらず滅びることはありませんでした。

王騎も「韓攻めは泥沼化する」と予見していたそうですが、中華統一を目指す秦はそれに挑む以外に手がなくなったということ。

しかも今回これを2年という期限付きで行う予定です。

それ以上は損失を出し過ぎるからであって、ここが成功しなければついに秦の中華統一の道は閉ざされることになります。

 

スポンサーリンク

羌瘣に策がある?

王騎をもって「泥沼化する」と言われた韓攻略を、兵力の犠牲を極力抑えながらたった2年で行うこと。

それが昌平君が示した3本目の柱であり、飛信隊が騰軍と一緒にやらなければならないことです。

これをサポートするために玉鳳と楽華が趙と魏に立ちはだかり、韓への援軍を断つ役目に。

その間に騰軍・飛信隊連合軍が韓王都・新鄭を落とすという流れです。

しかし昌平君すらもまだそのための戦に辿り着いてはいませんでした。

すると騰が羌瘣の表情を見て、何か言いたいことがあるのでは?と話を振ります。

すると羌瘣は「うん、あるよ」とサラリと回答。

誰が見ても険しいこの韓攻略、将軍・羌瘣はどんな策が見えているのでしょうか!?

 

スポンサーリンク
"
"

キングダム」ネタバレ803話のまとめ

久々の騰軍心強いですね、賑やかでいいですね。

相変わらずの絡みを見られて嬉しいですが、今回は羌瘣が将軍になったことでより態度が大きくなっているのが面白い。

さらに羌瘣はなんやかんや条件がついたこの韓攻略に対して何か策がありそうです。

昌平君すらまだ練っているっぽいことを考えると、羌瘣にしか思いつけないような策だったりするのでしょうか?

だとしたら王など要人を暗殺することで兵力の犠牲を抑えようという案とか?

韓はすでに偵察にも行き、寧や洛亜完といった魅力的な人物がいることを知っていますから、どんな形での韓攻略になるのか興味深いですね。

次回はまず羌瘣将軍の見解に注目です。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒キングダム802話!3つの柱で動き出す秦!王翦軍には辛勝・・

⇒キングダム801話!羌瘣も将軍に昇格!飛信隊は騰軍と韓攻・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA