【キングダム】799話!ネタバレ最新!倉央&糸凌解放される!趙では反李牧の動きも!?

PR

スポンサーリンク

【キングダム】799話!ネタバレ最新!倉央&糸凌解放される!趙では反李牧の動きも!?

スポンサーリンク

秦の趙北部攻略戦はまたしても敗北で終了。

中華統一への道は閉ざされたのかという絶望的な疑問と、次は王翦が勝利するという希望的自信が入り混じりながら、秦は敗北を受け止めます。

そんな中、なんと倉央が王翦軍を離脱しカン・サロ軍に投降。

倉央は将として判断は間違っていなかったと理解しつつも、やはり“死が2人を分かつ時までずっと一緒だ”という約束を破り、糸凌を1人置き去りにしてきてしまったことを後悔していたのです。

どうか糸凌の亡骸を捜して抱きしめさせて欲しいと、倉央は自分が殺されるのを覚悟で趙軍へとやってきたのでした。

するとなんと、亡きジ・アガの心を汲んだカン・サロの意向により糸凌が生かされていました。

おかげで倉央と糸凌は思いかけず生きて再会することが出来たのでした。

しかし当然このまま返してもらえるはずはなく…!?

第799話『戦争の輪』は倉央の処遇が意外な展開に!

 

スポンサーリンク

 

「キングダム」799話!のネタバレ

それでは「キングダム」799話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

倉央最後の願い

生きてその存在を確認し合った倉央と糸凌。

互いの姿を見るや、涙を溢れさせ抱きしめ合いました。

ただし糸凌は傷が治り次第自力で脱出したのにと、ここまで来た倉央を怒りました。

だって自分からわざわざ敵陣に飛び込んできたわけですし、実際にジ・アガの側近ジガンはもう倉央の首を刎ねる気マンマンですから。

そんなことはさせないと糸凌はジガンに凄みますが、倉央の方は腹をくくってきているのでもはや表情に曇りはありません。

しかし倉央は最後に1つだけ頼みがあるとカン・サロに申し出ました。

それ頼みは、自分の首は差し出すが、糸凌はどうか秦へ帰してやって欲しいというものでした。

当然糸凌が納得するはずはなく、倉央が死ぬなら自分も死ぬと訴えますが。

 

スポンサーリンク

倉央&糸凌、解放される

すると驚くべきことにカン・サロは、倉央の勇気に免じ2人を解放すると告げました。

そもそも倉央の首を刎ねるつもりだったら糸凌と会わせはしなかったと。

このカン・サロの厚情により倉央と糸凌は本当に何事もなく解放。

カン・サロに大きな借りを作り、感謝しながら2人は一緒に敵陣から離脱したのでした。

 

スポンサーリンク

青歌の心

一方、カン・サロの判断に反発したのは意外にも陣内でジガンだけでした。

納得いかぬと喚くジガンに、孟樹は「カン・サロは“美徳の男”であり、その美徳に憧れた。男ならカン・サロのようにありたい」と言っていたジ・アガの言葉を伝えます。

ジ・アガが言い続けていたその言葉を当然知っていたジガン。

すると孟樹は「ならばいいではないか」と説きました。

今の自分たちはまあまあ格好良かったと思うぞ、という孟樹の言葉を受け止め、ジ・アガを思い涙するジガン。

そんなジガンを笑いながら温かく囲む青歌軍なのでした。

 

スポンサーリンク

邯鄲では不穏な動きも?

場面は変わり邯鄲では此度の勝利が盛大に祝われていました。

李牧の人形や茶や饅頭まで登場し、それが簡単に売れてしまうほどの李牧ブーム到来です。

しかし一方でその華やかな事態を望まぬ者たちもいました。

郭開一派です。

秦との戦がなくなれば李牧が邯鄲に落ち着き、自分たちは更迭されて官職を失ってしまうはずだからです。

今回の勝利で秦が趙への侵攻を諦めてしまうかもしれないという焦りを抱え、何か打つ手はないのかと声を荒げていました。

そしてその様子を姚賈がしっかりと見ていました。

 

スポンサーリンク

戦争はなくならないのか

今回の戦を振り返り、司馬尚に謝罪&感謝する李牧。

青歌軍の参戦がなければ、これほどまでの勝利はありませんでした。

かたや司馬尚は青歌に多くの犠牲が出てしまったことに心を痛めつつ、彼らの犠牲を無駄にしないために今度も戦に参加していかなければならないことを憂いていました。

李牧は「秦が中華統一を狙う限り安寧の地はない」と戦争を受け入れています。

しかし、司馬尚は「国が分かれている限り戦争の輪はなくならない」という、秦の中華統一を肯定するような考えを持っている様子。

戦争の輪の外につくろうとした青歌も結局こうなっているわけですからね。

だからこそ李牧の考えは「人間は平穏と戦争を繰り返すしかない」

出来ることは平穏の時をいかに長く稼ぐかであり、だからこそ今回王翦軍を徹底的に叩いたのだと言いました。

そして秦の武力統一の道は今回で砕け散ったとも見ていました。

司馬尚も砕け散ったとは見てはいますが、果たして秦は諦めるだろうかと李牧に問いかけたのでした。

ということで今後の動きは中華統一を掲げて秦を引っ張っている嬴政次第。

勝負を懸けた対趙戦で二連大敗となり、誰もがその道の終わりを感じる中、嬴政はどんな決断を下すのでしょうか。

 

スポンサーリンク
"
"

キングダム」ネタバレ799話のまとめ

うわーネガティブな想像しかしていなかったから倉央&糸凌嬉しすぎますね!

思いのほか糸凌が元気そうで笑っちゃいましたし。

カン・サロとジ・アガの友情(というか彼らの場合は一心同体ですね)や側近たちの受け止め方がかっこよすぎましたし、戦争の輪から抜けようという考えをもつ青歌の大きさを感じました。

戦争ありきの考えで言うとこの対応は甘いのでしょうが、先の戦いのカギだった桓騎vs趙国民の憎しみ合いとはまだ別の世界の形を見せてくれました。

中華統一の可能性を感じさせてくれるような対応でしたね。

今後倉央と糸凌がどのような立場となるのか、カン・サロに借りを返す時は来るのか注目していましょう。

さて少し明るいエピソードが挟まれたものの、秦の中華統一の道は砕け散りかけています。

そんな中、郭開という趙の綻びを姚賈が見張っていました。

ということで王翦軍の立て直しも時間かかりそうですし、しばらくはまた咸陽(文官)側のターンになりそう?

嬴政の決断も含めてこの先の道は、次回連載800回記念巻頭カラーにて新たな展開が描かれそうです。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒キングダム801話!羌瘣も将軍に昇格!飛信隊は騰軍と韓攻・・

⇒キングダム800話!昌平君が導き出した三つの戦争改革1「戸・・

⇒キングダム798話!倉央が命がけで愛を貫き糸凌と再会!・・

⇒キングダム797話!倉央も離脱!?糸凌を探しに戻りそう!?・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA