【カッコウの許嫁】211話!ネタバレ最新!ここは軍隊!?夜はやっぱりお約束の展開に?!

PR

スポンサーリンク

【カッコウの許嫁】211話!ネタバレ最新!ここは軍隊!?夜はやっぱりお約束の展開に?!

スポンサーリンク

修学旅行1日目。

宿に到着した凪が最初に始めたのは、部屋を査定することでした。

星雲荘で目が肥えている凪はどんな評価を下すのでしょうか?!

それでは第211話の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

 

『カッウの許嫁』211話!のネタバレ

それでは『カッコウの許嫁』211話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ついに宿に到着!

修学旅行を純粋に楽しんでいるシオンは、自分たちの部屋に到着するとその狭さにすらはしゃいでしまいます。

ところが凪は目線が違いました。

トイレ、風呂、押し入れ。

部屋のあちこちを開けてはチェックして、このレベルならこの価格帯だろうと推測を始めたのです。

その金額は14,000円レベル。

もちろん、シオンには「お前めんどくせーよ」と白い目で見られていましたw

でも凪はまったくめげません。

班長らしく次のスケジュールを発表し、シオンを統率し始めたのですw

 

スポンサーリンク

お食事タイム

夕食は豪華な京都懐石料理!

合流したエリカとひろも大喜びです。

ところが、ここでも凪の統率癖は変わりません。

「食事の時間は20分だ」

それが済んだら入浴です。

大浴場の使用時間がすぎると入れなくなるため、仕方ないのですが、せっかくの料理がもったいないですね…。

エリカは口に詰めるだけ詰め込みました。

ひろに至っては、湯豆腐が全然温まりませんw

シオンも白米をおかわりしたかったのですが、凪に「できません」と却下されてしまいます。

嵐のような食事時間が過ぎても、凪の監視下ではのんびりする瞬間など訪れません。

あわただしい入浴タイムがやってきました。 

凪曰く、入浴タイムは15分。

長風呂派のシオンはガッカリです。

その上、今回は女子たちのサービスショットもなし。

あっという間に就寝時間を迎えることになりました。

 

スポンサーリンク

修学旅行の夜

部屋に戻った凪はシオンと共に即就寝w

修学旅行1日目は長距離移動で疲れが溜まっている上に翌日もスケジュールはパンパン。

疲労回復のために凪は早く寝ることを選択したのです。

ところがこれに納得できない男がいました。

シオンです。

「こんな修学旅行があってたまるか!」

一度は布団に入ってくれたシオンですが、まるで納得なんてしていません。

軍隊のように時間を管理され、修学旅行に来た意味を感じられません。

シオンにとって、修学旅行の夜は特別なのです。

凪はキョトンとした顔で「何をする気だ?」と聞き返しました。

シオンの答えは決まっています。

「女子の部屋に行くんだよ!」

青春を満喫したいシオンにとって、これは譲れないポイントなのでしたw

 

スポンサーリンク

青春を楽しめ!

ただ、廊下では先生が監視をしています。

シオンはどうやって女子の部屋に行くのかノープラン。

すると「来たよー」と女子の方から凪たちの部屋に来てくれました。

どうやってきたかというと、非常口から出て、正面玄関から普通に来れたとのこと。

ガバガバな警備ですねw

とにかくこれで青春っぽくなりました!

シオンは張り切ってみんなでやりたかったことを発表しました。

「修学旅行の夜といえば恋バナ!」

ただ発表するだけでは楽しくありません。

シオンは「罰ゲームで好きな人を発表しよう」と言い出しました。

最初こそみんな驚いた顔をしていましたが、すぐに面白そうだと順応していきますw

まぁ、修学旅行の定番とも言える展開ですからね!

ただ、凪は違うようで…?!

 

スポンサーリンク

好きな人を発表する?!

凪の部屋に集まったメンバーは、凪、シオン、エリカ、ひろです。

仮に凪がゲームに負けて好きな人を発表をする場合、何を言えばいいのでしょう?

目の前にはフラれたひろがいるというのに…。

でも、凪は気になっていました。

逆に、ひろに好きな人はいるのでしょうか?

聞くのが怖いような、聞いてみたいような…。

ひろは誰よりも落ち着いてこの展開を俯瞰しているようにも見えます。

シオンに「負けるのが怖いのか?」と煽られ、凪は結局ゲームにのってしまいました。

負けられない戦いが今、始まろうとしていたのです。

 

スポンサーリンク

ゲームとは?

