最新ネタバレ『ブラッククローバー』246-247話!考察! 影魔法を使うクローバー王国の聖騎士とは?

スポンサーリンク

前回245話は、フィンラルと共に現れたヤミは仲間が傷ついているのを見て憤怒します。

ダンテは良い悪だと言って重力魔法を仕掛けますが、ヤミは重力に打ち勝ち倒れません。

ヤミはマナゾーンに黒穴を開けて「黒月」を繰り出します。

そしてヤミがフィンラルを蹴ると、空間魔法で作った穴に入ってバネッサ達のところへ行きます。

ダンテは岩を超高速でとばしますが、ヤミはそれを闇纏い次元斬りで切断してぶっ飛ばします。

次にダンテは「ヘビーインファイトグラディエーター」を繰り出します。

ヤミはダンテの攻撃を躱し反撃しますが、ダンテはそれを躱します。

ヤミがダンテに自分を狙う理由を問うと、ダンテは話し始めます。

ヤミはこの世界と冥府を繋ぐ鍵だと言いますが、ヤミは困惑しています。

次にダンテはヤミがまさかこんなむさ苦しい男だったとはとがっかりだと話します。

バネッサやグレイのような冥域の仲間がいるヤミにダンテは嫉妬していると言います。

人間に嫉妬するのは初めてだと不気味な笑いを見せます。

ヤミはダンテにテメーには誰一人やらないと言い、闇纏い・居合斬りでダンテを斬ります。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』246話!のネタバレ

田畠裕基「ブラクロ」246話より引用

それでは『ブラッククローバー』246話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

安堵

田畠裕基「ブラクロ」246話より引用

殺す、許さないなどの叫びが倒れているアスタの体の内側から聞こえます。

意識が戻ったアスタは今の状況が分かっていません。

暴走状態だったときの記憶がないようです。

アスタはゴーシュのことを心配して彼の気を感じると、生きていることに安堵します。

ヤミが凝縮してマナが濃くなったマナゾーンでの居合術は外れないとダンテに言います。

 

スポンサーリンク

満たされない心

しかし、ダンテの笑い声が聞こえ、さらに彼の斬られた体の傷が再生して治っていきます。

田畠裕基「ブラクロ」246話より引用

ダンテは私にこちらの魔法を使わせるとはと言います。

おそらく悪魔憑きのダンテは重力魔法の他に冥府の魔法を使えるのだと思います。

ヤミとバネッサは全く別の力に驚きを隠せません。

ダンテは何か嬉しそうに過去を話し始めます。

ダンテはずっと自分の悪意を満たしてくれないことに苛立っていたようです。

動物が死んでいるのを見ている幼少期、高校生のとき、人間を殺している時、スペード王国を侵略したときの描写が見えます。

ダンテは人をいくら殺しても満たされなかったのだろうと思われます。

だから悪魔の力という大きい力を手に入れたのでしょう。

 

スポンサーリンク

クリフォトの樹

ダンテは興奮した様子で素晴らしい世界が開くと言います。

blank

田畠裕基「ブラクロ」246話より引用

そして冥府と世界を繋ぐものとは、クリフォトの樹という魔法の経路だと言います。

この樹を産むために必要な魔法が闇魔法と世界樹魔法のようです。

だからヤミとヴァンジャンスを狙っていました。

ヤミがダンテに冥府と繋がったらどうなるのかを聞くと、彼はこの世界に悪魔が流れ込んで来ると答えます。

楽しそうなダンテとは対照的にアスタ、バネッサ、グレイ、フィンラル達は驚愕しています。

ヤミはダンテを倒すと意気込みます。

 

スポンサーリンク

影魔法を使う男

漆黒の使徒が噂話をしています。

blank

田畠裕基「ブラクロ」246話より引用

クローバー王国のスパイが潜り込んでいるかもと話しています。

漆黒の使徒らしき人物がダンテの部屋で怪しいフードを被った人物を見つけます。

彼はこの人物をスパイだと判断して魔法を繰り出します。

炎でできた蛇のようなものを作り出して攻撃します。

その瞬間、フードの男は漆黒の使徒の背後に回って床へ引きずり込みます。

影魔法のようです。

blank

田畠裕基「ブラクロ」246話より引用

静かになった部屋に一人立つフードの男は、黒の暴牛の団員の証が光っています。

この男は誰なのでしょうか。

影魔法を使う団員は今のところ登場していないと思います。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』ネタバレ246-247話のまとめ

blank

田畠裕基「ブラクロ」246話より引用

今回は、アスタが意識を取り戻す、ダンテの目的が明かされる、ヤミとヴァンジャンスの魔法が冥府の扉を開く鍵だった、漆黒の使徒に潜入するクローバー王国のスパイなどが描かれました。

私はスパイの正体は新キャラなのではないかと思います。

今まで影魔法の使い手は出てきていません。

黒の暴牛のマークだったことからまだ出てきていない黒の暴牛の副団長の可能性が高いです。

今まで出てきていなかったのは、もしかしたらスパイとしてスペード王国にずっといたからということも考えられるかもしれません。

blank

田畠裕基「ブラクロ」246話より引用

そして今回ダンテの目的が冥府を開いて悪魔をこの世界に来させることだと分かりました。

悪魔になりたいわけではなかったようです。

もしかしたらダンテは辛い過去があったのかもと思いましたが、根っからの悪という可能性が高くなってきたと思います。

ゼノン達は分かりませんが、ダンテは根っからの悪ですね。

ヴァンジャンスがクリフォトの樹を生み出す鍵だとなりましたので、彼の活躍が描かれる日は近い気がしますね。

個人的にヴァンジャンスの活躍を楽しみにしていたので嬉しいです。

次回もお楽しみに!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です