最新ネタバレ『あひるの空』616-617話!考察!家鴨は空を飛べるらしい

スポンサーリンク

待ちに待った九頭龍高校対横浜大栄高校の試合が始まりました。

横浜大栄高校は九頭龍高校にとってライバルであり、目標であるチームでした。

横浜大栄高校は全国大会の常連校ですが、九頭龍高校は1年前まで1回戦負けが普通の高校でした。

九頭龍高校は激しい練習と、良い選手たちに恵まれこの大会を勝ち進んできました。

 

九頭龍高校と横浜大栄高校には数多くの因縁があります。

まず監督である智久と酒巻は大学時代のチームメイトでした。

智久の妻である由夏も同様に、智久と酒巻と同じ大学でした。

智久と由夏の子供である空は九頭龍高校に、由夏にバスケを教わっていた鷹山は横浜大栄高校に進学しました。

空と鷹山は共に身長が低く、共にスリーポイントシュートを得意としていてライバル関係です。

 

トビとヒョウも強烈なライバル関係にあります。

トビはヒョウと出会うまで、自分のバスケスキルに絶対的な自信を持っていました。

しかしトビはヒョウと練習試合で実力の差を見せつけられたことがあります。

それ以来トビはヒョウのことをライバルとして強烈に意識することとなりました。

 

スポンサーリンク

『あひるの空』616話!のネタバレ

日向武史『あひるの空』616話より引用

それでは『あひるの空』616話の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

鷹山がスリーポイントシュートで返す

第2ピリオドの最初のプレーで空はスリーポイントシュートを決めました。

その鮮やかなシュートとシュートフォームを見た鷹山は、闘争心に火がつきました。

先輩である白石にチャンスがあったら全部打っていいですかと聞きました。

白石には「ふざけろ」と一蹴されましたが、八熊には後押しされました。

 

そして鷹山がボールを持ち、空とのマッチアップになります。

鷹山は見事スリーポイントシュートを決めました。

日向武史『あひるの空』616話より引用

鷹山がシュートを決めた後、空の方を見ると空は、不気味に笑いました。

まるでシュートは俺の方が勝っているといった自信が伺えるような笑いです。

 

スポンサーリンク

再び空がスリーポイントシュートを決める!

日向武史『あひるの空』616話より引用

鷹山が3ポイントシュートを決めてすぐに、空はスリーポイントシュートを決め返しました。

空のシュートを見た鷹山は、再び回想に入ります。

 

スポンサーリンク

由夏と鷹山の過去の回想へ…

回想では空の母親である由夏と鷹山が2人で道を歩いています。

時間軸は説明されていませんが、鷹山が酒巻監督について話していることから、酒巻監督に会った後すぐだと思われます。

鷹山は酒巻監督に横浜大栄で試合に出ることは厳しいと告げられたことにふてくされていました。

blank

日向武史『あひるの空』616話より引用

鷹山は酒巻監督に言われたことを由夏に話しました。

鷹山は酒巻監督に言われたことに関してかなり不満を持っている様子で、由夏にも不満をぶつけていました。

由夏はそんな鷹山を諭すように接していました。

由夏は鷹山に、酒巻君と合うと思うと言い鷹山とは違う意見を言いました。

blank

日向武史『あひるの空』616話より引用

鷹山は由夏の考えを認めていないようですが、由夏も考えを譲りません。

鷹山は不安に思いながらも由夏の言葉を聞き、横浜大栄高校で生き残っていくことへの決意を固めていきました。

 

スポンサーリンク

家鴨は空を飛ぶことができるのか?証明の始まり

blank

日向武史『あひるの空』616話より引用

回想の最後のコマでは、由夏が病院のベッドに座りながら外を見ている場面です。

由夏は外の空を見ながら、「あの時の空が青すぎて飛べると思っちゃったんだもん」と、鷹山が体格に恵まれていないながらもバスケの魅力に惹かれたことを表現されています。

あひるの空はこのような表現が素敵ですね。

 

回想が終わり横浜大栄高校対九頭龍高校の試合に戻りました。

blank

日向武史『あひるの空』616話より引用

そして鷹山と空が最後のコマに描かれていて、“家鴨は空を飛ぶことができるのか?証明の始まり”と書かれています。

616話はここまでです。

これから空と鷹山の熱い勝負が繰り広げられそうですね。

 

スポンサーリンク

『あひるの空』ネタバレ616-617話のまとめ

blank

日向武史『あひるの空』616話より引用

今回はあひるの空616話のネタバレを紹介させていただきました。

この616話では、鷹山の過去の回想により、鷹山の性格やこれまでの人生を垣間見ることができましたね。

鷹山は今ではとてもストイックなイメージがありますが、高校入学当初はそこまで自分に厳しいわけではなかったようです。

 

横浜大栄高校には入り、厳しい環境の中で生き残るためにとてもストイックになっていったのでしょうね。

そんな鷹山の成長の過程を知ることでより試合の展開が気になりますね。

今後の試合はどうなるのでしょうか、注目ですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です