シオンはこんなこともあろうかとゲームを持ってきたと言います。

なかなか気が利きますねーw

カバンからシオンが取り出したのは…なんとプレステ5!w

しかも、コントローラは1個。

みんなでゲームをやるのが夢だったと言いますが…これではできませんねw

せっかく準備してきたのに詰めが甘いシオンなのでしたw

結局無難にトランプのババ抜きで勝負することになった凪たち。

最初にあがったのはシオンでした。

どうせシオンが答える好きな人はエリカなので、誰も残念がりませんw

そんなことより、まだ続いている勝負に夢中です。

 

スポンサーリンク

勝負の行方

凪VSエリカ。

エリカは頬を膨らませ、本気のようです。

「どっち?!」

とにかくかわいいエリカに、凪もちょっと照れている様子。

でも勝負は勝負!

エリカから引いたカードで凪もあがってしまいます。

残ったのは女子2人。

つまり、聞けるのです、どちらかの好きな人が!

凪の予想では、エリカはなんだかんだ宗介を選びそう。

でもひろについてはよくわかりません。

果たして好きな人自体いるのかどうか…?

凪としてはどちらが勝つにせよ、聞くのが怖くなっていくのを感じていました。

真剣な顔で2人の勝負を見守っていたからか、シオンは凪に近づいて呟きました。

「そんなに俺の好きな人が気になる?」

凪はウザいシオンを見ることもなく「うるさいですよ」の一言で片付けてしまいましたw

 

スポンサーリンク

決着!

ひろはババ抜きでエリカを惑わしまくります。

何枚も上手のひろを相手にエリカは翻弄されまくり。

でも今回はエリカに軍配が上がりました。

裏の裏をかき、ひろが勧めたカードではない方を選び見事に勝利!

ひろが罰ゲームを受けることになりました。

ひろは負けは負けだと素直に認め、罰ゲームである好きな人を発表しました。

「私が好きなのは海野君だよ」

その瞬間、部屋にいた全員が固まりました。

その上、このタイミングで見回りの先生が部屋に飛び込んできたのです。

ひろの発表についてアクションする暇もなく、凪たちは散り散りに隠れることに…。

部屋の電気は消え、凪とシオンは布団に潜り込み、寝たふりをしました。

先生たちはもう就寝している凪とシオンに逆に驚きました。

時刻は夜の8時半。

さすがに早すぎです(元はもっと早く寝ようとしていたんですけどねw)

優等生の凪がいる班ならアリ認定され、無事に突撃訪問を乗り越えることができましたが…。

 

スポンサーリンク

布団の中で密着?!

先生が去った後、凪は活動を開始します。

エリカやひろがどこに隠れたのかわかりません。

ふと、凪は布団の中にもう1人誰かがいることに気がつきました。

どうやら咄嗟に凪の布団に潜り込んだようですね。

その人は…ひろでした。

ひろは凪の上に乗り、しーっと指を口にあてました。

それにしてもひろ、アングル的に高校生男子にはキツい感じで現れましたね…。

火照った体から伝わる体温、この状況で凪は冷静さを貫くことができるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『カッコウの許嫁』ネタバレ211話のまとめ

今回のお話は、修学旅行1日目の夜のお話でした。

部屋の査定、食事時間と入浴時間の徹底管理を経て、凪は明日に向けてさっさと就寝しようとします。

これには猛抗議のシオン。

今日はせっかくの修学旅行。

その夜といえば、女子の部屋に忍び込むことです。

監視役としている先生をどうするか悩んでいると、うまく抜け出してきた女子たちが来てくれました。

有能すぎますw

男女が集まれば恋バナ決定!

負けた人が好きな人を発表する罰ゲーム付きでトランプのババ抜きが始まりました。

凪にとって、絶対に負けられない戦いです。

なぜなら、目の前にいるのはひろだから。

自分がフラれた相手を前に、いったい何をいえばいいと言うのでしょう?

シオンについで気合いで凪は勝利を勝ち取り、難を逃れました。

残されたのは女子2人。

勝利の結果は、ひろの負け。

ひろは潔く好きな人を発表しました。

その人物の名前は…凪。

みんなが固まったその瞬間、先生が見回りにやってきました。

慌てて電気を消して寝たふりをする凪たち。

気がつくと、凪の布団の中にひろが潜り込んでいました。

火照った体から伝わる体温…。

凪は冷静さを保つことができるのでしょうか?!

次週もますます目が離せませんね♪

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒カッコウの許嫁212話!ひろが好きなのは!?本心がついに明・・

⇒カッコウの許嫁210話!修学旅行がスタート!!行き先は京都・・

⇒カッコウの許嫁209話!制服デートは初めてのことだらけ?!・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA