【ドメスティックな彼女】文芸部部長で奥手、葦原美雨の片思いの結末と今後の可能性?

スポンサーリンク

ナツオとヒナ、ルイと禁断とも言える三角関係のドメスティックな彼女、通称ドメカノ。

ナツオとルイが活動する文芸部で部長を務める葦原美雨も魅力的なキャラクターです。

そんな葦原美雨を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】文芸部部長

主人公の藤井ナツオや橘ルイと同じ赤福高校の2年生でナツオとルイが所属する文芸部の部長です。

ナツオ同様に小説を書いていますが自身は才能がないと自覚している様子です。

他の小説家の作品を読んでもライバルとは思わず素直に感動する事が出来ます。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】奥手で、大人しい性格で極度のあがり症

生真面目で控えめな性格で大人しい性格です。

恋愛には奥手であり積極的ではありません

葦原美雨にとってはコンプレックになっているようでナツオに私みたいな子ってどう思うと聞くなどあまり自信がない様子が見えます。

ナツオとは部活見学でやって来た際に知り合いになりその後、桐谷玲士によって半ば無理矢理入部させたナツオと一緒に入部した橘ルイとも仲良くなります。

弟に葦原晴真、妹に葦原美夜がおり団地住まいです。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】顧問の桐谷に片思い

赤福高校の国語教師で文芸部の顧問の桐谷玲士に片思いをしています。

桐谷玲士の前の赴任先の生徒である楠本沙希から勘違いからくる嘘の発言や文化祭に現れた楠本沙希の桐谷玲士に対する嫌がらせに大人しい性格である葦原美雨も激怒しています。

この楠本沙希の嘘の発言から桐谷玲士は赤福高校に赴任してきました

桐谷は以前の赴任先で引きこもっていた楠本沙希の力になっていましたが楠本沙希が桐谷の行動に勘違いをし始めた為に距離を置いた事が原因です。

そんな楠本沙希も葦原美雨と同様に桐谷を好きだったと思われます。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】桐谷に告白するのか?

blank

生真面目で大人しくその上、恋愛でもコンプレックスを抱える葦原美雨は桐谷玲士には想いを伝える事が出来ずにいます。

結局、想いを伝える事が出来ずに葦原美雨は卒業を迎えます

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】桐谷との今後の可能性

blank

片思いをしている葦原美雨は結局、桐谷玲士に告白する事なく卒業をします。

ですが桐谷玲士は教師でありながら蓮川要のペンネームで小説家としても活動しています。

文芸部の部長である葦原美雨も小説を書いていますが自身の才能の無さから編集者になる事にシフトチェンジします

そして、葦原美雨は桐谷玲士に将来は作家と編集者として一緒に働ければと言われその優しさに涙します。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】今後、夏生との恋愛の可能性

桐谷玲士により葦原美雨とナツオはキスを強要されたりナツオに私みたいな子はどう?と聞いたりとナツオとは仲良しです。

元は同じ団地住まいである事も心を許せる存在のようです。

取り乱した葦原美雨によってナツオは骨折すると言う事もありましたがそれによってルイがナツオを好きかもと気づかせています

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】葦原の卒業後の進路

blank

高校卒業後は大学に進学し本屋でアルバイトをしています。

文芸部の部長であり将来の夢は小説家志望でしたが自身の才能の無さと他の作品でも感動できライバル視などない事から編集者志望に夢を切り替えています

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

大人しい性格で恋愛には奥手の葦原美雨は文芸部の部長であり顧問の桐谷玲士に片思いをしています

蓮川要の本を無断で持ち出した事により藤井ナツオと出会います。

その後、桐谷玲士により半ば無理矢理入部させられるナツオに私も入ろっかなとルイも入部し葦原美雨とは仲良しになります。

桐谷玲士に対する思いは強いのですが葦原美雨の奥手な性格と恋愛に不慣れな自分に自信が持てずにいます

ですが桐谷玲士の前の赴任先である教え子の楠本沙希による桐谷玲士への逆恨みからの暴言や行動には本気で激怒しました。

大人しい葦原美雨にしては珍しいことでそれだけ感情的になってしまったのが分かります。

その後、楠本沙希から謝罪を受け和解します。

小説家志望でしたが高校を卒業する前に編集者になる事に夢を変更します

桐谷玲士は蓮川要のペンネームで小説を書いていますが葦原美雨は将来、作家と編集者として一緒に働きたいと告げましたが結局、告白は出来ずじまいでした。

高校卒業後は大学に進学し本屋でアルバイトをしています。

小説家として活動する桐谷玲士こと蓮川要とメキメキと頭角を現し蓮川要も認める実力をつけて賞を受賞する程になった藤井ナツオ。

今後、葦原美雨が編集者となり蓮川要、ナツオと一緒に働けるようになるのかも気になります

ナツオ、ヒナ、ルイと目が行きがちですが葦原美雨や桐谷、その他にも魅力的なキャラクターがいるのも魅力な「ドメスティックな彼女」。

この先はどんな人間関係を見せてくれるのか、ナツオやヒナ、ルイの恋の行方は?

葦原美雨の重要なシーンでの再登場はあるのか

ますます目の離せないドメスティックな彼女。

楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です