【ワールドトリガー】雨取千佳は近界民ホイホイ!?トリオン兵に狙われる理由は?千佳の欠点とは?

スポンサーリンク

修や遊真、迅と並ぶ四人の主人公のうちの一人で、主人公の幼なじみである雨取千佳

玉狛第二のスナイパーで、修達と共に遠征入りを目指しています。

真面目で献身的、小さくて可愛い、今回はそんな彼女の紹介です。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】膨大なトリオン量を持つ雨取千佳

桁外れのトリオン量を持ち、ボーダー隊員で最高値と思われる二宮・出水の数値の約3倍のトリオン量です。

それが原因で第一次大規模侵攻以前からネイバーに狙われていましたが、ボーダーに入隊した後も、そのトリオン量のために入隊試験で基地の壁に大穴を空けてしまったり、敵国から生贄の為に攫われそうになったりとトラブルに見舞われます

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】雨取千佳のプロフィール

名前は雨取千佳(あまとりちか)、年齢は14歳で現在中学生です。

誕生日は2月11日で星座はかえる座、血液型はA型です。

身長は140センチととても小柄で、そのせいかランク戦では心情的に?「打ちづらい」と言われる場面もありました

好きなものは小動物、子供、白いごはん、働くことです。

焼肉屋では肉そっちのけでごはんばかり食べており、小南達から注意される場面もあるほどの白米好きが伺えます。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】千佳の性格は?

普段は物静かで優しい性格です。

しかしその心根は強く、一度決めたことは曲げずに最後までやり遂げるタイプです。

遊真曰く「一本芯の通ったいいやつ」。

真面目で忍耐力と集中力を兼ね備えているスナイパー向きの性格で、普段の訓練も熱心に尽力しています。

桁外れのトリオンを持つことで、幼少時よりネイバーから狙われており、それを相談した友人と兄が失踪したことがトラウマになっています。

自責の念からか人に頼ることができず自己犠牲的な面を持っており、それを知った宇佐美や木崎は「自分を守ること」を教えようとしています

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】千佳がボーダーに入隊した理由は?

blank

千佳は友人と兄の失踪は自分が巻き込んだせいだと思い込み、ボーダーへの協力を要請することもなく、日々トリオン兵から一人で逃げ続けてきました

しかし修から遊真を紹介され、攫われた人達がネイバーで生存している可能性があると知り、ボーダーへ入隊することを決意します

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】千佳の強みは集中力と持久力

blank

千佳を教えることになった木崎は当初、小柄でおとなしそうな彼女を見て「戦闘向きだとは思えない」という感想を抱いていました。

しかし一日中打ち続ける集中力・持久力を見て、「狙撃センスは決して高くないが素直さや練習量がそれをカバーして余りある優秀な弟子」と評価を改めました

期待度も高く、B級昇格を見越して後に教えることも指導しました

ちなみに木崎と千佳の師弟関係は良好で、ゆりに対する反応を微笑ましそうにする千佳に木崎が小突くなど、最初よりだいぶん気安い関係になっています。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】千佳は玉狛のトリオン怪獣?

blank

千佳のトリオン量はボーダー内は勿論、各国をよく知るレプリカからも「これほどのトリオン器官はあまり記憶にない」と言われるほどです。

最高司令官の城戸も千佳を「トリオン怪獣(モンスター)」と呼ぶほどで、本部でも様々な措置が取られます。

まずアフトクラトルに狙われたことでベイルアウトが必要だと判断され、修たちの戦功を貰いB級に異例の昇格を果たしました

そして千佳のトリオン量によって遠征用の船を大きくして乗り込む人数を増やすことができるため、次遠征で特別に借り受けたいといわれるほどです。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】千佳が使う大型銃「アイビス」とは?

blank

千佳がメインで使用しているスナイパー用トリガーで、主に対ネイバー用に使用する重量級のトリガーです。

威力は大きいですが弾速は低く、標的に当てにくいという性質を持っています。

膨大なトリオン量により、千佳が撃つことで大砲のようになります

ランク戦では地形や建物を破壊して戦場自体を変えてしまうほどです。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】千佳のサイドエフェクトは?

blank

「敵感知」と「気配を消す」ことで、「感知」はネイバーやトリオン兵を感じ取ることができます

「気配を消す」サイドエフェクトは、作中でトリオン兵のバムスターが襲来したときに使用しており、隠れてやり過ごしていていました。

しかし、ランク戦ではこのどちらのサイドエフェクトの描写は無く、詳細は不明です。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】千佳特有の狙撃スタイルとは?

blank

千佳は狙撃手(スナイパー)なのでレーダーに映らないバックワームを着用して、遊真や修の援護を行います

ROUND4まではアイビスをメインで使用し、敵が隠れる付近の建物を壊したり、橋を破壊して敵の合流を阻止するなどチームをサポートしました。

しかしその派手さから仲間を巻き込む可能性があることや、撃つと敵に位置が知られてしまうなど、スナイパーとしてはデメリットな面もあります。

人を狙撃できないというスナイパーには致命的な欠点があり、チームの役に立てないと言う千佳に、スナイパー仲間の絵馬が「ライトニング+鉛弾」を教えます。

これは同じく人が撃てなかった絵馬の師匠、鳩原が考えたものでトリオン量の関係でボツになったものでした。

千佳のトリオン量とライトニングで鉛弾の弾速をカバーし、相手に当たっても行動を阻害するだけで傷つけないという千佳にとても相性の良いやり方です。

鉛弾とイーグレットを同時に使用するのでシールドを使う事は出来ませんが、相手も鉛弾をシールドで防ぐことができません。

こうしてROUND5から鉛弾を使い始め、更に敵に接近された際にはハウンドを牽制として使用しています。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】千佳は人を撃てない?

blank

千佳は生身のダメージを連想してしまうのか、トリオン体でも「人を撃つことができない」状態です。

しかし千佳が撃てることにより戦術が広がること、仲間を守ることに繋がることをヒュースに指摘されたことで、自分の中の撃てない理由を分析することができました

人を傷つけることが怖いのではなく、傷つけたことや自分の強大な力を奮うことを責められることが怖いと整理した千佳は、「次のランク戦で普通の弾丸を撃つ」ことを決意します。

そしていよいよ最後のランク戦(ROUND8)ですが、転送位置が悪くヒュースが敵に囲まれてしまいます。

ヒュースは一人仕留めるもベイルアウトし千佳は自分を責めますが、「遊真と修をたのむ」と託されたことで前向きになり、修を攻撃しようとする辻を狙撃しました。

ガラスごと狙撃する姿が見開きで描かれており、自分の殻を破った様なイメージで屈指の名シーンです。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

遂に人に対して狙撃できるようになった千佳。

仲間を守るため撃つことを決めたことで、今までの自分をふっきることが出来たのではないでしょうか。

戦闘においても鉛弾と通常の弾丸が使い分けられるようになることで、今まで以上に活躍することが期待できます

これからの展開にますます目が離せません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です